北島三郎の歌詞一覧

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 北島三郎
  3. 北島三郎の歌詞一覧

よみ:きたじまさぶろう
北島三郎の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2024年5月24日

344 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

詠人(おじゃる丸 OP)

北島三郎

作詞: 大地土子

作曲: 大地土子

歌詞:季節 めくれば 遠い道のりは 思い通りに いかない時もある

風雪ながれ旅

北島三郎

作詞: 星野哲郎

作曲: 船村徹

歌詞:破れ単衣に 三味線だけば よされ よされと 雪が降る

まつり

北島三郎

作詞: なかにし礼

作曲: 原譲二

歌詞:男は祭りを そうさ かついで 生きてきた 山の神

北の漁場

北島三郎

歌詞:いのち温めて 酔いながら 酒をまわし飲む 明日の稼ぎを 夢に見て

北島三郎

作詞: 野村耕三

作曲: 池山錠

歌詞:川の流れと 人の世は 澱みもあれば 渓流もある 義理の重さを

北島三郎

作詞: 志賀大介

作曲: 原譲二

歌詞:やると決めたら 俺はやる 誠ひとすじ 纏に賭けて 度胸千両真ごころ千両

与作

北島三郎

作詞: 七澤公典

作曲: 七澤公典

歌詞:与作は木をきる ヘイヘイホー ヘイヘイホー こだまは かえるよ

函館の女

北島三郎

作詞: 星野哲郎

作曲: 島津伸男

歌詞:はるばるきたぜ 函館へ さかまく波を のりこえて あとは追うなと

薩摩の女

北島三郎

作詞: 星野哲郎

作曲: 島津伸男

歌詞:義理あるひとに 背を向けて 別れてきたと 君は泣く 雨がふるふる

北島三郎

作詞: 関沢新一

作曲: 安藤実親

歌詞:肩で風きる 王将よりも 俺は持ちたい 歩のこころ 勝った負けたと

波浮の港

北島三郎

作詞: 野口雨情

作曲: 中山晋平

歌詞:磯の鵜の鳥ゃ 日暮れにゃ帰る 波浮の港にゃ 夕やけ小やけ あすの日和は

加賀の女

北島三郎

作詞: 星野哲郎

作曲: 島津伸男

歌詞:君と出逢った 香林坊の 酒場に赤い 灯がともる ああ

浪人独り旅

北島三郎

作詞: 結束信二

作曲: 阿部皓哉

歌詞:蒼い風が 吹いていた 白い雲が 呼んでいる 噂尋ねて

のぼり坂

北島三郎

作詞: 北川文化

作曲: 原譲二

歌詞:いつかおふくろ 言っていた 笑う門には 福が来る 人には寄り添い

男の情炎

北島三郎

作詞: 英玲二

作曲: 関野幾生

歌詞:意気に感ずも 情けに死ぬも ままよ男が 決めた道 うき世裏店

男の涙

北島三郎

作詞: 星野哲郎

作曲: 島津伸男

歌詞:おまえを一人で 死なせるものか 死ぬときゃおれも 一緒だよ 苦労ばっかり

つむじ風

北島三郎

作詞: 志賀大介

作曲: 原譲二

歌詞:お前が選んだ お前の道だ どこまでやれるか やってみな ちょっぴり

逢いたかったぜ

北島三郎

歌詞:逢いたかったぜ 三年ぶりに 逢えてうれしや 呑もうじゃないか 昔なじみの

博多の女

北島三郎

作詞: 星野哲郎

作曲: 島津伸男

歌詞:ひとの妻とも 知らないで おれはきたんだ 博多の町へ 逢わなきゃよかった

平成音頭

北島三郎

作詞: 星野哲郎

作曲: 原譲二

歌詞:のぼる朝日も つやつやつやと (アッ ソレ ソレ

北島三郎

作詞: 星野哲郎

作曲: 原譲二

歌詞:流れる雲の 移り気よりも 動かぬ山の 雪化粧 ガンコ印の

東京ラプソディ

北島三郎

歌詞:花咲き花散る宵も 銀座の柳の下で 待つは君ひとり君ひとり 逢えば行くティールーム 楽し都

ギター仁義

北島三郎

作詞: 嵯峨哲平

作曲: 遠藤実

歌詞:雨の裏町 とぼとぼと 俺は流しの ギター弾き "おひけえなすって

名月赤城山

北島三郎

作詞: 矢島寵児

作曲: 菊地博

歌詞:「赤城の山も今宵限り、家を捨て縄張りを捨て 可愛い乾分の手前ぇたちとも わかれわかれになる首途だ 雁が鳴いて南の空へ飛んで行かぁ」

漁歌

北島三郎

作詞: 山田孝雄

作曲: 浜圭介

歌詞:俺が網を引くのはよ 可愛い女房と子供によ 腹一杯 飯を 食わすためなんだよ

東京の花売娘

北島三郎

歌詞:青い芽をふく 柳の辻に 花を召しませ 召しませ花を どこか寂しい

流転

北島三郎

歌詞:男、命を みすじの糸に かけて三七 二十一目くずれ 浮世かるたの

あじさい情話

北島三郎

作詞: 星野哲郎

作曲: 原譲二

歌詞:心変わりは 憎くても 逢えばおまえが 離せまい 俺の負けだよ

落葉しぐれ

北島三郎

作詞: 吉川静夫

作曲: 吉田正

歌詞:旅の落葉が しぐれに濡れて 流れ果てない ギター弾き のぞみも夢も

小春日和

北島三郎

作詞: 志賀大介

作曲: 原譲二

歌詞:おまえの分だけ しあわせが あったらそれで いいと言う そんなあなたの

兄弟仁義

北島三郎

歌詞:親の血をひく 兄弟よりも かたいちぎりの 義兄弟 こんな小さな

あばれ松

北島三郎

作詞: 原譲二

作曲: 原譲二

歌詞:どいつもこいつも だらしのない奴 弱虫ばかり 涙じゃこの海峡 渡っちゃゆけぬ

横浜の女

北島三郎

作詞: 星野哲郎

作曲: 島津伸男

歌詞:惚れていながら 惚れていながら十三年も まわり道した 恋だった 北は函館

浪花節だよ人生は

北島三郎

歌詞:飲めと言われて 素直に飲んだ 肩を抱かれて その気になった 馬鹿な出逢いが

故郷への道

北島三郎

作詞: 原譲二

作曲: 原譲二

歌詞:過ぎたあの頃 いま振り返る はるか遠くの 故郷の道 情けの糸に

夢人(おじゃる丸 満月ロード危機一髪 ED)

北島三郎

作詞: 大地土子

作曲: 大地土子

歌詞:(Na Na Na…) 花は咲き誇り 鳥は歌いだす

北島三郎

作詞: 星野哲郎

作曲: 原譲二

歌詞:岩を噛む川の流れを 錦に染めて 山と山とを とり結ぶ 谷は男の

がまん坂

北島三郎

作詞: 原譲二

作曲: 原譲二

歌詞:俺がやらなきゃ 誰がやる 廻り道だぜ 風が吹く 傷つきながらも

帰ろかな

北島三郎

作詞: 永六輔

作曲: 中村八大

歌詞:淋しくて 言うんじゃないが 帰ろかな 帰ろかな 故郷のおふくろ

俺らしく

北島三郎

作詞: 麻こよみ

作曲: 原譲二

歌詞:世間の風の 冷たさに 悔し泣きした 夜もある それでも夢を

男の劇場

北島三郎

歌詞:正しい者が 勝たいでなるか それがこの世の 真理じゃないか 忍の一字に

金色夜叉

北島三郎

作詞: 宮島郁芳

作曲: 後藤紫雲

歌詞:熱海の海岸 散歩する 貫一お宮の 二人連れ 共に歩むも

波止場

北島三郎

作詞: 星野哲郎

作曲: 市川昭介

歌詞:泣きたいときにも 笑わにゃならぬ 男というものつらいもの 俺も人の子 鋼じゃないぜ

年輪

北島三郎

歌詞:雪の重さを 撥ねのけながら 背のびしたかろ 枝も葉も 山に若葉の

勘太郎月夜唄

北島三郎

作詞: 佐伯孝夫

作曲: 清水保雄

歌詞:影か柳か 勘太郎さんか 伊那は七谷 糸ひく煙り 棄てて別れた

ふるさとの燈台

北島三郎

歌詞:真帆片帆 唄をのせて通う ふるさとの小島よ 燈台の岬よ 白砂に

なくな夜がらす

北島三郎

作詞: 星野哲郎

作曲: 船村徹

歌詞:啼くな夜がらす悲しい声で 俺はいやだよそんな声はいやだよ 啼くな夜がらすすてた昔を 想い出すじゃないか

北島三郎

作詞: 仁井谷俊也

作曲: 原譲二

歌詞:この世には 眼には見えない橋がある 親子を繋ぐ 橋がある 這えば立て

浪人まかり通る

北島三郎

作詞: 結束信二

作曲: 阿部皓哉

歌詞:いらぬお世話さ どっちへ行こと 天下御免の 浪人ひとり でかい青空

風の坂道

北島三郎

作詞: 倉持明生

作曲: 原譲二

歌詞:ころげておちて 逃げるやつ はいつくばって のぼるやつ 人の生きざま

北島 三郎(きたじま さぶろう、1936年(昭和11年)10月4日 - )は、日本の演歌歌手、俳優、作詞家、作曲家、馬主。 『函館の女』に始まる「女」シリーズ、『兄弟仁義』などの「任侠」シリーズなど、数多くのヒット曲がある。 一般にはサブちゃんという愛称で呼ばれているが、原 譲二(はら じょうじ)のペンネームでも知られ、自身の楽曲の作詞・作曲ばかりでなく自身の舞台のシナリオ・演出や、北島ファミリーはじめ、他の演歌歌手への楽曲提供等、マルチな活動を精力的に行っている。 作曲家・船村徹門下出身で、門下生で作る「船村徹同門会」(会長・鳥羽一郎)では名誉相談役を務める。 wikipedia