1. 歌詞検索UtaTen
  2. 天童よしみ

天童よしみの歌詞一覧

全て見る

タイトル アーティスト 歌い出し

人生讃歌~渡る世間は鬼ばかり ~(TBS系ドラマ 渡る世間は鬼ばかり テーマソング)

天童よしみ 慈しむたび胸に 愛が咲くの 一期一会の人生 彩りながら

一番星

天童よしみ 逆まく波が 打ちよせて 行く手をはばむ 人生航路 負けてたまるか

なんで泣く

天童よしみ 泣くな なんで泣く たかが女ゆえ 雨にうたれ 想い出洗い流し

お座敷小唄

天童よしみ 富士の高嶺に 降る雪も 京都先斗町に 降る雪も 雪に変りは

かたおもい

天童よしみ 泣いて…泣いて 泣いてどうなる恋じゃない 知っていながら また涙 黒髪の

珍島物語

天童よしみ 海が割れるのよ 道ができるのよ 島と島とが つながるの こちら

ソーラン祭り節

天童よしみ ありがとう 母なる漁海よ 豊年万作だ 父なる大地 鳴子ならして

きずな橋

天童よしみ 風の寒さに 耐えてこそ 花は色づく 実を残す 夢を心に

北海めおと節

天童よしみ 凍りつくよな 根室の沖へ あんた夜明けにゃ 船を出す 男度胸の

あんたの花道

天童よしみ 鳶が天まで 舞い上がるには 送り風より 向かい風 夢を捨てずに

人生しみじみ・・・

天童よしみ 世間という字が 読みきれなくて つまずき転んだ うきよ坂 生きてりゃきっと

道頓堀人情

天童よしみ ふられたぐらいで 泣くのはあほや 呑んで忘れろ 雨の夜は 負けたらあかん

夕月おけさ

天童よしみ 波のしぶきか 淡雪か こころ細さを また運ぶ 女ひとりの

旅まくら

天童よしみ 誰を探して ここまで来たと 私を呼ぶよな 三陸かもめ 宮古

大ちゃん数え唄

天童よしみ 一ツ他人より力もち 二ツふるさと 後にして 花の東京で 腕だめし

花吹雪

天童よしみ 風に舞い散る 花びらが 二人に優しく 降りしきる あなたの故郷

泣かへんわ

天童よしみ あんたの心に 誰かが住みついて 出て行ったのさ この部屋を 追いかけて

人生一路

天童よしみ 一度決めたら 二度とは変えぬ これが自分の 生きる道 泣くな迷うな

梅いちりん

天童よしみ 遠い 遠い 春はまだ遠く 風に ふるえる

女のあかり

天童よしみ 咲いた花には その花の 涙もあれば 意地もある 人も同じね

涙の酒

天童よしみ 男一途の 火の恋を 何んで涙で けされよう 未練ばかりが

ひばり・・・に恋して

天童よしみ 春にみどりの 風が吹く 秋に野山が もえている 季節季節に

酒きずな

天童よしみ 一度結んだ 命のきずな 結び通して どこまでも これが二人の

枇杷の実のなる頃

天童よしみ あなたと植えた 枇杷の木に 今年も黄色い 実がなりました 同じ月日を

若いってすばらしい

天童よしみ あなたに笑いかけたら そよ風がかえってくる だからひとりでも淋しくない 若いってすばらしい

愛燦燦

天童よしみ 雨 潸々と この身に落ちて わずかばかりの運の悪さを 恨んだりして

幸せはすぐそこに…

天童よしみ ~台詞~ なんで、私だけが不幸なんだと 自分いじめをしました。 そして、"迷い子の幸せ"を探しに 私は、何度も遠い旅をしました。

女の花が咲く

天童よしみ 小雨がこの胸に そぼ降る夜は ひとりが哀しくて お酒がしみる この世の坂道

春が来た

天童よしみ あきらめかけてた 女の夢ひとつ 初めて咲きました あなたの優しさで 守って下さい

愛と潮騒に抱かれて

天童よしみ 星が降る 船のデッキで二人 遠ざかる 街の夜景を眺め 海鳥の

黒髪

天童よしみ ながい黒髪 まかせることは 女にとって 命あずけた 証です

やっぱ好きやねん

天童よしみ もう一度やり直そうて 平気な顔をして いまさら さしずめ振られたんやね あんた

タイガー&ドラゴン

天童よしみ トンネル抜ければ海が見えるから そのままドン突きの三笠公園で あの頃みたいにダサいスカジャン着て お前待ってるから急いで来いよ

旅笠道中

天童よしみ 夜が冷たい 心が寒い 渡り鳥かよ 俺等の旅は 風のまにまに

大阪そだち

天童よしみ 雨に濡れても 赤く咲く なさけ難波の 花ネオン 今は他人と

ハバネラ、恋は野の鳥

天童よしみ 恋はきままものよ 野原の小鳥さ 誰が何と言おうとてダメなときゃダメさ 言葉で口説くよりもだまってるお方さ なぜだかそうなのよ訳など知らない

旅ひとり

天童よしみ 雲が流れる 磐梯山を 写す湖水の アカザの花よ どんな遠くに

お祭りマンボ

天童よしみ 私のとなりのおじさんは 神田の生まれで チャキチャキ江戸っ子 お祭りさわぎが大好きで ねじりはちまき

哀愁列車

天童よしみ 惚れて 惚れて 惚れていながら 行くおれに 旅をせかせる

啼くな小鳩よ

天童よしみ 啼くな小鳩よ 心の妻よ なまじなかれりゃ 未練がからむ たとえ別りょと

津軽の母

天童よしみ 春は牡丹餅よ 秋は萩の餅 おしえてくれた その母は 家を守って

南国土佐を後にして

天童よしみ 南国土佐を 後にして 都に来てから 幾とせぞ 思い出します

夕焼け小焼け

天童よしみ いつでも人には 傘をさし 自分は寂しく 濡れていた 思えば母の

ハナミズキ

天童よしみ 空を押し上げて 手を伸ばす君 五月のこと どうか来てほしい 水際まで来てほしい

ひばりの佐渡情話

天童よしみ 佐渡の荒磯の 岩かげに 咲くは鹿の子の 百合の花 花を摘み摘み

星の流れに

天童よしみ 星の流れに 身を占って どこをねぐらの 今日の宿 荒む心で

無法松の一生(度胸千両入り)

天童よしみ 小倉生れで 玄海育ち 口も荒いが 気も荒い 無法一代

男の夜明け

天童よしみ 泣いて この世を 生きるより 笑って生きろと 励ました

ロンリー・チャップリン Duet With:おおい大輔

天童よしみ 遠くを見る目に 風が映る いつかそんなことがあったね 窓辺にもたれた あなたの顔

憧れのハワイ航路

天童よしみ 晴れた空 そよぐ風 港出船の ドラの音愉し 別れテープを

全て見る