1. 歌詞検索UtaTen
  2. クボケンジの作詞・作曲・編曲歌詞一覧

クボケンジの作詞・作曲・編曲歌詞一覧

64 曲中 1-30 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

スターフルーツ(ゲゲゲの鬼太郎(第5期) ED)

メレンゲ

歌詞:赤い目をして眠って でも夢は見れなくって 雑誌の裏の占いの悪い日だけを信じてるキミ 観葉樹を買ってきて風水通りにおいて

Lovin' Life

FUNKY MONKEY BABYS

作詞: クボケンジ ..

作曲: クボケンジ ..

歌詞:君に捧ぐただ一つの愛が この胸に この胸に 咲き乱れてる さくら

heavenly days

メレンゲ

歌詞:目覚ましが鳴る 前に起きて時を止める 思い出せるのは もうなんとなくだけど 君の事

"あのヒーローと"僕らについて

メレンゲ

歌詞:赤い陽が僕を睨む様 あくびしたら滲んだ世界 望みはメトロノームのよう 全てだけが終わり告げる

願い事

メレンゲ

歌詞:願い事ひとつで 抜け出そうって決めて旅に出たよ 思えば変だな 夢見てた場所は 夢みたいじゃないけど

ムーンライト

メレンゲ

歌詞:東京の空 月灯りの下 茶色い髪をした天使がいた 待たせてるようで 待たされてるような

メモリーマン

メレンゲ

歌詞:願い事から 避けられてる 可愛いだけの日々でキミに遭った なんでもあって

忘れ物

メレンゲ

歌詞:ほらまた考えてる 君のこと ガラス窓に… 吐く息で似顔絵を描いて こんな風だったっけな

星の屑(ドラマ「日本ボロ宿紀行」 主題歌)

初恋のテサキ

歌詞:もうどれくらい 僕はこんなとこで さまよってる 進んでるのかそれとも 戻ってるのか

ルリア

メレンゲ

歌詞:僕らは出会ってるかな 今すごく近いところにはいるけど まだ何か探しているの? それともまだ何か隠してるの?

二つの雨

メレンゲ

歌詞:一日中降ってるこの雨は 大切なモノを思い出すよ カゲロウの時はあった どこにやったっけな…

タイムマシーンについて

金木和也

歌詞:もしかボクにネコ型ロボットがいて タイムマシーンを使えるなら どこに行こうか考える 歴史に残る名場面を観に行ったり 遠い遠い未来の世界を覗いたりしてみたり

アルカディア

メレンゲ

歌詞:狭い世界の上の方 音もなく揺れる ピンクの星を目指す 困った顔したまま

ルゥリィ

メレンゲ

歌詞:何から手をつけていいのかわからない 誰かのための今日が暮れる 少しの勇気じゃうごけなくなってた まだいいって言ってないのに背中押すのは誰

プレゼント

新垣結衣

歌詞:雨上がりの朝は庭の緑が背伸びしてみえた 弱虫の私もマネをしてさ おはようを送ろう 探り合う距離

レインボウ

新垣結衣

歌詞:曖昧な言葉並べて 会いたい気持ちは嘘つきだ いつだって 愛されて フローリングで転がっていたい

ボタン

メレンゲ

歌詞:9月の終わりの 少し肌寒い午後と 夏の後ろ姿にまだ見とれてるよ 君をふっと思い出すよ すごく会いたいとかではないけど

再会のテーマ

メレンゲ

歌詞:久しぶりだよな 何から 話そうかな ずいぶん変わって見えるかな ホントのところ

天体望遠鏡

リュ・シウォン

歌詞:8月7日の短冊にあなたは何を書きますか? 三間坂じゃよく見えた星空は 東京じゃあんなには見えないね

きらめく世界

メレンゲ

歌詞:海が見える 小さな街 水平線を低空飛行 うみねこが飛んでる 誰もいない午後の海で

アンカーリング

メレンゲ

歌詞:フレディ フレディ フレディ フレディ 古い星の話聞かせて

東京にいる理由

メレンゲ

歌詞:旅立つという それらの意味は 僕はまだわからない また会えるから じゃあねって

夢の続き

メレンゲ

歌詞:都会の空は薄曇り 誰もいない窓の外 幸せさえも見落としそうなんだ そんなときどうしたらいい?

流れ星

中島美嘉

歌詞:流れ星 ねえ キミは何を想ってみているの? 見つけた星 今

ラララ

メレンゲ

歌詞:古そうなものばっか 見せびらかして オレンジ色で遊ぶ夕暮れ 誰かに話したくって 誰にも話せなくって

午後の海

メレンゲ

歌詞:君を連れ出し 少し遅い午後の海 昨日の電話の続きがしたくて 隠してる想い 胸ポケットの部分

すみか

メレンゲ

歌詞:眠い目をこすって 出かけたドライブ 誰もいない海まできた 理由などないけど

初恋のオマケ

メレンゲ

歌詞:オレンジ色 空模様 たぶん絶対悲しい午後 まぶしそうな君の顔は 笑ってるのも

春雨の午後

メレンゲ

歌詞:通り雨を待つ隠れ家は ここにあるものがすべて ボクらは何も知らされてないよ だからキミの手をギュっとつなぐ

ライカ

メレンゲ

歌詞:行き当たりばったりの旅を繰り返しているのです 誰からも拍手なんてされそうにも無いけれど 電話ごし勢いで誓い合うような冗談を 本気にしてしまって