1. 歌詞検索UtaTen
  2. 北島三郎
  3. 北島三郎の歌詞一覧

北島三郎の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年4月1日

279 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

夢人(おじゃる丸 満月ロード危機一髪 ED)

北島三郎

作詞:大地土子

作曲:大地土子

歌詞:(Na Na Na…) 花は咲き誇り 鳥は歌いだす

まつり

北島三郎

作詞:なかにし礼

作曲:原譲二

歌詞:男は祭りを そうさ かついで 生きてきた 山の神

喧嘩辰

北島三郎

作詞:有近朱実

作曲:関野幾生

歌詞:恋とゆう奴あどえらい奴だ 俺を手玉に とりやがる 惚れてなるかと力んじゃみたが 泣かぬつもりを泣かされて

年輪

北島三郎

作詞:セキネケンイチ

作曲:原譲二

歌詞:雪の重さを 撥ねのけながら 背のびしたかろ 枝も葉も 山に若葉の

母は俺らの守り神

北島三郎

作詞:原譲二

作曲:原譲二

歌詞:俺のこの手を この手を握り 負けちゃ駄目よと 泪の声が 駅のホームで

風雪ながれ旅

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:船村徹

歌詞:破れ単衣に 三味線だけば よされ よされと 雪が降る

北島三郎

作詞:関沢新一

作曲:安藤実親

歌詞:肩で風きる 王将よりも 俺は持ちたい 歩のこころ 勝った負けたと

北島三郎

作詞:野村耕三

作曲:池山錠

歌詞:川の流れと 人の世は 澱みもあれば 渓流もある 義理の重さを

詠人(おじゃる丸 OP)

北島三郎

作詞:大地土子

作曲:大地土子

歌詞:季節 めくれば 遠い道のりは 思い通りに いかない時もある

北の漁場

北島三郎

作詞:新條カオル

作曲:櫻田誠一

歌詞:いのち温めて 酔いながら 酒をまわし飲む 明日の稼ぎを 夢に見て

函館の女

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:島津伸男

歌詞:はるばるきたぜ 函館へ さかまく波を のりこえて あとは追うなと

金色夜叉

北島三郎

作詞:宮島郁芳

作曲:後藤紫雲

歌詞:熱海の海岸 散歩する 貫一お宮の 二人連れ 共に歩むも

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:原譲二

歌詞:流れる雲の 移り気よりも 動かぬ山の 雪化粧 ガンコ印の

醍醐桜

北島三郎

作詞:大和路はるか

作曲:原譲二

歌詞:花を観るより 根っこが見たい よくぞ耐えたな千年桜 人も又 苦節を越えて人となれ

神奈川水滸伝

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:船村徹

歌詞:光り輝く 表の顔を 裏で支える バカが居る だからいいのさ

令和音頭

北島三郎

作詞:麻こよみ

作曲:原譲二

歌詞:ハァー 昇る太陽 燦々と 変わる時代の 幕が開く

恩返し

北島三郎

作詞:数丘夕彦

作曲:原譲二

歌詞:苦労と言う名の 種まかなけりゃ 芽も出ぬ花も 咲きはせぬ 辛抱我慢の

人生道

北島三郎

作詞:仁井谷俊也

作曲:原譲二

歌詞:気高き山に 父を見て やさしき海に 母を知る 人の世に

北の大地

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:船村徹

歌詞:(アー…アー…) (アアー…) はるかなる 北の空 木霊も叫ぶ

終着駅は始発駅

北島三郎

作詞:佐東たどる

作曲:中村千里

歌詞:背なかを合わせて あばよと言えば おまえの震えが 伝わるぜ 死ぬほど惚れて

漁歌

北島三郎

作詞:山田孝雄

作曲:浜圭介

歌詞:俺が網を引くのはよ 可愛い女房と子供によ 腹一杯 飯を 食わすためなんだよ

二人三脚、ふたり道

北島三郎

作詞:麻こよみ

作曲:原譲二

歌詞:親と暮らした 月日より 長い付き合い 夫婦花 おまえの笑顔が

高尾山

北島三郎

作詞:いではく

作曲:原譲二

歌詞:天下取るのは 昔から 人の助けと 時の運 夢のでかさは

薩摩の女

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:島津伸男

歌詞:義理あるひとに 背を向けて 別れてきたと 君は泣く 雨がふるふる

北海太鼓

北島三郎

作詞:星の哲郎

作曲:島津伸男

歌詞:根性だけでは だめだけど やる気がなけりゃ もっとだめ 八分の斗志

なみだ船

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:船村徹

歌詞:涙の終りの ひと滴 ゴムのかっぱに しみとおる どうせおいらは

男の涙

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:島津伸男

歌詞:おまえを一人で 死なせるものか 死ぬときゃおれも 一緒だよ 苦労ばっかり

がまん坂

北島三郎

作詞:原譲二

作曲:原譲二

歌詞:俺がやらなきゃ 誰がやる 廻り道だぜ 風が吹く 傷つきながらも

故郷への道

北島三郎

作詞:原譲二

作曲:原譲二

歌詞:過ぎたあの頃 いま振り返る はるか遠くの 故郷の道 情けの糸に

大河

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:原譲二

歌詞:己れをすてて 私欲もすてて 大河は流れる 海原めざし 朝日に輝り

帰ろかな

北島三郎

作詞:永六輔

作曲:中村八大

歌詞:淋しくて 言うんじゃないが 帰ろかな 帰ろかな 故郷のおふくろ

波瀾万丈

北島三郎

作詞:倉内康平

作曲:原譲二

歌詞:人に無情の なげき節 背中あわせの 裏表 歩き続けた

ああ・おふくろょ

北島三郎

作詞:麻こよみ

作曲:原譲二

歌詞:おふくろの 夢を見た 菜の花畑で笑ってた おふくろよ幸せだったか おふくろよ

北島三郎

作詞:木下龍太郎

作曲:弦哲也

歌詞:勝手気ままに 育った麦は 雪の重さに 耐え切れぬ 足で踏むのも

俺がやらなきゃ誰がやる

北島三郎

作詞:八反ふじを

作曲:島津伸男

歌詞:強い強いと おだてちゃ困る 強いばかりが 能じゃない 馬鹿を承知の

未来

北島三郎

作詞:大地土子

作曲:原譲二

歌詞:憧れ頼りに 長い闇を潜れば 華と信じた 砂の都 時代の風に

陽だまり人情

北島三郎

作詞:原譲二

作曲:原譲二

歌詞:天はいつでも 誠を照らす 泣いちゃいけない 夢をもて かなしむ人見りゃ

男道

北島三郎

作詞:原譲二

作曲:原譲二

歌詞:どこから吹いてくる 葵の風が 弱音はいたら負けと 背中にからみつく じんと

与作

北島三郎

作詞:七澤公典

作曲:七澤公典

歌詞:与作は木をきる ヘイヘイホー ヘイヘイホー こだまは かえるよ

ギター仁義

北島三郎

作詞:嵯峨哲平

作曲:遠藤実

歌詞:雨の裏町 とぼとぼと 俺は流しの ギター弾き "おひけえなすって

博多の女

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:島津伸男

歌詞:ひとの妻とも 知らないで おれはきたんだ 博多の町へ 逢わなきゃよかった

無法一代・恋しぐれ

北島三郎

作詞:久仁京介

作曲:原譲二

歌詞:祇園祭りの 太鼓がひびく あれは松五郎 あばれ打ち 撥をしぼって

愛の道

北島三郎

作詞:八代富子

作曲:原譲二

歌詞:あなたの肩に 舞い落ちた 冷たい雪は いつとける いつとける

尾道の女

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:島津伸男

歌詞:北国の 町からきたよ 潮風に ふかれて来たよ ああ

兄弟仁義

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:北原じゅん

歌詞:親の血をひく 兄弟よりも かたいちぎりの 義兄弟 こんな小さな

時雨月

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:原譲二

歌詞:惚れて枕も 乾かぬうちに 恋も半端な 三国越え みれん残して

里帰り

北島三郎

作詞:麻こよみ

作曲:原譲二

歌詞:娘に甘い 男親 嫁いだ後も 気にかかる 一年ぶりの

涙の花舞台

北島三郎

作詞:原譲二

作曲:原譲二

歌詞:辛い 悲しい 別れが来たね 初めて出逢った あの日から

男の人生

北島三郎

作詞:いではく

作曲:原譲二

歌詞:花の咲く道 茨の道も 人はそれぞれ 運命を歩く 義理を背負って

夫婦一生

北島三郎

作詞:仁井谷俊也

作曲:原譲二

歌詞:初めて出逢って 結ばれて 気がつきゃ苦労の 九十九坂 時には妻に

北島 三郎(きたじま さぶろう、1936年(昭和11年)10月4日 - )は、日本の演歌歌手、俳優、作詞家、作曲家、馬主。 『函館の女』に始まる「女」シリーズ、『兄弟仁義』などの「任侠」シリーズなど、数多くのヒット曲がある。 一般にはサブちゃんという愛称で呼ばれているが、原 譲二(はら じょうじ)のペンネームでも知られ、自身の楽曲の作詞・作曲ばかりでなく自身の舞台のシナリオ・演出や、北島ファミリーはじめ、他の演歌歌手への楽曲提供等、マルチな活動を精力的に行っている。 作曲家・船村徹門下出身で、門下生で作る「船村徹同門会」(会長・鳥羽一郎)では名誉相談役を務める。 wikipedia