1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. YOASOBI
  5. YOASOBI、新曲「たぶん」配信開始!楽曲の原作小説集が発売決定!

YOASOBI、新曲「たぶん」配信開始!楽曲の原作小説集が発売決定!



各所で熱い注目を集めるユニット

“小説を音楽にするユニット”YOASOBI。

2019年11月に公開したデビュー曲「夜に駆ける」は、公開直後から瞬く間に注目を集め、現在ストリーミングでは1億回再生を突破。

▲YOASOBI「夜に駆ける」 Official Music Video

Billboard Japan Hot 100やオリコン週間合算シングルランキングで1位を獲得し、各種配信チャートでも1位を席巻。

全世界のランキングであるSpotify「バイラルトップ50(グローバル)」でも6位となり、香港や台湾、インドネシア、シンガポール、マレーシア、インドなど各国のバイラルチャートにもランクイン。

TikTokでも再生数の伸びが顕著で、関連動画再生数は約3億回にのぼる。

2020年5月にリリースした新曲「ハルジオン」もLINE MUSICウィークリーチャート1位を獲得、YouTubeも公開3日で100万回再生を超えるなど、各所で熱い注目を集めている。


新曲「たぶん」配信開始

そんな彼らの新曲「たぶん」が7月20日配信開始となった。

この楽曲は、2020年1⽉に「monogatary.com」で行われた新曲の原作⼩説を募集する「夜遊びコンテストvol.1」で⼤賞に輝いた「たぶん」(しなの・著)を原作とする、ある⼆⼈の”別れの朝”を描いた⾃⾝初となるミドルテンポナンバー。

YOASOBIとして新たな⼀⾯を見せる楽曲となっている。

そして7月20日20:00にはMVのプレミア公開も決定!

▲YOASOBI「たぶん」MV プレミア公開URL ※2020年7月20日(月) 20:00〜プレミア公開

映像は数々の⾃主制作アニメーションを⼿がけ、展⽰会での⼊賞経験もあるクリエーター・南條沙歩が担当。

ikuraが原作の朗読を行ったティザー映像も公開中。

ひとつの部屋の中で展開する原作の世界観を投影し、視聴者が自由に視点を変えて視聴できる360度映像であり、見応えある仕上がりとなっている。


楽曲の関連作品をまとめた書籍を発売


さらに「夜に駆ける」の原作小説で、一時アクセスが集中して掲載元サイトmonogatary.comのサーバーがダウンするなど話題になった「タナトスの誘惑」(星野舞夜・著)をはじめとする、YOASOBI楽曲の原作小説と関連作品をまとめた書籍「夜に駆ける YOASOBI小説集」(双葉社)が9月18日(金)に発売されることが決定。

YOASOBIの関連書籍としては初の紙書籍が全国の書店に並ぶことになる。

ファンにはお馴染みのYOASOBIキービジュアルをあしらった通常版に加え、一部店舗では「夜に駆ける」「あの夢をなぞって」「たぶん」それぞれのミュージックビデオのクリエイターが今回のために特別にカバーイラストを描き下ろした3種類の限定版も用意されている。

小説・音楽・映像を行き来して楽しむYOASOBIならではの体験がさらに立体的になること間違いなしなので、ぜひチェックして欲しい。

夜遊びコンテストvol.2

加えて早くも、YOASOBIの今後の新曲の原作小説を募集する「夜遊びコンテストvol.2」がmonogatary.comと双葉社の共催という形にてスタートした。

「東京、二人の波形」というお題に対して1万字以内で自由に小説を投稿するだけで参加可能な上、大賞作品はYOASOBIによる楽曲化、さらに双葉社による書籍化も確約される。

monogatary.comとしても過去最大規模のコンテストとなるので、ぜひ気軽にチャレンジしてみて欲しい。

「たぶん」同様に「夜遊びコンテストvol.1」で大賞を受賞したもうひとつの作品「世界の終わりと、さよならのうた」(水上下波 著)もmonogatary.comにて公開中。

こちらの楽曲化も続報をぜひ楽しみにしていて欲しい。


TikTok LIVE配信決定

また、新曲「たぶん」のリリースを記念し、正式実装前となるTikTokのライブストリーミング機能「TikTok LIVE」を用いて、7月22日(水)20:00〜 TikTok LIVE"ikuraとおしゃべり"を配信決定!

事前にSNSで質問やリクエストを受け付けているので、こちらも要チェック!

<詳細>
●YOASOBI新曲「たぶん」リリース記念TikTok LIVE "ikuraとおしゃべり"
日時:2020年7月22日(水) 20:00〜
▷配信URL

原作のマンガ版独占先行配信


2020年1月に配信された第二弾楽曲「あの夢をなぞって」の原作「夢の雫と星の花」(いしき蒼太・著)をコミカライズしたマンガ版「夢の雫と星の花」(漫画・kanco)が7月25日(土)よりLINEマンガにて独占先行配信される。

キラキラして甘酸っぱい原作の世界観が魅力的に表現されているので、是非完成を楽しみにしていて欲しい。

今後の活動も目が離せない!


“YOASOBI”は、「monogatary.com」で2019年7月〜9月にかけて実施されていたコンテスト「モノコン2019」内の「ソニーミュージック賞」で大賞に輝いた物語を楽曲化するために結成された新生音楽ユニット。

楽曲を手がけるのは2020年最も勢いのあるボカロPの1人である“Ayase”。

2018年12月よりボーカロイド楽曲の投稿を開始、2019年4月に投稿した「ラストリゾート」がYouTube再生500万回を突破。

11月23日(土)にリリースしたEP『幽霊東京』はiTunesアニメランキング3位、通信販売で用意したCDも即完した。

ボーカルを務める“ikura”は、東京海上日動あんしん生命のCMでの歌唱、アコースティックセッションユニット「ぷらそにか」での活動でも注目を集め、2019年11月16日(土)にセカンドミニアルバム『Jukebox』を発売したシンガーソングライター“幾田りら”。

今後の活動にも是非注目してほしい。

コンポーザーのAyase、ボーカルのikuraからなる、"小説を音楽にするユニット"YOASOBI。 2019年11月に公開された第一弾楽曲「夜に駆ける」は公開1か月でYouTube 100万回再生を突破、2020年4月初頭には900万回再生を達成、SNSでの話題性を反映するSpotify日本バイラルTOP50で1位を獲得するなど勢い···


配信情報


●2020年7月20日配信
「たぶん」
▷配信URL
▷teaser
作詞・作曲・編曲:Ayase/歌唱:ikura

商品情報


●夜に駆ける YOASOBI小説集
発売日:2020年9月18日(金)予定
価格:1,350円+税
判型:四六判上製
出版社:双葉社
※カバーデザインは変更になる可能性がございます。
▷YOASOBI BOOK HP

【収録内容】
「タナトスの誘惑」「夜に溶ける」(星野舞夜 著)
「夢の雫と星の花」(いしき蒼太 著)
「たぶん」(しなの 著)
「世界の終わりと、さよならのうた」(水上下波 著)

<関連情報>
●「たぶん」(しなの 著)
▷閲読はこちら

<あらすじ>
騒がしい物音で、目が覚めた。今うちに入って来られるのは一人しかいないけど、あいつはこんな雑な音は立てないはず...

意を決して開けた目に飛び込んできた姿と、物音の正体とは...?

それぞれの道を歩んでいく二人のやりとりが軽妙なのに胸に刺さる、切なくも美しい別れの物語。

●「世界の終わりと、さよならのうた」(水上下波 著)
▷閲読はこちら

<あらすじ>
この世界に『終末宣言』が発表されてからもうすぐ一年。なぜか明日、世界は滅ぶのだという。

街中の楽器を集めて暮らしていた“俺”は、世界最期の日の朝に一人の女の子を救う。次第に心を通わせた二人が奏でる旋律は美しく重なり、やがて生への祈りとなる...。

希望を持つことの尊さを音楽に乗せて語りかける、終末世界のボーイミーツガール。

▷小説・イラスト投稿サイト「monogatary.com」

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

BTS、アルバム発売記念オンラインショ…

ニジマス、新メンバー加入!新体制初・配…