1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. J-POP&特集
  5. ゆず
  6. 圧倒的な人気を誇っている「ゆず」について語ってみた!

圧倒的な人気を誇っている「ゆず」について語ってみた!

1990年代後半から、第一線で活躍し続けているゆず。 北川悠仁と岩沢厚治の2人からなる人気フォークデュオです。 今回は、いつまでも圧倒的な人気を誇る「ゆず」のお二人について解説します!

公開日:2019年1月16日 更新日:2019年1月17日


この記事の目次 []
  1. ・大人気デュオ・ゆずとは?
  2. ・北川が偶然食べたモノがバンド名に!
  3. ・ゆずの聖地・伊勢崎町
  4. ・伝説のラストライブ
  5. ・フォークブームのパイオニア
  6. ・ゆずを代表する曲を紹介
  7. ・マボロシ
  8. ・恋、弾けました。
  9. ・マスカット
  10. ・常に挑戦し続けるゆず
  11. ・歌詞の意味を紐解く!ゆずの歌詞コラム2選

大人気デュオ・ゆずとは?

北川が偶然食べたモノがバンド名に!

結成当初は、二人が吸っていたタバコの銘柄からとり「Light's」という名前でしたが、その後当時一緒に働いていたバイト先の食事会で、北川が偶然食べたゆずシャーベットから「ゆず」へと変更しました。

「ゆずシャーベット」が由来とは驚きですよね!

そのとき岩沢はバニラアイスを食べていたため、「ゆず」ではなく「バニラ」になっていたかもしれないという話は、二人の鉄板ネタとなっています。

ちなみに、ゆずは二人しかいないですが、北川はゆずの“リーダー"、岩沢は“サブリーダー"と呼ばれている珍しいコンビ。

歌唱中には「リーダー」「サブリーダー」と互いに呼び合っていることもあり、仲の良さが伝わってきます!

ゆずの聖地・伊勢崎町

結成当時からストリートライブをしていたのは、主に「神奈川県横浜市伊勢崎町」の「横浜松坂屋の前」でした。

最初路上に出たのは岩沢で、その様子を見ていた北川は、どうしても岩沢と音楽をしたいと思い、改めて一緒にやっていきたいと告白。

ゆずを結成してからは、二人でストリートライブを始めました。

しかし、結成当初はなかなか人が集まらず苦労していた二人。
ライブ終了間近に北川が「最後の曲です」と紹介したところ、誰かがふざけて「金返せ!」と言い、会場から大勢の人に連呼された経験もあるとか…

二人にもそんな辛い時代があったんですね。

伝説のラストライブ

ゆずの中で大きな伝説と言われているのが、1998年8月30日に開催した最後のストリートライブです。

横浜松坂屋の前で行ったこのライブには、台風が直撃するという悪天候だったにも関わらず、約7,500人のファンが集まりました。

一般の人がストリートライブをした場合、10人ぐらいしか集まらないこともあるという厳しい世界。

どれだけ歌がうまい人でも500人集まればすごいと言われるようなので、7,500人というのは驚異的な数字だということがよくわかります!

松坂屋の壁には「栄光の旅立ちおめでとう!でもたまには誕生の地へ戻ってきてください」とメッセージも残されていました。

フォークブームのパイオニア

ゆずは1997年頃から始まった第2次ストリートライブブームの先駆けと言われています。

恋愛や夢などへの葛藤を表した歌詞、ギター1本でどこまでも響かせる演奏力や、2人のハーモニーが特徴で、再びフォークソングが流行り出しました。


画像引用元 (Amazon)


ゆずを代表する曲を紹介

マボロシ

ドラマ『昭和元禄落語心中』の主題歌。

2018年11月16日発売した配信限定で発売されたシングルです。

今までのゆずにはないバラードソングに仕上がっています。


----------------
鮮やかに今 目の前蘇る
すべてだった 憎んで愛していた
あの日のまま あなたはマボロシ?
≪マボロシ 歌詞より抜粋≫
----------------

北川が原作を読み込み、物語の世界観を大切に制作したという歌詞。
物語の中に潜んでいる闇や、苦悩の中にある真実の美しさというのを、「マボロシ」というキーワードをもとに、ドラマのストーリーと合う歌詞になっています。

「憎んで愛してた」という部分に、特にその苦悩が表れていますね。

恋、弾けました。

山崎賢人主演の映画『斉木楠雄のΨ難』主題歌。

2017年10月13日に配信限定シングルとして発売された楽曲です。



----------------
恋、弾けました。
止まらないんです 寝ても覚めても君が
溢れ出した トキメキに戸惑ってるんだ
読み取れない心模様 振り向いてテレパシー
見たこともないセカイ 君と
≪恋、弾けました。 歌詞より抜粋≫
----------------

楽曲のタイトルにもなっているこのサビの部分からは、初恋のように好きな気持ちを自覚し、戸惑っているというのが伝わってきます。

「テレパシー」など、所々『斉木楠雄のΨ難』にマッチする歌詞が出てくるのもポイントです!

マスカット

アニメ『クレヨンしんちゃん』のオープニングテーマ。

オープニング映像では、ゆずのマスコットキャラクター・ゆずマンとともに、ゆずの2人も出演。

そろってオリジナルダンスである“スカッとダンス"を披露しています。


----------------
まぁスカッと 踊りましょう 飛び出せスマイル
集まれ ミ・アモーレ 木の実 気のまま
マジですかって? 空振りでも 泣いてちゃダメダメよ
モウマンタイ ワンモータイム 君らしくあれ
一皮むけばみんな(みんな)マスカット
≪マスカット 歌詞より抜粋≫
----------------

「マスカット」と「まぁスカッと」をかけるなど、楽しい歌詞に仕上がっています。

ちゃんと「君らしくあれ」とメッセージ性も残すところが、ゆずらしさ満点の曲です。

常に挑戦し続けるゆず

いかがでしたか?

圧倒的な人気を誇っているフォークデュオ・ゆずをご紹介しました。

2019年春からは「ゆず弾き語りドームツアー2019 ゆずのみ」で新たな挑戦をすることが決定している二人。

「弾き語りドームツアー」を行うのは、音楽史上初の試みになるといいます。

そんな二人にこれからも目が離せませんね!


TEXT りんない

歌詞の意味を紐解く!ゆずの歌詞コラム2選

■【歌詞コラム】ゆずがかける「栄光の架橋」
■【歌詞コラム】寒い心の処方せん。冬に効くゆず「いつか」

▷ゆず北川悠仁 公式インスタグラム ▷公式サイト

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

乙女同士の恋を描いたアニメ「やがて君に…

BAND-MAID ご主人様・お嬢様へ…