哀愁港 歌詞 田川寿美 ふりがな付

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 田川寿美
  3. 哀愁港歌詞
よみ:あいしゅうみなと

哀愁港 歌詞

田川寿美

2008.6.18 リリース
作詞
悠木圭子
作曲
鈴木淳
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
おもすまい二度にどこころめて
とおはなれた はずなのに
おんなひとりの かなしさを
こらえれずに けて
よる波止場はとばつめたいかぜ
こおりつくよに むね

おれ一緒いっしょじゃ いつか 不幸ふこうになると
すがるわたしけた
いまこころみついて
くら波間なみま面影おもかげ
えてかんで またえてゆく
未練みれんせつなく のこ

こいのぬけがら何処どこてればいいの
あなたにあげた このいのち
まれわって もう一度いちど
めぐりえたら そのとき
せたぶんだけ あいしてしい
ゆめもはかなく なみ

哀愁港 / 田川寿美 の歌詞へのレビュー

男性

馬骨

2022/06/11 19:47

恋は行きつ戻りつ水に浮かんだ笹の船・・思い出すまい二度と心に決めて遠く離れた筈なのに、女一人の哀しさを、堪え切れずに泣けてくる・・俺と一緒じゃ不幸になると縋る私に背を向けた人・・会わぬと決めたそばから逢いたい・・今度逢えたら痩せた分だけ愛して・・歌を聞いてる私は何故男が俺と一緒じゃ不幸になる言ったのか分からないが、不幸でも何でも恋が成就すれば幸せなのであるから、後ろを向けた背に、付いて行っちゃえば良かったと思う・・

みんなのレビューをもっとみる

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:哀愁港 歌手:田川寿美