1. 歌詞検索UtaTen
  2. NSP
  3. 夏の日差しがいっぱい歌詞
よみ:なつのひざしがいっぱい

「夏の日差しがいっぱい」の歌詞

NSP
2005.2.2 リリース
作詞
天野滋
作曲
天野滋
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
まどこうセミたちがうなる
みじかすぎるぼく一日いちにち

あー きみあいしているのに
ぼくきずつけてしまうよ
またきみきずつけてしまうよ
なにりないものだけせがんで

なつ日差ひざしにける こんなぼくゆるして
すこまぶしいをして ぼくゆるして ぼくゆるして

あきことでケンカしたっていい
いつのまにか ひまわりがれた

あー ぼくがここからえても
きみさがつづけてね
このぼくさがつづけてね
すぐにいいおもなんかにせずに

あめがあがったあとで こんなぼくきしめて
木々きぎみどりなかぼくきしめて ぼくきしめて

夏の日差しがいっぱい/NSPへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:夏の日差しがいっぱい 歌手:NSP