1. 歌詞検索UtaTen
  2. 人気のハッシュタグ一覧
  3. 紅白歌合戦(昭和51年第27回)に関する歌詞

紅白歌合戦(昭和51年第27回)に関する歌詞


紅組【優勝】 白組
山口 百恵 横須賀ストーリー 野口 五郎 針葉樹
西川 峰子 峰子のマドロスさん 細川 たかし 置き手紙
キャンディーズ 春一番 フォーリーブス 踊り子
南 沙織 哀しい妖精 堺 正章 苺の季節
太田 裕美 木綿のハンカチーフ 新沼 謙治 嫁に来ないか
佐良 直美 ひとり旅 内山田洋とクール・ファイブ 東京砂漠
和田 アキ子 雨のサタデー 西城 秀樹 若き獅子たち
桜田 淳子 夏にご用心 郷 ひろみ あなたがいたから僕がいた
研 ナオコ LA-LA-LA あおい 輝彦 あなただけを
梓 みちよ メランコリー 菅原 洋一 夜のタンゴ
伊藤 咲子 きみ可愛いね 田中 星児 ビューティフル・サンデー
いしだ あゆみ 時には一人で 橋 幸夫 俺ら次郎長
森 昌子 恋ひとつ雪景色 三橋 美智也 津軽甚句
岩崎 宏美 ファンタジー 三波 春夫 人生おけさ
藤 圭子 はしご酒 殿さまキングス 恋は紅いバラ
水前寺 清子 鬼面児 村田 英雄 男の土俵
由紀 さおり つかの間の雨 ダーク・ダックス 二十二歳まで
島倉 千代子 逢いたいなァあの人に フランク永井 東京午前三時
八代 亜紀 もう一度逢いたい 森 進一 さざんか
二葉 百合子 岸壁の母 加山 雄三 ぼくの妹に
小柳 ルミ子 逢いたくて北国へ 春日 八郎 あん時ゃどしゃ降り
青江 三奈 女から男への手紙 北島 三郎
ちあき なおみ 酒場川 布施 明 落葉が雪に
都 はるみ 北の宿から 五木 ひろし 愛の始発

紅白歌合戦(昭和51年第27回)に関する人気歌詞ランキング

紅白歌合戦(昭和51年第27回)に関する歌詞

タイトル / 歌手 歌い出し

木綿のハンカチーフ

太田裕美

恋人よ 僕は旅立つ 東へと向う列車で はなやいだ街で 君への贈りもの

岸壁の母

二葉百合子

母は来ました 今日も来た この岸壁に 今日も来た とどかぬ願いと

22歳まで

ダーク・ダックス

結婚式は何時始まって いつ終わったのか 私は何も おぼえていないよ 思い出だけが

あなただけを

あおい輝彦

あゝ今年も南の風に 誘われてきたよ 静かな夏の雨に濡れた浜辺に 今もあなたを想いつつ

春一番

キャンディーズ

雪がとけて川になって 流れて行きます つくしの子がはずかしげに 顔を出します もうすぐ春ですね

逢いたいなァあの人に

島倉千代子

島の日暮れの 段々畑 紺のモンペに 涙がホロリ ホロホロリ

俺ら次郎長

橋幸夫

止せと言われりゃ 意地にもなるさ ちょいと惚れたよ 男伊達

東京砂漠

内山田洋とクール・ファイブ

空が哭いてる 煤け汚されて 人は やさしさを どこに棄ててきたの

北の宿から

都はるみ

あなた変わりはないですか 日ごと寒さがつのります 着てはもらえぬセーターを 寒さこらえて編んでます 女ごころの

愛の始発

五木ひろし

川は流れる橋の下 まるで二人の 恋のように 川は流れる 橋の下

嫁に来ないか

新沼謙治

嫁に来ないか ぼくのところへ さくら色した 君がほしいよ 日の暮の公園で

メランコリー

梓みちよ

緑のインクで 手紙を書けば それは さよならの 合図になると

ビューティフル・サンデー

田中星児

さわやかな日曜 降りそそぐ太陽 ヘイヘイヘイ イッツァ ビューティフル・デー

あん時ゃどしゃ降り

春日八郎

あん時ゃどしゃ降り 雨ン中 胸をはずませ 濡れて待ってた 街の角

男の土俵

村田英雄

やぐら太鼓が 隅田の川に どんと響けば 土俵の上で 男同志の

ぼくの妹に

加山雄三

ぼくの妹なら 愛ひとすじに 生きぬいておくれ 一人の人に 小さい頃

横須賀ストーリー

山口百恵

これっきり これっきり もう これっきりですか これっきり

哀しい妖精

南沙織

いくつの手紙出せば あなたに逢えるかしら いくつの涙流せば この想い届くでしょう 曲りくねった愛の旅路でさまよう私

北島三郎

肩で風きる 王将よりも 俺は持ちたい 歩のこころ 勝った負けたと

置き手紙

細川たかし

許してください ごめんなさい 鍵はかえして おきました 忘れてください

ひとり旅

佐良直美

見知らぬ町の 古い居酒屋で 柳葉魚サカナに ひとりのんでます 扉あくたび

峰子のマドロスさん

西川峰子

あ、あ、あばよバイバイ 可愛いあの娘 波が呼ぶんだよ 風が呼ぶんだよ 白い帽子を

はしご酒

藤圭子

人の情けが ひとしずく しみて苦労を 忘れ酒 昔恋しい下町の

きみ可愛いね

伊藤咲子

あなたの指が 肩にふれたら 私はきゅうに おとなしくなる あなたが好きで

つかの間の雨

由紀さおり

あなたがそっと 右手を出して 雨に濡れた 私の髪を うまく左に

もう一度逢いたい

八代亜紀

あんな男と 言いながら 今日も来ました 港町 波のむこうは

若き獅子たち

西城秀樹

太陽に向かい 歩いてるかぎり 影を踏むことはない そう信じて生きている あなたにもそれを

踊り子

フォーリーブス

私は踊り子よ ふるまいのお酒にも 気軽く酔うような浮草の踊り子 愛してくれるのは うれしいと思うけど

針葉樹

野口五郎

あなたのかなしみは 雪で出来ている 僕を凍らせる 白いためいきだ まっすぐ行くがいい

さざんか

森進一

春に咲く 花よりも 北風に咲く花が好き そんな言葉を残して 出ていったね