1. 歌詞検索UtaTen
  2. 北島三郎
  3. 冬の宿歌詞
よみ:ふゆのやど

「冬の宿」の歌詞

北島三郎
1993.3.1 リリース
作詞
星野哲郎
作曲
紫しずか
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
(セリフ)ア… とおひとになってしまった

うたびほそくなるきみ
その肩先かたさきを だきながら
ああ くるしめてごめんねと
あやまりながらいていた

きてることがくるしいと
をふるわせたあのひとを
ああ 信濃路しなのじのカラマツの
落葉おちばのなかでおもいだす

かたっぽだけの 靴下くつした
おわったこい編物あみもの
ああ そのこいのすて場所ばしょ
さがしてふけた ふゆ宿やど

冬の宿/北島三郎へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:冬の宿 歌手:北島三郎