1. 歌詞検索UtaTen
  2. Sano ibuki
  3. 滅亡と砂時計歌詞
よみ:めつぼうとすなどけい

「滅亡と砂時計」の歌詞

Sano ibuki
2019.11.6 リリース
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ひかりせたひとみ
いろ馴染なじにじんだのは過去かこ
かけせたおもさに何故なぜ
きる意味いみ価値かちもらっていた

この砂漠さばくうみただよ
えぬはるさきうのはれき
あなたのいない よるなが
あら気息きそくひとかすのこった

これ以上いじょうもないいたみを
うしなうほどに いかけ
あなたをおもえば おもうほど
わたしはいとなるのだろう

いつになればれてくれるのだろう
おもせたメロディととも
身体中からだじゅうはしまわった恐怖きょうふ
このむねなかおさえている
いつになってもかえってはこない温度おんど
つたえられぬあいもりけた
づかないまましずかにちていく
すべてのわりをっている

たとえられないさびしさは
かさねたときあめうずもれていく
やさしさでんでくれた
おも ほどけて 面影おもかげくした

羨望せんぼう絶望ぜつぼう
いつかは水溜みずたまりのようにあふれていた
つのぎたからのこの
乾涸ひからびてしまうのはどうしようもない

言葉ことばにならない高鳴たかな
最後さいごおしえてくれた
つたえることさえ 出来できないまま
あなたはもうもどってこなかった

ねえ おしえて このせまひろ世界せかい
どこにあなたのこころねむっているの
このわたしまれたわけは
いまはどこにも どこにもない
ゆめせた景色けしきはなれずふるえた
ここにはない ぬくもりをもとあるいた
きずだらけめてくれた指先ゆびさき
つめたいからだ せた

ねつびた しずくちた
わる間際まぎわほおながれた
もうれてくれることのない
あなたとわたしはいになる

いつになれば れてくれるのだろう
おもせた すなるこの世界せかい
くずこわれる ガラクタのからだ 二人ふたり
とお彼方かなたはこんでいく
いつかわたしたちまたそらしたえたら
ただの旅人たびびと同士どうしだ そのときつなごう
かなうかな かなうのならば すななか
わたしわりをっている、
あなたのはじまりをっている。

滅亡と砂時計/Sano ibukiへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:滅亡と砂時計 歌手:Sano ibuki