1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. 歌詞コラム
  5. サザンオールスターズ
  6. サザンオールスターズとファンの熱いグルーヴ!「みんなのうた」

【歌詞コラム】サザンオールスターズとファンの熱いグルーヴ!「みんなのうた」

このアーティストの関連記事をチェック

軽やかな走行音を立てて未来へ…サザンオ…

こんな女性に共感できる?桑田佳祐の『ミ…

1988年、サザンオールスターズデビュー10周年。今から30年前に「みんなのうた」は発売された。それ以来、サザンのライヴの定番曲だ。サザンと一体となって盛り上がれるこの曲をファンのみんなは愛している。

公開日:2019年2月28日 更新日:2019年3月1日


この記事の目次
  1. ・ファンを大切にする 「ファンのみんな」とサザンの歌
  2. ・明るい曲調で親しみやすいサザンオールスターズらしい曲
  3. ・みんなから愛され、音楽からも愛されるサザンオールスターズ
  4. ・歌詞の意味を解読!?厳選歌詞コラム3選
  5. ・サザンオールスターズ 最新情報
  6. ・リリース情報
  7. ・イベント情報
  8. ・サザンオールスターズ Profile
今からさかのぼること約30年前の1988年にサザンオールスターズの『みんなのうた』は発売された。

まだまだレコードが数多く販売されていたこの時代。それほど昔の作品であるのに、いまだに色あせない輝きを放ち、多くの人に愛される魅力はどこにあるのだろうか?

『みんなのうた』の歌詞から、その魅力を説いてみたいと思う。



ファンを大切にする 「ファンのみんな」とサザンの歌

----------------
みんなで空高く 舞い上がれ
やがて誰の心にも
虹のカーニバル
≪みんなのうた 歌詞より抜粋≫
----------------
(一番)

----------------
みんなで声合わせ 飛んでゆけ
やがて雲の切れ間から
風のハーモニー
≪みんなのうた 歌詞より抜粋≫
----------------
(二番)

サザンがファンを大切にするバンドであることは誰もが否定しないだろう。
バンドのメンバー同士、桑田佳祐と原由子の結婚披露宴には多くのファンが招待された。

また、デビューから40年も経った今でも、ライブではファンへの感謝の言葉が繰り返し述べられている。
ファンとしては嬉しい限りだ。

この曲でも「みんな」という言葉が入るフレーズでは、「虹のカーニバル」、「風のハーモニー」などの明るくてカラフルなイメージが歌われている。

雲に切れ間があることから、分厚く空をおおう雲ではなく、ふわふわした小さな雲で、切れ間から青空がのぞいているような、そんな風景が想起させられる。

「カーニバル」も「ハーモニー」も「みんな」と一緒でなくてはできない。

「みんな」とはファンとサザンのメンバーのことだろう。現にサザンはファンをいつも大切にし、ファンはどんなときも心からサザンを応援して、心地よいハーモニー(調和)を奏でている。

デビュー10周年を記念して、これからもずっとライブでファンと一緒に盛り上がれる曲として作られたような気がしてならない。

----------------
いつの日か この場所で
逢えるなら やり直そう
≪みんなのうた 歌詞より抜粋≫
----------------

だから、この歌詞の「この場所」は「ライブ会場」で、「またライブ会場で、この曲で盛り上がろうね!」と言われたような嬉しい気持ちになってしまう。

----------------
熱い波が また揺れる
≪みんなのうた 歌詞より抜粋≫
----------------

この「波」は感情の波で、ライブ会場でファンと一体となった熱いグルーヴのことだ。

「みんなのうた」は恋愛を歌っていると同時に、ファンとの関係性を歌った複数の意味をもっている。



明るい曲調で親しみやすいサザンオールスターズらしい曲

サザンオールスターズの魅力の一つは、その音楽性の幅広さだ。

ラテン系のリズムの曲もあれば、しっとりしたバラードもある。昭和の歌謡曲の影響を受けた曲もあれば、ドゥー・ワップもある。

それらのすべてにサザンとしてのオリジナリティがある。各々の要素とサザンのオリジナリティが絶妙に合わさって、唯一無二の色を出している。

この曲はさらに、カラッとした明るい曲調と親しみやすさでサザンオールスターズらしいポピュラーソングとなっている。

みんなから愛され、音楽からも愛されるサザンオールスターズ

数年前、桑田佳祐が病気をしてから2年後に、夫婦で「今やらないと後悔することはやっておいたほうがいい」という話が出たそうだ。

そのとき、桑田佳祐の口から出た「やっておいたほうがいいこと」は、「こんなイベントがやりたい」とか「この人と一緒にレコーディングをしたらどうだろう?」といった音楽の話だった。

ここまでくると音楽に対して、非常に強い愛情を桑田佳祐から誰もが感じるだろう。

なぜなら、サザンオールスターズのボーカルとしてもシンガー桑田佳祐としても、もう何十年も音楽をやっている。いつでも「音楽はもう充分だ」と思ったとしてもおかしくはない。

しかし、彼の場合は情熱が衰えるどころか、音楽に対する愛はますます膨らんでいるようにさえ感じる。

そんな素晴らしいボーカリストが牽引するサザン・オールスターズだからこそ、ファンたちは彼を愛することができる。

もっというとファンからだけでなく音楽からも愛されている。だからこそ、「みんなのうた」は輝きを増していくのだろう。


TEXT 三田綾子

歌詞の意味を解読!?厳選歌詞コラム3選

■【歌詞コラム】軽やかな走行音を立てて未来へ…サザンオールスターズ「希望の轍」

■【特集】40年間、大衆を魅了し輝き続ける サザンオールスターズの軌跡

■芥川龍之介はスライを聴いたことがあるのか?サザンオールスターズ『マンピーのG★SPOT』

1978年6月25日、ファーストシングルシングル「勝手にシンドバッド」を発売し、メジャーデビューしたサザンオールスターズは、現在、桑田佳祐(ボーカル・ギター)関口和之(ベース)松田弘(ドラムス)野沢秀行(パーカッション)原由子(キーボード・ボーカル)から成る5人組のロックバンドである···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

セクシー!ワイルド!でも、かわいいKA…

心をカラフルに染め上げてゆく、立花理香…