1. 歌詞検索UtaTen
  2. 人気のハッシュタグ一覧
  3. 紅白歌合戦(平成4年第43回)に関する歌詞

紅白歌合戦(平成4年第43回)に関する歌詞


紅組 白組【優勝】
森口 博子 スピード SMAP 雪が降ってきた
LINDBERG 恋をしようよYeah!Yeah! 小野 正利 You're the Only・・・
香西 かおり 花挽歌 山川 豊 夜桜
イルカ なごり雪 南 こうせつ 神田川
Mi-ke 涙のバケーション 光GENJI リラの咲くころバルセロナへ
荻野目 洋子 コーヒー・ルンバ 本木 雅弘 東へ西へ
伊東 ゆかり ボーイ・ハント 舟木 一夫 高校三年生
梓 みちよ こんにちは赤ちゃん デューク・エイセス 見上げてごらん夜の星を
八代 亜紀 愛の終着駅 小林 旭 さすらい
中山 美穂 世界中の誰よりきっと 少年隊 太陽のあいつ
藤 あや子 こころ酒 嘉門 達夫 替え歌メドレー~紅白バージョン~
森高 千里 私がオバさんになっても 美川 憲一 火の鳥
中村 美律子 河内おとこ節 冠 二郎
西田 ひかる 生きてるって、素晴らしい 鈴木 雅之 もう涙はいらない
GAO サヨナラ 中西 圭三 君のいる星
DREAMS COME TRUE 晴れたらいいね~紅白バージョン~ 紅(KURENAI)
伍代 夏子 雪中花 吉 幾三 三 雪國
松原 のぶえ 愛冠岬(アイカップミサキ) 鳥羽 一郎 兄弟船
ケー・ウンスク(堀内孝雄とデュエット) 都会の天使たち 堀内 孝雄(ケー・ウンスクとデュエット) 都会の天使たち
川中 美幸 遣らずの雨 前川 清 男と女の破片(かけら)
工藤 静香 めちゃくちゃに泣いてしまいたい チェッカーズ フェアウエル・メドレー
小林 幸子 恋蛍 米米CLUB 君がいるだけで~紅白バージョン~
大月 みやこ 白い海峡 森 進一 劇場の前
都 はるみ つくしんぼ 谷村 新司 三都物語
坂本 冬美 男惚れ 五木 ひろし 終着駅
石川 さゆり ホテル港や 細川 たかし 佐渡の恋唄
和田 アキ子 愛、とどきますか さだ まさし 秋桜(コスモス)
由紀 さおり 赤とんぼ~どこかに帰ろう 北島 三郎 帰ろかな

紅白歌合戦(平成4年第43回)に関する人気歌詞ランキング

紅白歌合戦(平成4年第43回)に関する歌詞

タイトル / 歌手 歌い出し

紅 KURENAI

X

I could not look back

なごり雪

イルカ

汽車を待つ君の横で僕は 時計を気にしてる 季節はずれの 雪が降ってる 東京で見る雪は

兄弟船

鳥羽一郎

波の谷間に 命の花が ふたつ並んで 咲いている 兄弟船は

世界中の誰よりきっと

中山美穂&WANDS

まぶしい季節が 黄金色に街を染めて 君の横顔 そっと包んでた まためぐり逢えたのも

高校三年生

舟木一夫

赤い夕陽が 校舎をそめて ニレの木蔭に 弾む声 ああ

君がいるだけで

米米CLUB

たとえば 君がいるだけで 心が強くなれること 何より大切なものを 気付かせてくれたね

河内おとこ節

中村美律子

河内生れの 風来坊は 生きのいいのが ア、ア、アン… 売りもんや

秋桜

さだまさし

淡紅の秋桜が秋の日の 何気ない陽溜まりに 揺れている 此頃 涙もろくなった母が

You're the Only・・・

小野正利

真夜中君と二人 砂浜波の調べ 見上げた空にはほら 星のシャンデリアさ I

雪國

吉幾三

好きよ あなた 今でも 今でも 暦はもう少しで

サヨナラ

GAO

流れる季節に 君だけ足りない はぐれた心の 足跡を探す カバンにつめた

リラの咲く頃バルセロナへ

光GENJI

君は夏のマタドール 光る風をあびながら (夢の)空に舞う あふれそうな涙とひとりで

私がオバさんになっても

森高千里

秋が終われば冬が来る ほんとに早いわ 夏休みには二人して サイパンへ行ったわ 日焼けした肌まだ黒い

晴れたらいいね

DREAMS COME TRUE

山へ行こう 次の日曜 昔みたいに 雨が降れば 川底に沈む橋越えて

神田川

南こうせつ

貴方はもう忘れたかしら 赤い手拭マフラーにして 二人で行った横町の風呂屋 一緒に出ようねって言ったのに

夜桜

山川豊

夜桜舞い散る 春なのに ふたりの夢よ いつまで かくれんぼ

スピード

森口博子

「あんなにつらくて ひどい恋だった」 不思議ねこんなに 笑って言える こころの回復

白い海峡

大月みやこ

人はみな故郷が 恋しくなって 一度は泣きに 帰るものなの みぞれが雪に

こんにちは赤ちゃん

梓みちよ

こんにちは赤ちゃん あなたの笑顔 こんにちは赤ちゃんあなたの泣き声 その小さな手 つぶらな瞳

三都物語

谷村新司

胸さわぎの 旅は いま始まって 時の流れのままに こころを遊ばせ

都会の天使たち

堀内孝雄,桂銀淑

この都会に 眠りの 天使たちが 遊びに疲れて 夜を運ぶ

男と女の破片

前川清

抱かれたら終る 男と女より 手枕のままで 何んにもしないで 指先を拒む

愛の終着駅

八代亜紀

寒い夜汽車で 膝をたてながら 書いたあなたの この手紙 文字のみだれは

佐渡の恋唄

細川たかし

佐渡へ佐渡へと 流れる雲に のせてゆきたい わたしのこころ 離れて四十九里

こころ酒

藤あや子

泣いて甘える あなたがいたら 耐えてゆけます 辛くとも そんな女の

つくしんぼ

都はるみ

破れ傘でも ふたりでさして 肩をすぼめて 歩く街 つくしんぼ

遣らずの雨

川中美幸

元気で暮らせよなんて 優しい言葉 言って欲しくなかったわ あなたへの想いを それじゃ

帰ろかな

北島三郎

淋しくて 言うんじゃないが 帰ろかな 帰ろかな 故郷のおふくろ

さすらい

小林旭

夜がまた来る 思い出つれて おれを泣かせに 足音もなく なにをいまさら

もう涙はいらない

鈴木雅之

もう涙はいらない 僕が側にいるから こんなに愛しているよ それですべてを なくすとしても