1. 歌詞検索UtaTen
  2. BUCK-TICK

BUCK-TICKの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

ノスタルジア -ヰタ メカニカリス-

人には解らぬ言葉を遣い パンタグラフのスパークを食べ トワイライトのプラザをキュビズムで歩く まなざしが視るのは 数光年先のはくたちの後姿

GUSTAVE

お髭がくるくるCool おしゃれさんだね 真夜中過ぎのパーティー Heroine決めて しっぽおっ勃てたら

零式 13型 「愛」

HELLO, 天使ノ声ガ 聴コエル HELLO, オマエハダレダ

IGNITER

天上太陽 中空我雷電 地上火天怒焔 天上太陽 中空我雷電

胎内回帰

Melody あなたの鼓動 Harmony 胎内の爆音

光の帝国

ナイトポーターが視ていた巨大な歯車と アンモナイトの記憶の奥で動く錆びた夢の 中で空中回転した 土星が棲んでいる

ゲルニカの夜

星屑 掻き集めて 街角の映画館ヘ 大好きな兄と二人さ 夜のスクリーン

どうして生きているのか この俺は そうだ狂いだしたい 生きてる証が欲しい (神経は落ちてくばかりで

MOON LIGHT

Moon-light あやしい暗闇 ドレスに変えて Star-dust うそを散りばめ氷の街へ

羽虫のように

天使たち 低空飛行 ぎこちなくて 笑う 宙ぶらり

GHOST

月夜の恋は闇に潜む 真昼の空 踊れやしない 赤い血だけが欲しいだけだ

MAD

僕は狂っていた ひざをかかえながら 傷をなめていた 汁を垂らしながら 逃げ出すサイレンの渦

Solaris

ある日 蝶蝶になって ある日 海をゆく ある日

BABEL

暗黒宇宙 わたしは無である 森羅万象 月夜に嫋やかに

美醜 LOVE

美が切れ味を増して おまえを愛しているぜ ほら君は素敵 だからここで溶けて 死が切れ味を増して

PINOA ICCHIO - 躍るアトム -

あのキマイラはジャカロープ 月に棲む hybrida 雑ざり合ってはいけない そう

見えない物を見ようとする誤解 全て誤解だ

(セリフ) どうしたんだ この世は どうしたんだ 人間は

悪の華

遊びはここで 終わりにしようぜ 息の根止めて Breaking down

Moon さよならを教えて

泣いていたのかしら もう涙は枯れたのに あなたに触れたい ああこの宇宙 あなたに

独壇場 Beauty

Yeah Yeah 独壇場 Beauty 孤独

GIRL

夏の終わりの空のように 君を見ていると 何だかそう とてもいい予感がするんだ

Ophelia

春は誘って 君は風に舞って 花はそよいで 手招いて麗らかに 夏は夢夢

薔薇色十字団 -Rosen kreuzer -

薔薇色十字団 薔薇色レジスタンス 薔薇色十字団 愛の殉教者

夢幻

舞い上がる体 愛のシンフォニー ああ生まれる あなたが手を振る 波の彼方

ZERO

このまま雨になればいいさ 震えた体を 撃ち抜く 俺の中には 赤の目覚め

BOY septem peccata mortalia

Superbia Avaritia 冗談じゃ無い Luxuria Ira

THE SEASIDE STORY

太陽の下を 貴方と歩きたい ちょっと痛いけど どうってことないわ 太陽の下を

世界は闇で満ちている

空っぽの空 見上げてた 鳥が啼き 陽が射した そこでそうして君は夢

TOKYO

Woo No No No No

樹海

今夜もひとりでBaby 夢の夢の記憶 闇に迷い 沈みゆく

全て見る