1. 歌詞検索UtaTen
  2. 四星球

四星球の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

言うてますけども(シングルver.)

神様 そろそろ 正式に 僕とコンビを組もうや

鋼鉄の段ボーラーまさゆき

M.A.S.A.Y.U.K.I. M.A.S.A.Y.U.K.I. 鋼鉄の段ボーラー(まさゆき) さすらいの段ボーラー(まさゆき)

コミックバンド

僕の好きなロックバンドも君の好きなロックバンドもきっと ドリフターズで大人になったはず すなはち君が口ずさむその曲も君が踊るあの曲も 少なからずルーツには笑いがあるはず もちろんハンケチ無しでは聴けない名バラードにも

楽屋泥棒始めました

聞かせて 教えて 図鑑に載ってなかったから 聞かせて 歌わせて

水瓶座『汗と涙の水瓶』

血液型占いのA型の僕の今日のラッキーアイテムは 送る球で「送球」っていうバックプリントのTシャツ 昨日のラッキーアイテムは恥ずかしいけど陰毛だった その前はディンガドゥンガ ディンガドゥンガって何だろう

発明倶楽部

実験成功に決まってるでしょ 混ぜられるもの全部混ぜ合わせたんだから ねえトーマスさん、1% の閃きと99% の努力って言ったっけ?

はじめてのたいあっぷ(じゃりんこイモの祭謎解きノート 大阪ナゾ道中 タイアップ主題歌)

waaaalk 主役は君で 主題歌は僕ら 歌わせてくれや

チャーミング

世界は女子で回ってるんだ 止めることさえも出来るんだ そもそも女子から産まれてきたし この星の名は女星

獅子座『ビスケット』

懐かしいことは好きな方ですよ でもたまに勘違いするよ 懐かしさをさみしさと さみしさを悲しさと

四星球聴いたら馬鹿になる

下半身ロバ 上半身人間 パッと見ケンタウロス 下半身鹿 上半身馬

ボーナストラック

売り物にもならん 歌う気にもならん 一銭にもならん 幾千の歌を経て

妖怪泣き笑い

科学じゃ解明不可能だ 化学じゃ解明不可能だ 輝く化け物泣き笑い 出ておいで

四星中学校 校歌

校歌斉唱一同起立 言われたとこで起立するものか これぞパンク魂四星中学 これぞパンツ魂四星中学

牡羊座『潮騒ぎ』

灯りのない部屋 愛しき顔はっきり浮かんできて 眠れない毒林檎くださいませ そして目覚めの口づけを

射手座『四星球聴いたら馬鹿になる』

下半身ロバ 上半身人間 パッと見ケンタウルス 下半身鹿 上半身馬

蛍の影 feat.橋本絵莉子

きっと電気を発明した発明家は恋をしてたんだな 夜になっても顔がはっきりと見たかったんだろう 僕のお腹を枕代わりに君は片耳つけて 付録に釣られた雑誌見ながらおもしろい音ねって 浮いてるみたいだろ

Mr. Cosmo

小宇宙と書いてコスモと読む おっさんは言い張った 「ワシは宇宙と交信できる」と おっさんは言い張った

HEY! HEY! HEY! に出たかった

Monday night 我慢できない Monday night

オモローネバーノウズ

昼夜問わず熱中した往年のパズルゲームよろしく オモンナイ出来事も3つ4つと重なれば 消えてくれるシステムを導入してよ 神様 ここ数年でぷよぷよしてきたお腹に

六文役者 ※新録バージョン

「どんなに誰かを羨ましがっても人生は交換できないの。 でもね、人生は共有できるの。今すごいいいこと言ったよ。」 アルバイト情報誌丸めた望遠鏡 遠くどころか近くも覗けない

お告げ

さあ占ってしんぜよう さあ占ってしんぜよう お告げ お告げ お告げ

蟹座『い蟹ひそ蟹したた蟹』

知ってるふりして歌うんだ 知ってるふりして踊るんだ 知ってるふりしてYeah Yeah Yeah

汗と涙の水瓶

血液型占いのA型の僕の今日のラッキーアイテムは 送る球で「送球」っていうバックプリントのTシャツ 昨日のラッキーアイテムは恥ずかしいけれど陰毛だった その前はディンガドゥンガ ディンガドゥンガって何だろう

我ら吉野川同盟だよね?

一緒に歩いた橋の上 夕日が沈むのを眺めた さよならマーチは響いても 2人は同じ色に染まる オマエの街とオイラの街

クラーク博士と僕

知らぬ間に始まった人生が知らぬ間に終わっていく モチモチの木の下で一生臆病なまま 『少年よ大志を抱け』 今の僕らにはその言葉が

HEY!HEY!HEY!に出たかった ~NEO~

歌詞公開をリクエスト!

3:00 a.m.

歌詞公開をリクエスト!

六文役者

歌詞公開をリクエスト!

直りかけのCamera

どこにもピントが合わなくなっていた僕に 「ピンボケは故障じゃないの。みんな止まってられないだけよ。」って ピースしたままで 無邪気に待っている君さ シャッターの音が閉じ込める

乙女座『蛍の影 feat.橋本絵莉子』

きっと電気を発明した発明家は恋をしてたんだな 夜になっても顔がはっきりと見たかったんだろう 僕のお腹を枕代わりに君は片耳つけて 付録に釣られた雑誌見ながらおもしろい音ねって 浮いてるみたいだろ

全て見る