1. 歌詞検索UtaTen
  2. ゆず
  3. ゆずの歌詞一覧

ゆずの歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2021年6月14日

288 曲中 251-288 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

気になる木

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:葉っぱの無い木を見たんだ 国道を一本それた通りで 何かをうっとうしく感じているのか それとも待ちくたびれたのか

新しい朝

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:遠くへ行きたいからしばらくここには戻らない 何も泣くことなかったんだけど 誰も知る事のない新しい空が見える 溢れ出す涙を道しるべに

午前九時の独り言

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:誰だって自分を認めて欲しくて 誰だって自分を分かって欲しいけれど まずは自分自身が認めてやり分かってやることさ 嘘はつかないほうが良い

ダーリン

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:小さな事ですぐ悩む僕を 「大丈夫」って君が何気なく笑ったなら 冬の風は今日もずいぶん冷たいけれど どうにかなるさと不思議と想えた

シャララン

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:通い慣れてたこの道が やけに懐かしく想えます 吐く息は白く冬近く 離れてる間はとても不安です こっそり逢ってた夜の公園

Theme~ひと夏のゆずマン~

ゆず

作詞:北川悠仁/寺岡呼人

作曲:寺岡呼人

歌詞:空の下で一人ボッチ 波の音だけが聞こえる あてもないまま この場所へ来たよ

かまぼこ

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:イカサマみたいな時計に騙されて カマボコみたいな電話の音で 「おはよう!」目が覚めてからが 駆け引きの始まり始まり もう幕はとうに上がってた

真夏の太陽

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:又同じいつもの暗闇に 震えている心と身体 どれだけ悔やんでも 消せない事実もある

葉月の雨

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:悲しい夢を見たのかい?震える瞳の奥に 知る事のできない痛みを 僕には教えてくれないかい? 限りある命の中で

向日葵ガ咲ク時

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:南風が君の髪なびかせて 緩やかに夏が歩んでくる Oh Oh 慌ただしい毎日を

人生芸無

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:そんなに簡単に創り出したルールを 一体誰が壊せるというのか 僕はたまらず一瞬をほうばり 知らないうちに罪と罰に並ぶ

ぼんやり光の城

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:工場の煙は今日も白く空へ昇り あれが雲を作ってんだって本気で思ってた 飛行場のそばのいつもの帰り道 何とかって言う名前の有料高速道路さ

おやすみ

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:花瓶に咲く花を眺めて見ては一人呟いてる ここに二人いたことも聞こえないふりの夜なんです 認めない事とそれとも戻れない場所を選んで 一つ先の路地を曲がりあなたに会えた事も

ジャニス

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:後先考えない言葉や行動に いつも振り回されて 何だかヘトヘトになってる僕だけど 時々ふと君さえいれば何も要らないなんて

くず星

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:何も 僕にはできないと 決めつけては 下を向き 歩いていた

オーバー

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:愛してる 愛してる 理由なんていらない 誰になんて言われても構わない ただ君に触れていたい...

終わらない映画

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:似かよった同じ様な毎日を 終わらないこの映画と一緒に進んで行くのさ 人に言わせれば何かが足りない 僕に言わせれば何かな「足りない」が足りてない

「バイバイ」

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:「バイバイ」 また逢えるのかな? そっと「バイバイ」 話をしようよ ねぇ

始まりの場所

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:この町に潜んでる 場違いな勘違い 「どっちでもいいよ」と 誰もが口走る Ah

傍観者

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:(Ah!!) 横目でチラリ そこの傍観者 アンタに構ってる ヒマ無いよ

待ちぼうけ

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:予報通り晴れわたり雨は降らないという このままいけば今年一番の晴れの日になるらしい 強い日差しをうけて 染み込む様に入ってくる太陽を今感じてる

未練歌

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:未練歌..... 時に僕は君のその優しさに甘え 自分勝手な思考に身を委ねていました 安定した日常に腹をすかして

踏切

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:昨日の夢 流行の唄 君の言葉 響く靴音 町のざわめき踏切の前立ち止まり

朝もやけ

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治/寺岡呼人

歌詞:薄明りの下 今日も一秒ごと押し出されて わがままな体と今にも落ちてきそうな現実 朝の光から伸びてきた手の平の上で寝転んでいる... 一体何をやってんだ!?

ルルル

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:大好きなあの娘へ初めての電話 高鳴る胸を抑えて受話器を握る 本日話す内容は全て薄っぺらの紙の上 キレイに箇条書をして準備はばんたん

出口

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:何もなかったら本当に こんなに苦しまずに済んだのに だけど僕は君と出会った はじめから決まっていたのか?

帰り道

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:向こうに見えた人影せわしなく 一日の終わりを告げる 歩道橋の上で流れゆく車見ながら 家に帰るだけさといつも僕はひとり言

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:今あなたは自分の夢を誰かに語れますか 「生きてる」という大事な言葉をどこかに置き忘れてる このまま冷たい風が僕らを包み込んでも 吠えているいつも僕らの中で「前へ進むだけの力が欲しい」

四時五分

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:(ハイ ハイ ハイ) どうしようもなく くたびれる毎日でした

以上

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:悲しいくらいに雨が強くて布団にくるまって震えてた こんな日に限って電球の玉が一つ切れていて心を重たくする 汚い事が多すぎて ギスギスするのが増えてきてる

手紙

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:真赤な空の日の下り電車 僕は君からの手紙読み返しています 最近は僕の周りもやけに 慌ただしくなってきています そんな時君の優しい丸文字が頭からつま先まで染みわたってく…

ソウロウ

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:ボクハ今何ガシタイノ? 頭ガ痛クナッテキチャウゼ! 明日雨ナラ君ニ逢ウヨ 一人ジャジメジメシチャウゼ!

大バカ者

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:6月に入る梅雨の季節がやってくる 今夜半にも嵐が来るという おとなしく今日のところは眠っとこうか? 午前3時じゃ寝るにはまだ早すぎるのかい?

いこう

ゆず

作詞:ゆず

作曲:岩沢厚治

歌詞:いこう いこうよ 焦らずにいこうよ いこう いこうよ

春三

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:時には風に吹かれて 考える事もなく 廻る世間を見ていても 損した気にならない 丘の上見た景色は鈍より雲ってて

遊園地

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:ここの所降り続く雨は 何故か悲しい風の匂い 何をするにも手につかず ひきつった笑顔の君を見かけた

する~

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:カッコつけた事は言えないけど oh! 君が好きだよ する~ する~

ろくでなし

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:そう 今まで聞いた事も 初めから見たこともない あぁ くだらない

ゆずは、日本のフォークデュオ。セーニャ・アンド・カンパニー所属。公式ファンクラブ名は「ゆずの輪」。 wikipedia