1. 歌詞検索UtaTen
  2. 吉田拓郎
  3. 花の店歌詞

2003.3.26 リリース

「花の店」の歌詞 吉田拓郎

iTunesで購入
曲名
花の店
アルバム
月夜のカヌー
金額
¥255
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
なだらかなさか途中とちゅう
はなみせがある
ながあめもあがったらしい
あわひかりがさしてきた

ぼくはいつも窓側まどがわ
おな椅子いすすわ
コーヒーなどみながら
みせほうている

恋人こいびとらしく、はなやぐふたり
内気うちきそうな少女しょうじょもいて
はなみせさか途中とちゅう
はなみせさか途中とちゅう

夕陽ゆうひす、ビルの谷間たにま
はなみせまえ
なぜかひとまって
ほほえみながらはな

はるはる花々はなばな
いろどりをそえて
おとずれるひとながれながら
また、わってゆく

れくさそうなおとこたちや
つえをついた老人ろうじんもくる
はなみせさか途中とちゅう
はなみせさか途中とちゅう

ぼくはいつも窓側まどがわ
おな椅子いすすわ
だれさきるときは
またあとで、といって

季節きせつかぜを、身体からだかん
それからまた、いつもの椅子いす
はなみせさか途中とちゅう
はなみせさか途中とちゅう

はなのみせ/よしだたくろう

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:花の店 歌手:吉田拓郎

リンクコード:

ブログ用リンク:

吉田拓郎 人気歌詞ランキング

吉田拓郎の歌詞一覧を見る

吉田拓郎のニュース