1. 歌詞検索UtaTen
  2. 南壽あさ子
  3. 杏子屋娘歌詞
よみ:あんずやむすめ

「杏子屋娘」の歌詞

南壽あさ子
2017.8.9 リリース
作詞
南壽あさ子
作曲
南壽あさ子
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
うつらうつら居眠いねむりの只中ただなかに、
とおくからおとがする
しだいしだいに近付ちかづくそのおとに、
つられていえ

ひっかけた下駄げた鼻緒はなおがすりれて、
おまけに夕立ゆうだちられちゃ、もう拍子抜ひょうしぬけさ

つくろった下駄げたなおして、
どうにか、いえ
今年ことしもまた、お見掛みかけできるだろか
杏子あんずむすめ

橙色だいだいいろしたあかりにらされて
うすいくれないきみかえ

あのときはまだ あまりらない
したたるみつながめてるだけ
あまかおりと あおいかんざし
素足すあしについた夕立ゆうだちあと

こまったきみのそば まくら湿しめらす、
あつなつよる

杏子屋娘/南壽あさ子へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:杏子屋娘 歌手:南壽あさ子