夢待ち港 歌詞 伍代夏子 ふりがな付

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 伍代夏子
  3. 夢待ち港歌詞
よみ:ゆめまちこう

夢待ち港 歌詞

伍代夏子

2017.1.25 リリース
作詞
喜多條忠
作曲
船村徹
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
汽笛きてきがひとつ るたびに
さけゆき
いいひとだったね 今度こんどひと
それでもどこかへ えちゃった
きた酒場さかばゆめこう


あみうてみりゃ
馬鹿ばかにばっかり れてるね
度胸どきょうれたり 見掛みかけにれて
小魚こざかなみたいに てられて
こお漁火いさりび ゆめこう


おんなのひとり しあわせに
出来できおとこなさけない
荒波あらなみばかりが 勝負しょうぶじゃないよ
おんなのまごころ 仕留しとめておくれ
きっとはる ゆめこう

夢待ち港 / 伍代夏子 の歌詞へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:夢待ち港 歌手:伍代夏子