1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. インタビュー
  5. SHE IS SUMMER
  6. 【インタビュー】SHE IS SUMMER これまでとこれから、2つの姿が投影されたミニアルバム『hair salon』が完成

【インタビュー】SHE IS SUMMER これまでとこれから、2つの姿が投影されたミニアルバム『hair salon』が完成 (3/3)



狐の嫁入りみたい


ミニアルバム『hair salon』通常盤

――ミニアルバム『hair salon』の前半部に投影したマイナー調の表情の数々が、とてもアンニュイさを持っていれば、そこへ心地好さを覚えます。中でも、『会いに行かなくちゃ』の持つキャッチーなのに安穏とした雰囲気が好きなんですよね。突然の夕立を受けての行動を投影した歌詞の、美しい言葉使いにも惹かれました。

MICO:『会いに行かなくちゃ』は、これまでのSHE IS SUMMERと新しいSHE IS SUMMERの両面を兼ね備えた楽曲になりました。この曲のトラックを聴いたとき、わたし「狐の嫁入りみたいだなぁ」と思ったんですよね。そこから、「空から光と雨が降っている」のようなちょっとウェットな感じの歌詞が生まれました。ただし、けっしてジメジメしているわけではない。夕立にあいながらも、何処か晴れ晴れとした感覚も、この歌には覚えていただけると思います。


――完成したミニアルバム『hair salon』、MICOさんは、どんな作品として受け止めています?

MICO:ジャケットの写真は、今までの作品の中でも一番のお気に入りです。わたし、小さい頃からロジック人間なところがあり、これまでは、その性格を拭いきれないところがありました。だけど、この作品を通して、そうじゃない人生の楽しみ方がわかるようにもなりました。そういう遊び心を持って作れた作品になったなぁと感じています。


――8月には、集団行動×SHE IS SUMMERとして東名阪を舞台に2マンツアーも行います。

MICO:一つのバンドと一緒にツアーをまわる経験は初めてのこと。予測の出来ない内容なだけに、わたし自身とても楽しみにしています。9月1日には、TSUTAYA O-Crestを舞台にわたしのバースデーライブを行ないます。この日は、仲の良いアーティストの方々をゲストに招き、一緒にSHE IS SUMMERの楽曲を歌ったりなど、企画っぽいイベントとして考えています。

この日に関しては、わたしの生誕祭という名目のもと、気心知れた仲間たちと一緒にファンのみんなへの感謝の想いを届けるスペシャルドリームナイトとしてお届けしようと思っています。

苦しいけど気持ちいい、じめっとした夏


――今後も、片寄さんと一緒に制作を行うのか、そこも気になるところです。

MICO:片寄さんが教えてくださる音楽は、わたしも好きなものばかりですし、音楽のお話はもちろん、それ以外のお話をしていても刺激的で楽しいんです。今回の作品を通し、歌詞にもディレクションをしていただき、そのやり取りにも有意義さを感じたように、先のことはまだわかりませんが、わたし自身は、今後もご一緒出来るなら是非したいなという気持ちを持っています。


――ミニアルバム『hair salon』が真夏に発売する理由もあるのか、今回は、夏を舞台にした歌も多くないですか?

MICO:SHE IS SUMMERという名前の理由もあって、よく夏をキーワードにしている存在だと勘違いされることが多いんですけど。もともとSUMMERは、映画「500日のサマー」に出てくるヒロインのサマーちゃんから取っているように、季節ではなく、人命のサマーから来ている名前なんですよね。とはいえ、前にも『君のせい』という夏ソングを作ったことはあったんですけど、今回、ここまで夏の歌を持ってきたのは初めてになります。ただし、カラッと晴れ晴れとした夏ではなく、それとは正反対な、うだるような、苦しいけど気持ちいい、そんなじめっとした夏を『CALL ME IN YOUR SUMMER』『会いに行かなくちゃ』『未知を探す』には描きました。


――MICOさん自身、夏は好きな季節?

MICO:夏は好きですね。冬に思い出す夏も、うだるような暑さも含めて、全部好きです。わたし、サウナの暑さも、夏の駐車場のうだるような暑さも両方好きなんです。


――サウナの暑さが好きなのは理解出来ますが、夏の駐車場の暑さも好きなんですか?

MICO:好きです。もちろん、「サウナは気持ちいい暑さだけど、駐車場の暑さは気持ちよくない」という感覚も理解は出来ます。そもそも、サウナも駐車場も暑いことに変わりはない。そう思えれば、どっちの暑さもわたしは好きになれますし、その暑さを楽しめますからね。本当は、苦手な冬の寒さも、そうやって克服したいんですけど。冬の寒さだけは、どーしても苦手なままです(笑)。

TEXT:長澤智典

エレクトロポップユニット “ふぇのたす” のボーカル “みこ” として メジャーデビュー。 2016 年 4 月より “MICO” のソロプロジェクト “SHE IS SUMMER” として始動。 同年 8 月 1st E.P「LOVELY FRUSTRATION E.P.」をリリース、 リード曲「とびきりのおしゃれして別れ話を」は、YouTube の 再生回···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

【インタビュー】Anlyの2ndアルバ…

【インタビュー】声優・尾崎由香がソロデ…