1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. C&K
  6. 「日本ビート」をうったえるC&K

【歌詞コラム】「日本ビート」をうったえるC&K

C&KはCLIEVY(クリビー)とKEEN(キーン)による男性2人組デュオ。クリビーのハイトーンボイス、キーンのシルキーボイスが特徴です。クリビーの独特な高音は一度聴いたら耳に残るはず。それを支えるキーンの声も良いんですね。

公開日:2015年10月5日 更新日:2017年5月30日


この記事の目次
  1. ・C&K 最新情報
  2. ・商品情報
  3. ・ライブ情報
  4. ・C&K Profile
C&KはCLIEVY(クリビー)とKEEN(キーン)による男性2人組デュオ。クリビーのハイトーンボイス、キーンのシルキーボイスが特徴です。クリビーの独特な高音は一度聴いたら耳に残るはず。それを支えるキーンの声も良いんですね。ともかく2人とも歌がうまく、リズム感も素晴らしい。何よりすごいのがディスコ、ファンク、ソウルなどのブラックミュージックを使いこなしているところ。そしてエンターテイメントに徹する精神ですね。
2014年11月にはマリンメッセ福岡で1万人集めたライブを実施。集客力もあります。

C&Kがもつ「地元じゃなくても地元です」というスローガン。この精神をもって全国ツアーをまわる彼らは、日本人として歌を歌うことの意味をよく考えています。

「日本ビート」と名付けられたこの曲も日本の土着精神がこめらています。
1.jpg
「『異文化(まじわり)借りたら貸すのが理(ことわり) 借りすぎていた音楽 
始まりだす さぁ 反撃の狼煙は純正 純 THE和」

というAメロの歌いだしがすでに挑戦的。「まじわり」と「ことわり」、そして「始まり」で韻をふんでいるうまさもあります。異文化、海外から借りてきた音楽をやるだけでなく、純粋な日本の音で勝負するぞという宣言。

まあ、細かいことを言い出すとそもそも西洋音階を使っているじゃないかとか、そういう話になるのですが、音階は西洋生まれでももっと日本流にアレンジしようよ、少なくとも日本語をもっと使ってみようよということをうったえたいのだと思います。

「123は一二三(ひふみ)」「Let' goはいくぞ」というフレーズも日本の土着精神のあらわれ。「すべては和の中にでもある」と歌うことに納得させられます。

そして出てくる
「風流なlyric 小粋なflow 祖先の血は絶やさせませぬ」のフレーズ。
リリックとかフローとか言ってるじゃないですか、純正の和じゃないですよ!というツッコミたくなってくるのです。
しかしこれは意図的にやっていること。そもそもタイトルの「ビート」も日本語だったら「拍子」です。ツッコミどころを残しつつも、それでもなお日本という土壌で勝負しようという意気込みの表れなのです。

あえて日本語と英語を混ぜている構成。ここに日本のポピュラー音楽の難しさが集約されています。
より激しいリズム、より複雑なリズムに日本語をのせるとどうしても無理が出てきてしまうのです。だからサザンのように早口で日本語をつめこんだり、ホルモンのように当て字を使ったり、エイベックスあたりでよくある日本語と英語を組み合わせたり、はたまた開き直って英語のみで歌う日本人アーティストが存在するのです。

C&Kは、曲に英語を混ぜつつも基本は日本語を使うタイプ。二人ともリズム感がとてつもなく良く、日本人離れしています。その二人が日本のビートについて歌うという皮肉も面白いですね。
2.jpg

TEXT:改訂木魚(じゃぶけん東京本部)

栃木県出身のスーパーハイトーンボイス担当のCLIEVY(クリビー)と鹿児島県出身のシルキーボイス担当のKEEN(キーン)の男性二人組のツインボーカルユニット。音楽のジャンルはディスコ、ソウル、ファンク、ブラックミュージックやレゲエ、歌謡曲など幅広く、二人の感性でミックスしたオリジナルな···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

C&K 最新情報

商品情報

C&K
Single「嗚呼、麗しき人生」
2019.8.7 Release
初回限定盤[CD+DVD】 \1,800(+tax) UPCH-89414
通常盤[CD】\1,200(+tax) UPCH-80521

収録曲
1.嗚呼、麗しき人生
2.C&K XI
3.走りだせ
4.嗚呼、麗しき人生(Instrumental)

初回限定盤DVD収録内容
・嗚呼、麗しき人生 Music Video
・嗚呼、麗しき人生 Music Video (1Cam ver.)
・嗚呼、麗しき人生 Music Video メイキング

▼ENS STOREにて予約受付中
https://www.ens-store.com/smartphone/page172.html

ライブ情報

■ライブ情報
道内ショートツアー<北海道 キタキタツアー> ※先行受付中

8/29(木) 名寄市民文化センター EN-RAYホール
8/31(土) 富良野市文化会館
9/1(日) 帯広 MEGA STONE
9/3(火) 札幌ペニーレーン24

<フェス出演>
7/14(日) 北海道 JOIN ALIVE
7/21(日) 福岡 NUMBER SHOT
7/25(木) 神奈川 OTODAMA SEA STUDIO
9/15(日) 千葉 氣志團万博
10/5(土) 鹿児島 THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL 2019
10/12.13(土・日) 新潟長岡米百俵フェス〜花火と食と音楽と〜 ※出演日未定

C&K Profile

■C&Kプロフィール
CLIEVY(クリビー)とKEEN(キーン)からなる男性二人組シンガーソングライターユニット。
アーティストとして進化を続け、"ネクストブレイク"の期待が高い新人12年目(笑)

2010年に「梅雨明け宣言」でユニバーサルミュージックよりメジャーデビュー。 その音楽性は、ディスコ、ファンク、ソウル、レゲエなどのブラックミュージックをルーツに、フォークや80年代の歌謡曲、クラブミュージックまで幅広いジャンルに至る。
またデビュー以来5年間に渡って"日本全国を地元にしたい!"という想いのもと、「日本全国地元化計画」と銘打った全国ライブツアーを軸に活動。

その圧倒的なライブパフォーマンスが話題となり、福岡マリンメッセ、鹿児島アリーナ2days、両国国技館2days等、1万人規模の単独公演を次々と成功させるにまで成長。 2016年には福岡海の中道海浜公園にて15,000人野外ワンマンライブを成功。またこのDVDがオリコンウィークリーチャート1位を獲得。2017年6月に15枚目シングル「Y」をリリース。主要音楽チャートにて「13冠」を獲得。2017年7月26日に 5th ALBUM「55」をリリース。2017年8月26日には、CLIEVYの地元である栃木県小山市小山運動公園にて、野外ワンマンライブを開催!10,000人を動員、2017年10月14日には、KEENの地元である鹿児島県鹿屋市霧島ヶ丘公園にて、野外ワンマンライブを開催!15,000人を動員。チケットはSOLD OUTとなった。
2018年8月には日本テレビ系 土曜ドラマ『サバイバル・ウェディング』主題歌となっているニューシングル「ドラマ」をリリース。11月20日には10周年アニバーサリーライブを横浜アリーナにてワンマンライブを行いチケットはSOLD OUTとなった。


▷C&K -Clievy&Keen- OFFICIAL WEB SITE
▷オフィシャルホームページ「すみまTENツアー」NEWS

何歳からでもきっと叶う。夢をもう一度追…

「ここで会った人がいるから、武道館とい…