1. 歌詞検索UtaTen
  2. アンダーグラフ
  3. hana-bira歌詞

2005.6.15 リリース

「hana-bira」の歌詞 アンダーグラフ

作詞
真戸原直人
作曲
真戸原直人
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
きみぼくのことさそったあのよるなつそらはな二人眺ふたりながめた
二人距離ふたりきょりをそっとめるのひらに つよやわらかなおもいましんじた

いつもわらない二人ふたりでいよう そんな事考ことかんがえてたぼく
綺麗きれいえる場所ばしょじゃなくてもいいよ」って 「二人ふたりでいれたらいいから」って

はじけてえたhana-bira きみらされた ぼくはそれてた
いつまでぼくきみのことをまもっていけるのかな

家路急いえじいそした 人達ヒトけてみて しずかなブランコで二人小ふたりちいさくあかりをともす

さきちたら なにをしようか」そんなことしたきみ
ぼくおもいは言葉ことば出来できず「どうかえないで」そうねがうだけで

きみひとみうつ花火ヒカリ 二人ふたりつつしろかべ
いつまでぼくはこの時間じかんごせていれるのかな

言葉ことばよりずっとたしかなもの つたえることにれてないけど
上手うまきみたせれますように

はじけてえたhana-bira きみらされた ぼくはそれてた
いつまでぼくきみのことをまもっていけるのかな
こたえなんてモノわからない いつもわらないぼくきみがいて
えないなにおおきなものにつぶされぬように

はな-びら/あんだーぐらふ

アンダーグラフの特集