1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. インタビュー
  5. ドラマストア
  6. ドラマストア、新曲「ラストダイアリー」が生まれた理由と溢れすぎるバンド愛【ロングインタビュー:関西バンドの輪!】

ドラマストア、新曲「ラストダイアリー」が生まれた理由と溢れすぎるバンド愛【ロングインタビュー:関西バンドの輪!】 (3/3)


ドラマストアが推す3組

──ありがとうございます。で、この3組と同世代ぐらいのバンドさんをこれからどんどん取り上げて、もっと上に上げていきたいなって思ってて、ドラマストアさんが今気になるインディーズバンドを何組か挙げてもらって、その挙げてもらったバンドさんを次取材させてもらおうかなと考えています。

長谷川:おお!マジかよ!

松本:ええ、マジで?1人1つずつ出していこうか。

長谷川:鳥、alcottじゃないの?後輩じゃないけどさ。またやりたいよなぁ。


鳥山:alcottはそれまでずっとロックテイストというかそういう系やったんですけど、最近出した「さくらの麓」っていう曲がすごくいいので、聴いてください(笑)。

長谷川:次は僕から。Mr.EggPlantです。メンバーみんなとも仲よくって、でも音源聴いたときに「まあまあこんなもんやろ」みたいな感じやったんですけど、ライブがすごくいいですよね。曲を作るペースにしろ、これからどういうふうにやっていきたいかっていう悩みの葛藤にしろ、悩みを親身に聞いてるうちに「こいつら可愛いなぁ」ってなってもうて、ちょっと先輩面した発言をしてしまうと、早くもう1つ頭抜けてしっかりCOUNTDOWN JAPANの名をもう1回轟かせられるようになってほしい。ツアー一緒に回ろうぜみたいな話ができるぐらいがんばってほしいです。来い来い来い来いって感じはしますね。ボーカルの龍治が、オーラっていうかカッコよさもありますし、まだまだ歌詞の内容とか詰めていくと、きりがないところは多いと思うんですけど、そのポテンシャルは好きですね。メンバーみんなめちゃくちゃバンドのこと好きなんですよね。ベースの一世はMr.EggPlantに入るためにベースを始めてベースを買ってみたいな姿勢とか。

ネクストブレイク間違いなしの和歌山発エモーショナルロックバンドMr.EggPlant!【インタビュー:関西バンドの輪!】

──それは、すごい一途ですね。

長谷川:一世は龍治のことが好きやからこのバンドが好きやから感が、ああ自分も同じくらい大事にされてきたなっていう感と重なって「愛らしいな」と思っちゃうんですよね。すごく人間味があって。うまくいってないライブこそ「うわぁ自分でうまくいってないって分かってんのやろなぁ」みたいな「どうにかしたいんやろなぁ」ってそういうところとかが逆に1周まわって好きですね。がんばれがんばれって感じが好き。
alcottは大人のカッコよさがあると思うんですけど、荒削りのよさはやっぱりMr.EggPlantは、強いもん持ってるなと思います。

──ありがとうございます。では、最後に和也さん。

松本:僕はthe whimsical gliderですね。ボーカル冬馬が前にやってたCOSMOCOLORとずっと一緒にやってきていて、COSMOCOLORがCDリリースするリリースイベント僕全部違うバンドで皆勤賞で出てるぐらい付き合いが長いんです。the whimsical gliderに改名して体制変えて、今年頭に始動してまだ半年ぐらいなんですけど。僕は結構ライブハウスによく行ってて、あいつらからライブ見てくださいみたいなことを言われるんで、ちょいちょい見てるんですけど、毎回よくなっていく。

長谷川:実際よかった。「すげえ!」のハードルが俺ら高いやんな。

松本:うん。一ヶ月経って「よかったなぁ」ってまあないんですよね。それが毎月更新されていってるのがすげえなと思います。まあちょっと確かに贔屓目はあるんですけど。同じ歌もの界隈の中で、もっとうまいこと積み重ねていったら、あいつら売れるなって僕は思っています。

長谷川:「まあ、和也くんは贔屓目もあるしな」ぐらいやったんですけど、1回ライブ見に行く機会があって、「めっちゃいい。これは和也くんが推す気持ち分かるわ」って僕もなって。しかも僕より長いこと見てきてるわけやから、「これはうれしいわな」みたいな。辞めかけたやつがもう1回帰ってきて今すごくがんばり出してて、もしかしたらまた一緒にやれるかもしれへんって状況。そりゃこいつもうれしいわな思って、ずっとそのライブ見ながら「和也くんが応援する気持ち分かるわ」ってその場でLINEしてたんですよ。それをステージから見てる冬馬が「ああ、海くん携帯いじってるわ…やっぱり俺、海くんに嫌われてるんやわ」って(笑)

松本:あとから冬馬が僕に言ってきて「海くんが見てくれてたんですけど…」「あれ俺にLINEしててん」「マジっすか?」「ほれ」って見せて。「めっちゃ海くん好きです」って。

──かわいいですね(笑)。


UtaTenをご覧の方へのメッセージ

──楽しいインタビューをありがとうございました。最後にUtaTenをご覧になる方へメッセージをお願いします。



松本:こんなおちゃらけてるバンドですが音楽は誠実にやっておりますので…(笑)曲を聴きながら、更に僕らの人間味っていうところをこのインタビューを読んでより知ってもらえたらうれしいです。

鳥山:やっぱり歌詞と人間性、音楽を聴いてもらってそれで全部判断してもらってライブに来てほしいですね。

長谷川:僕らは捨て曲がないバンドって自分らで自負してるんですけど、歌詞カードを見ながら曲を聴いてほしいです。
ライブに来たことない子がどんなライブするんやろってわくわくしてくれたらとてもうれしいですね。もちろん僕らを知ってくれている人はドラマストアらしいインタビューやなって思ってくれると思うんですけど、そうじゃなくてこのインタビューからつながる何かがあれば僕らも幸せなので。
そういう小さい出会いから積み重ねていくバンドやと思っていますし、酸いも甘いも経験して一歩一歩進んでいくようなバンドなので、そのうちの応援してくれる一人になってくれたらうれしいです。是非、ドラマストアの曲を聴いてみてください。

2014年9月に大阪で結成、12月から本格始動。東名阪を中心に精力的なライブ活動を展開し、全国の名だたるライブサーキットイベントにも多数出演。 2016年3月にTOWER RECORDS 新レーベル より第一弾アーティストとして、タワーレコード限定リリースの2nd mini album『Daylight』を発売。 同12月···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

強く美しく羽ばたく平均年齢15歳のアイ…

DJ&ダンスヴォーカルユニットCara…