1. 歌詞検索UtaTen
  2. わーすた
  3. 春花火歌詞
よみ:はるはなび

「春花火」の歌詞

わーすた
2021.3.3 リリース
作詞
ヒグチアイ
作曲
草野華余子
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
わた青空あおぞらかぜえがいて
何度なんどもなぞったみちわかれをげる
なみだき そのうつしている
未来みらいおおきなゆめいだいて

かなしみにつられて けないよる 彷徨さまよ
一人ひとりひざかかえていた
それでも あさはきたんだ だからここにいる
もうまよわない つよくなれた

「キミにさちあれ」
両手りょうていっぱい ひらいて
おともなくそらいている はる花火はなび
背筋せすじ精一せいいっぱい ばしてるキミを
らしているから
そっと らしているから

電車でんしゃなか ちいさなにぎりしめてた
片道かたみち切符きっぷやさしいははからの手紙てがみ
元気げんきでさえいてくれれば それでいいのよ」
その言葉ことばいまでもおまもりだよ

自由じゆうれて つばさえたけど
べるちからはなかった
それでも しんじていれば なにかになれるよ
何度なんどだって がるよ

「キミにさちあれ」
両手りょうていっぱい ひろげて
なつあきながふゆわらずに
かぜかれて あめれながら
はるっている

かぎりあるいのち きるまで
はかなはなうつくしい
キミがみちまよわぬように
どんな日々ひびすすめるように
げよう せんりんはな

「キミにさちあれ」
つないだ はなした
それを勇気ゆうきんでくれたね まだかえれない
さよなら またね いつかまで
はしっていくから
ってて
両手りょうていっぱい ひらいて
おともなくそらいている はる花火はなび
もうえない場所ばしょ一人ひとり キミがいないこのまち
今年ことしくから

満開まんかい おくはる花火はなび

春花火/わーすたへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:春花火 歌手:わーすた

最終獲得!待ち遠しいpt

200pt

歌詞公開までにみんながどれだけ楽しみにしてくれたか発表!