1. 歌詞検索UtaTen
  2. イルカ
  3. 真冬の天使歌詞
よみ:まふゆのてんし

「真冬の天使」の歌詞

イルカ
1990.11.5 リリース
作詞
イルカ
作曲
イルカ
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
このひろそらした どこにでも天使てんしはいるの
あの街角まちかどにも ゆきのない砂漠さばくでも
いつもこころは ふるえてる

ねむってるときには オトナも天使てんしにもどれる
めたら そのままのこころ
って一日いちにちを すごせたらいいね

100まいセーターが あっても
ときは 1まいあればいい
みんなが あたたかくなること
それが 本当ほんとうのしあわせ

まれくる子供こどもたち んなわたしたちの天使てんし
いてる天使てんしかけたらあなたのあい
きしめて あげてしいの
ひとつのパンは ちいさくても
わけたら こころがふくらむ
みんなが あたたかくなること
それが 本当ほんとうしあわ

みんなが あたたかくなること
それが 本当ほんとうしあわ

このそらはひとつ
きみとつながってるね
うみ大地だいちわたしたちも

こころまどそっと
あけてごらんよ
そこにはいつもちいさなそら

真冬の天使/イルカへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:真冬の天使 歌手:イルカ