1. 歌詞検索UtaTen
  2. 天童よしみ

天童よしみの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

お座敷小唄

富士の高嶺に 降る雪も 京都先斗町に 降る雪も 雪に変りは

人生一路

一度決めたら 二度とは変えぬ これが自分の 生きる道 泣くな迷うな

人生讃歌~渡る世間は鬼ばかり ~(TBS系ドラマ 渡る世間は鬼ばかり テーマソング)

慈しむたび胸に 愛が咲くの 一期一会の人生 彩りながら

きずな橋

風の寒さに 耐えてこそ 花は色づく 実を残す 夢を心に

夕月おけさ

波のしぶきか 淡雪か こころ細さを また運ぶ 女ひとりの

珍島物語

海が割れるのよ 道ができるのよ 島と島とが つながるの こちら

道頓堀人情

ふられたぐらいで 泣くのはあほや 呑んで忘れろ 雨の夜は 負けたらあかん

旅ひとり

雲が流れる 磐梯山を 写す湖水の アカザの花よ どんな遠くに

愛と潮騒に抱かれて

星が降る 船のデッキで二人 遠ざかる 街の夜景を眺め 海鳥の

酔ごころ

あきらめきれず 死ねもせず どこかに捨てたい 心の悩み お酒のしずくは…

男の夜明け

泣いて この世を 生きるより 笑って生きろと 励ました

女の花が咲く

小雨がこの胸に そぼ降る夜は ひとりが哀しくて お酒がしみる この世の坂道

北海めおと節

凍りつくよな 根室の沖へ あんた夜明けにゃ 船を出す 男度胸の

梅いちりん

遠い 遠い 春はまだ遠く 風に ふるえる

ひばり・・・に恋して

春にみどりの 風が吹く 秋に野山が もえている 季節季節に

天を貫く 檜なら 土に根を張れ しっかりと そうさ人生

明日があるさ

いつもの駅でいつも逢う セーラー服のお下げ髪 もうくる頃 もうくる頃 今日も待ちぼうけ

サンタが町にやってくる

さあ あなたから メリー・クリスマス わたしから メリー・クリスマス

愛燦燦

雨 潸々と この身に落ちて わずかばかりの運の悪さを 恨んだりして

夜明け

恋がひとつ冷めて 暗い夜が明ける ながれない堀割に 光る朝がきたわ 出て行った

人生しみじみ・・・

世間という字が 読みきれなくて つまずき転んだ うきよ坂 生きてりゃきっと

ハナミズキ

空を押し上げて 手を伸ばす君 五月のこと どうか来てほしい 水際まで来てほしい

十勝川

逢えなくなって 気がつきました あなたが私の 終着駅と 別れてつのる

人生みちづれ

うれし涙も この世にあると はじめてあんたが 教えてくれました まわり道した

風雪ながれ旅

破れ単衣に 三味線だけば よされよされと 雪が降る 泣きの十六

やっぱ好きやねん

もう一度やり直そうて 平気な顔をして いまさら さしずめ振られたんやね あんた

夜更けのトンボ

うまい言葉を 並べては 作り笑顔でくどくけど 男はいつでも ないものねだり

積丹半島

春が来たから 鰊がくると 騒ぎ始める 半島かもめ ここは積丹

俺のみちづれ

あなたの そばに いるだけで 素直になれるという女 ついて来るなら

なぜ めぐり逢うのかを 私たちは なにも知らない いつ

全て見る