1. 歌詞検索UtaTen
  2. ゆず
  3. ゆずの歌詞一覧

ゆずの歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2021年6月14日

288 曲中 201-250 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

つぶやき

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:一体どれくらいの争いがあったんだろう 何かを探し求めていた 心もないのにいつだって笑顔を作ってみたりしてさ 何だか悲しいね

ワンダフルワールド

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:機関銃を抱きしめて眠る子供が 荒れ果てた大地で夢を見る頃 まばゆい朝の光に包まれた少女は 優しい母の声で目を覚ます

ウェイトレスとお客さん

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:仕事の合間を抜け出して 僕はいつもの喫茶店へ 昨日は少し飲み過ぎた 渋いコーヒーが腹に染みる

朝もや

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:丘の上から 風が吹き抜ける 何度も来たこの場所から かすんでゆく町の色 違う明日を唄にのせてみれば

てっぺん

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:六大学出のインテリの坊ちゃんには 四回死んでも分かんねえだろうけど お前らがトップにいるのなら この世のトップにいるのなら 進む道はただひとつ“最強のバカ”になってやる

連呼

ゆず

作詞:岩沢厚治..

作曲:岩沢厚治

歌詞:久しぶりに会った友達が 何かヤな奴に変わってたよ いい奴だったのに その友達はこう言ってたよ 「お前全然変わってないね」って

ところで

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:時々僕はここへ来て 雨雲が抜けるのを待ってる 雨降る晩は悲しくても 明日が晴れればそれでいい

~風まかせ~

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:鏡の中曇った笑顔の僕を見た 優越感を食べたせいなのかなんてチョットね いつの間にか大切なのは 自分だけになっていた

灰皿の上から

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:灰皿の上にため息を吹きかけて 想像の風にくるまって背中を丸める のうのうとここまで今日もまたやって来た 明け方の空を眺めていつもの様にここに居る

悲しみの傘

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:玄関の隅に少し大きな傘が掛けてある 照れ屋の君は普段は手も繋げないのに 雨が降る時はいつも僕を町へ連れ出して その日ばかりは嬉しそうに僕の傘に入ってきてたね....

日だまりにて

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:久しぶりだよこの町を歩いてる 風はまだ春の訪れを 僕に教えてくれないのに ついさっきまで一緒に居た憂鬱な心は

空模様

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:泪色の空を見上げながら二人 訳もなく笑い転げて 意地っ張りのあなたの寂しげな肩が やけに優しく見えた

もうすぐ30才

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:近所のコンビニ行ったら 新しく入った店員さんが可愛いくて 何がある訳じゃないけど 決まった時間に通ってみる

旅立ちのナンバー

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:向こうに遙か ぼんやりと見える どこまでも続き すぐに見えなくなって 微笑み交わす

ウソっぱち

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:もうあれからどの位 歩き続けて来ただろう 時はいつでも一瞬に 目の前を通り過ぎてゆく いつもの様に君は唄い

リアル

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:通り雨が過ぎるまで ここにいるよ君と 気付かなかった事に気付いたりする ここが天国じゃなくても 君と出会えた喜びを

スナフキン

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:悲しみに暮れそうな夜更けに 僕は今日も街へ繰り出して 何気なく空を見上げたら ギターをかき鳴らし唄うよ

冷めたコーヒー

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:土曜の夜だってのに この僕ときたら 喫茶店の二階の窓から見える街を眺めては ため息を一つ吐いては また一つ吐いて

ヒーロー見参

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:偽りとワリ合わず 進む世界の裏側へと 留まらずただ過ぎゆく二つの光 スキマ振り向くスキに逃げ出したのさ

チェリートレイン

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:大切な友達がそれ以上になった日 君が初めてママに嘘ついた夜 僕らは大人になったんだ 朝焼けの空

一っ端

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:「最近どう?」ってお前が電話くれるのはいっつも どうしてこんなにタイミングの悪い時ばっかで 「ギリギリどうにか生きてはいる」とグチるたび わかるよ どうにもならない日がお前にもあんだろう

女神

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:大きなおなかを抱えながら 元町口で君は笑ってた 僕は訳もわからず泪が出そうで ただ君を見ていた 出逢ってからずいぶん経って

心の友よ

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:たとえばどこかの町の片隅で あなたが悲しみに出会ったとしても たとえば誰かに些細な事で 信じる気持ちを奪われたとしても 遠くにいたって

GOING HOME

ゆず

作詞:ゆず

作曲:北川悠仁

歌詞:どれくらいの時間が過ぎたろう どれほどの泪を流したんだろう 通り過ぎてった幾つもの足跡 行くあてを探す度立ちつくす 夢を見ていたあの日の僕等

地下街

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:木漏れ陽が眩しい10月晴れた午後 今はなんにもしたくない ただ風にすべての答えをゆだねてる 知りたくないことも 沢山あるけれど

なにもない(ハードル ED)

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:失くしたものを探し歩いている 誰かにそっと言いたくても 「そんなに急いで何処に行くの?」と そうだねアイツの言うとおりかもね

わだち

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:色んな人が色んな事を言う 人それぞれ意見はあるよ 時にはそれを受け入れよう 時にはそれを聞き流してしまおう 遠くの方で僕を呼んでいる

白鳥

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:きっとまた会えるよね 約束したものね そしてまた生命は繰り返されてゆく いっぱい泪が出て 尽きる事ないくらい君の話をしたよ

積み木ゲーム

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:純情可憐なそんな言葉も 朝が来ればすぐに消えちまう 月日が経つのは早いものさと すぐに確かなもの見失う

蛍光灯の先

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:夜明け前の駅をふらつく 当たり前だけど 誰も居なくて 落とした目線をふいに凝らす

シュミのハバ

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:友達はいつでも いいもんだ あんな事や こんな事 一緒にだったらコワくない

グッドモーニング

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:グッドモーニング 昨日までの雨がまるで 嘘みたいに 晴れわたる青空 グッドモーニング

カーテンのせい

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:遠回りの日曜日 今日は何をする? テレビも最近つまんなくなったし 天気が良いかカーテンのせいで分からない いつも昼なのか夜なのか

ふくろ

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:言ってる事とやってる事が こんなにも違うんだね だからと言って心配なんてしない 間違っても口になんて出せない

運転技術の向上

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:どこでも行けるさ 振り出しが始まり それでもなけなしのコート羽織って進むのさ 何も欲しがらない 期待とか不安とか

桜道3

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:桜道を君と駆け足で登った 振り返った町がほんの少し変わってた 子供の頃転んでひざを擦りむいた ふいにそんな事想い出した春のある日

3番線

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:どうにかなるさってカッコつけて楽してても いつか決まってやってくるのは総決算 先週こないだなんて話にらちあかず 最終的にはごった返しの3番線

月影

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:月影見つけたよ 君も見てるかな… 涙かくしながら歩く ちっぽけな夜に 君に言われたサヨウナラを何度となく思い出す

みぞれ雪

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:なんとなく空回り すれ違いは増えていく一方 交わす会話も仕事の話ばっか これじゃまるでキョウダイ それはちょっとした問題?

ぼやき電車

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:電車はゴトゴトガタガタと 怒りと葛藤を乗せて走る 電車はゴトゴトガタガタと 行き先は天国か?はたまた地獄か? 君は君がとても好きでそんな君が羨ましいよ

ほんの一時間前

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:ほんの一時間前まで自分の事をグレートだとのぼせていた だけどどうだいこんなにも自信を無くしている ほんの一時間前まで君に逢いたくて仕方なかった だけどどうだい一人も悪くないさと想っている こんがらがったチエノワ

ユーモラス

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:時々僕等はひどく落ちこんだりして 穴蔵の中に逃げこんだりしてしまう モグラになってしまったら太陽さえも恐くなって なかなかそこから抜け出せなくなるのさ 本当はそんなに難しくない話でさえも

かえるのご帰宅

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:向きあって見つめあう 恋人達が溢れ それに比べ僕は まるでかえるのご帰宅さ 言葉より大切な物ってなあに?

昨日の俺は俺にあらず

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:昨日の俺は俺にあらず 昨日の俺は俺にあらず 昨日の俺は俺にあらず 昨日の俺は俺にあらず

手暗がりの下

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:手暗がりを味方につけて いつもこんなんだ それ以上でもそれ以下でもないさ 一体どうなんだ 夜は平気で寝てる小鳥

夕暮れどき

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁/寺岡呼人

歌詞:並木道を歩けば黄昏の空に ささいな事もはるか昔の様に思えるけど 寄り添う君が一つ微笑む度に 僕は僕である事に気が付くんだよ

3カウント

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:期待通りの雨に打たれ 成す術もなく 立ちすくんでる そう いつものことさ

仮面ライター

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:古びた町角の小さな今にも壊れそうな骨董品屋で 丈夫そうだが気味の悪い笑い顔の仮面を買いました 心の中まで覆い隠せると店主の老人は言葉をはずませる 自分の胸の内を晒すのが恐いから誤魔化せそうなその仮面を買いました

ガソリンスタンド

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:夕暮れの空の匂いがした 近づくと無くなりそうで恐かったから そっと立ち止まり信号が青に変わると 押し流される様に僕は進む事しか出来なかった

ねぇ

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:霧は晴れないまま遠のいてゆく街のざわめきため息は続くよ 無意味な時間の中に身をまかせてはまた自分を誤魔化して笑う この頃じゃ何も信じる事が出来ず どうにかなってしまいそうな毎日を過ごしてる

ゆずは、日本のフォークデュオ。セーニャ・アンド・カンパニー所属。公式ファンクラブ名は「ゆずの輪」。 wikipedia