天童よしみの歌詞一覧

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 天童よしみ
  3. 天童よしみの歌詞一覧

天童よしみの歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2022年6月28日

334 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

だまって俺についてこい(こちら葛飾区亀有公園前派出所 OP)

天童よしみ

作詞: 青島幸男

作曲: 萩原哲晶

歌詞:金のないやつぁ 俺んとこへこい 俺もないけど 心配すんな 見ろよ青い空

珍島物語

天童よしみ

歌詞:海が割れるのよ 道ができるのよ 島と島とが つながるの こちら

お祭りマンボ

天童よしみ

作詞: 原六朗

作曲: 原六朗

歌詞:私のとなりのおじさんは 神田の生まれで チャキチャキ江戸っ子 お祭りさわぎが大好きで ねじりはちまき

あなたに咲いた花だから

天童よしみ

歌詞:好きで別れる せつなさに やっぱり涙が あふれるわ 夢をあなたが

お座敷小唄

天童よしみ

作曲: 陸奥明

歌詞:富士の高嶺に 降る雪も 京都先斗町に 降る雪も 雪に変りは

人生讃歌~渡る世間は鬼ばかり ~(TBS系ドラマ 渡る世間は鬼ばかり テーマソング)

天童よしみ

作詞: Satomi

作曲: 羽田健太郎

歌詞:慈しむたび胸に 愛が咲くの 一期一会の人生 彩りながら

憧れのハワイ航路

天童よしみ

歌詞:晴れた空 そよぐ風 港出船の ドラの音愉し 別れテープを

美しい昔

天童よしみ

作詞: SONTRINHCONG ..

作曲: SONTRINHCONG

歌詞:赤い地の果てに あなたの知らない 愛があることを 教えたのは誰? 風の便りなの

関東春雨傘

天童よしみ

作詞: 米山正夫

作曲: 米山正夫

歌詞:関東一円 雨降るときは さして行こうよ 蛇の目傘 どうせこっちは

5時の汽車で

天童よしみ

歌詞:5時の汽車で私は 一人でこの街出て行くわ あなたが望んだことだけど 私は心を残して 5時の汽車が出たあと

ああそれなのに

天童よしみ

作詞: 星野貞志

作曲: 古賀政男

歌詞:空にゃ今日も アドバルーン さぞかし会社で 今頃は おいそがしいと

道頓堀人情

天童よしみ

歌詞:ふられたぐらいで 泣くのはあほや 呑んで忘れろ 雨の夜は 負けたらあかん

九段の母

天童よしみ

作詞: 石松秋二

作曲: 能代八郎

歌詞:上野駅から 九段まで かってしらない じれったさ 杖をたよりに

黒髪

天童よしみ

歌詞:ながい黒髪 まかせることは 女にとって 命あずけた 証です

人生の並木道

天童よしみ

歌詞:泣くな妹よ 妹よ泣くな 泣けば幼い 二人して 故郷をすてた

天童よしみ

作詞: 松井五郎

作曲: 平尾昌晃

歌詞:はじめは誰も 脆い種 芽が出るまでは 知る人もない 時雨に打たれ

残波

天童よしみ

歌詞:旅の人に 恋をして 泣くだけ泣いたら あの娘はひとり 風に舞い散る

種子島カモネ音頭

天童よしみ

作詞: 石原一久 ..

作曲: 山田年秋

歌詞:大隈海峡 はるばる越えて 船が来る来る 馬毛島沖に 晴れて

啼くな小鳩よ

天童よしみ

歌詞:啼くな小鳩よ 心の妻よ なまじなかれりゃ 未練がからむ たとえ別りょと

港町十三番地

天童よしみ

歌詞:長い旅路の 航海終えて 船が港に 泊る夜 海の苦労を

酒きずな

天童よしみ

歌詞:一度結んだ 命のきずな 結び通して どこまでも これが二人の

ランナウェイ

天童よしみ

歌詞:ランナウェイ とても好きさ 連れて 行ってあげるよ ふたりだけの

ソーラン祭り節

天童よしみ

作詞: 水木れいじ

作曲: 若草恵

歌詞:ありがとう 母なる漁海よ 豊年万作だ 父なる大地 鳴子ならして

有楽町で逢いましょう

天童よしみ

作詞: 佐伯孝夫

作曲: 吉田正

歌詞:あなたを待てば 雨が降る 濡れて来ぬかと 気にかかる ああビルのほとりの

オトッペおんど

天童よしみ

歌詞:はぁ~あ~~~~ (あ ソーレ) カンっと かんがなる

大ちゃん数え唄

天童よしみ

歌詞:一ツ他人より力もち 二ツふるさと 後にして 花の東京で 腕だめし

日の出前

天童よしみ

歌詞:むらさきの…空のむこうで待っている 希望という名の 太陽が 決めたら行こう 歩いて行こう

ハバネラ、恋は野の鳥

天童よしみ

作詞: HENRY MEILHAC ..

作曲: GEORGES BIZET

歌詞:恋はきままものよ 野原の小鳥さ 誰が何と言おうとてダメなときゃダメさ 言葉で口説くよりもだまってるお方さ なぜだかそうなのよ訳など知らない

うち、歌がすきやねん

天童よしみ

作詞: 麻こよみ

作曲: 杉本眞人

歌詞:うち 歌が好きやねん 心弾みときめく時 口ずさむメロディ うち

一期一会

天童よしみ

歌詞:明日を手さぐり 足踏みしても うしろだけは 向いちゃだめ 世渡り下手と

ロンリー・チャップリン Duet With:おおい大輔

天童よしみ

歌詞:遠くを見る目に 風が映る いつかそんなことがあったね 窓辺にもたれた あなたの顔

いのちの詩

天童よしみ

作詞: 坂口照幸

作曲: 大谷明裕

歌詞:アーアー アアアアー アーアー アアアアアー

あんたの花道

天童よしみ

歌詞:鳶が天まで 舞い上がるには 送り風より 向かい風 夢を捨てずに

涙の破片

天童よしみ

歌詞:冷たい雨に 咲く花が 夜空を見上げ 泣いている

青い山脈

天童よしみ

作詞: 西條八十

作曲: 服部良一

歌詞:若くあかるい 歌声に 雪崩は消える 花も咲く 青い山脈

夫婦あかり

天童よしみ

歌詞:うれし涙で 暖簾をかけて 両手あわせる 浪花の春よ 夫婦あかりは

星影のワルツ

天童よしみ

作詞: 白鳥園枝

作曲: 遠藤実

歌詞:別れることは つらいけど 仕方がないんだ 君のため 別れに星影の

郷愁 ~われ立ちて~

天童よしみ

作詞: 坂口照幸

作曲: 杉本真人

歌詞:ふるさとの 山の緑よ 海の青 昨日につづく 今日もあろ

風が吹く

天童よしみ

歌詞:オレが生まれた あの村は 海山千里に風が吹く さらば さらばと風が吹く

ふたりの船唄

天童よしみ

作詞: 水木れいじ

作曲: 若草恵

歌詞:花と嵐の 人生ふりむけば 波の数ほど 苦労もありました 笑い話に

愛ちゃんはお嫁に

天童よしみ

作詞: 原俊雄

作曲: 村沢良介

歌詞:さようなら さようなら 今日限り 愛ちゃんは太郎の 嫁になる

ふるさとの燈台

天童よしみ

歌詞:真帆片帆 唄をのせて通う ふるさとの 小島よ 燈台の岬よ

むかい風

天童よしみ

歌詞:泣いた涙は夜風が払う いいえ女の 意地でふく 別れ 潮時

おまえに惚れた

天童よしみ

歌詞:俺にきめろよ まよわずに 言って振り向きゃ ついてくる 惚れた(惚れた)

人生一路

天童よしみ

歌詞:一度決めたら 二度とは変えぬ これが自分の 生きる道 泣くな迷うな

旅姿三人男

天童よしみ

作詞: 宮本旅人

作曲: 鈴木哲夫

歌詞:清水港の 名物は お茶の香りと 男伊達 見たか聞いたか

カッコ悪いね(ジャジーバージョン)

天童よしみ

作詞: 吉田芳美

作曲: 大谷明裕

歌詞:日に焼けた畳に あんたの煙草跡 あほやねん もう泣かへんと決めたのに 胸に揺れる涙

ふるさと銀河

天童よしみ

作詞: 水木れいじ

作曲: 若草恵

歌詞:泣いた数だけ 幸せやると 肩を抱きよせ 誓ってくれた そんな大事な人ならば

夕焼け小焼け

天童よしみ

歌詞:いつでも人には 傘をさし 自分は寂しく 濡れていた 思えば母の

織田作之助原作「夫婦善哉」より 蝶柳ものがたり

天童よしみ

作詞: 吉岡治

作曲: 岡千秋

歌詞:憂き世算盤はじいてみたら、 苦労七分に仕合わせ三分。 お釣りもこない才覚を、 値切ったあげく添わせておくれと願かける。 この世は人生紙芝居、泣いて笑ろうて、

天童 よしみ(てんどうよしみ、本名:吉田 芳美、1954年9月26日 - )は、日本の女性演歌歌手である。 wikipedia