田川寿美の歌詞一覧

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 田川寿美
  3. 田川寿美の歌詞一覧

田川寿美の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2022年6月25日

60 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

女人高野

田川寿美

作詞: 五木寛之

作曲: 幸耕平

歌詞:ひとりで行かせて この奥山は 女人高野と 申します 愛も

ふたりの縁

田川寿美

歌詞:この世で会いたい 人が居る だから私は ねぇ…生まれてきたの 紅い縁の

鈴虫

田川寿美

歌詞:月がきれいな 夜でした 少しお酒も 呑みました あの日をそっと思い出す

花一輪

田川寿美

作詞: 仁井谷俊也

作曲: 幸耕平

歌詞:こころが冷たい なみだが苦い 別れてしみじみ 知らされた 髪にこの手に

季節は流れても

田川寿美

作詞: 悠木圭子

作曲: 鈴木淳

歌詞:あなた…どうぞ…思い出してよ あの日二人で砂を枕に星空見ていた 波の音は子守唄のように 流れ星が一つ海に消えて つなぐ手と手に夢を預けて

相惚れしぐれ

田川寿美

作詞: もず唱平

作曲: 岡千秋

歌詞:呑んでいいけど 深酒およし 身体を厭えと叱った男 あんたの笑顔に 心がゆるみ

心づくし

田川寿美

作詞: 坂口照幸

作曲: 大谷明裕

歌詞:惚れたときから 苦労ができる 洗いざらしの 生き方が好き いつもあったか

約束

田川寿美

作詞: 仁井谷俊也

作曲: 幸耕平

歌詞:あなた何処にいるの 心がこわれそう ひとりで夜空を 見上げてみても あなたは帰らない

越前道行

田川寿美

作詞: 池田充男

作曲: 市川昭介

歌詞:行けば恋路は 荒磯づたい 戻れば別れの 東尋坊 東尋坊

雨あがり

田川寿美

歌詞:涙に七色 あるのなら うれし涙は きっと幸せ恋の色 結び直した

風岬

田川寿美

作詞: 悠木圭子

作曲: 鈴木淳

歌詞:ひゅう ひゅう ひゅう ひゅる ひゅる

一期一会

田川寿美

作詞: いではく

作曲: 幸耕平

歌詞:人はいつも 誰かと出会い 誰かと別れ くり返すでしょう 川に流れる

田川寿美

歌詞:誰が会わせた 引き寄せた そして渡った あぁ…恋の橋 戻れなかった

恋はひといろ

田川寿美

歌詞:愛しても 愛しても あなたいじわる罪な人 男と女は しょうがないものね

なみだの港

田川寿美

作詞: 悠木圭子

作曲: 鈴木淳

歌詞:生きてあなたを 憎むより いっそ死にたい この海で 弱い女を

後ろ雨

田川寿美

歌詞:あなたがくれた 幸せが 心の中に 沁みてます わたし

女…ひとり旅

田川寿美

作詞: 悠木圭子

作曲: 鈴木淳

歌詞:北のはずれのこの町へ いつかふたりで行こうと 旅行ガイドの写真見ながら 肩に甘えたあの頃 凍る夜汽車の窓から

誰も泣きたい時代だね

田川寿美

作詞: ちあき哲也

作曲: 幸耕平

歌詞:ひとり飲む酒 身を知る酒よ ここでいつまで 待てとやら… 次へ次へと途切れぬ歌も

花になれ -うめ さくら あやめ あじさい ひがんばな-

田川寿美

作詞: 阿久悠

作曲: 堀内孝雄

歌詞:夢見て生きた はたちのように わたしは花だと いわれたい 時代の風に

春よ来い

田川寿美

作詞: 石原信一

作曲: 幸耕平

歌詞:涙をかかえて 生きるより 微笑って恋する 女です 好いて好かれて

華観月

田川寿美

歌詞:水の鏡を 朱に染める 沈む夕陽の 紅い帯 燃える心が

冬の日本海

田川寿美

作詞: 悠木圭子

作曲: 鈴木淳

歌詞:北の海は荒れて波の 飛沫が頬を打つ 海岸線の灯りが揺れて 貴方の面影消えてゆく はぐれ鴎が一羽

雨の連絡船

田川寿美

歌詞:二日遅れて 船に乗る 思い切れない この心 たった一夜の

しゃくなげの雨

田川寿美

歌詞:北鎌倉の 改札出たら 心の整理 つきました しあわせ芝居

みれん海峡

田川寿美

作詞: 悠木圭子

作曲: 鈴木淳

歌詞:行かないで… 行かないで 一人じゃ生きては いけないわ こんなか細い肩だから

港の迷い雪

田川寿美

作詞: 石原信一

作曲: 幸耕平

歌詞:別れ言葉も 残さずに 夜明け出船で 消えた人 面影桟橋

風ぐるま・恋唄

田川寿美

作詞: 悠木圭子

作曲: 鈴木淳

歌詞:冬の海は荒れて 遠く岬がかすむ 弱い心 叱るように 風がこの頬

哀しみにさようなら

田川寿美

作詞: 悠木圭子

作曲: 鈴木淳

歌詞:地図にないふるさとの 小さな寂しい無人駅 季節はずれの 粉雪が 涙と一緒に

北の港駅

田川寿美

作詞: 悠木圭子

作曲: 鈴木淳

歌詞:好きだから離れても 必ず帰るよと ふるえる私を 抱きしめた 何もかも捨てゝ貴方の後から追いかけて

哀愁港

田川寿美

作詞: 悠木圭子

作曲: 鈴木淳

歌詞:思い出すまい二度と 心に決めて 遠く離れた 筈なのに 女ひとりの

海鳴り

田川寿美

作詞: 悠木圭子

作曲: 鈴木淳

歌詞:こんな別れが 来るのなら あなたとは… めぐり逢わずに いたかった

夢航路

田川寿美

歌詞:カモメ鳴く度 心が時化る 風は襟足 巻きあげる 船よどうして

こぼれ月

田川寿美

作詞: 坂口照幸

作曲: 大谷明裕

歌詞:紅を拭きとる グラスの淵に 写る寂しい こぼれ月 冬の恋でも

海峡みなと駅

田川寿美

作詞: 里村龍一

作曲: 岡千秋

歌詞:海峡のみなと駅 乗りつぐ船も無く 吹雪の桟橋で 旅路の朝を待つ あなじ夢みて

東京ワルツ

田川寿美

歌詞:ひとりになって ひとりで泣いて 大事な人がわかったの あなた今夜は どこにいる

心化粧

田川寿美

歌詞:ひとりで生きては 行けないくせに ひとりで生きてる 私はばかね 髪を

哀愁酒場

田川寿美

作詞: 藤原良

作曲: 大谷明裕

歌詞:さいはての さいはての岬 北にかくれたあの人の 哀愁酒場 おんな徳利に

倖せさがし

田川寿美

歌詞:水が流れる 涙が流れる 夢も流れる 夕暮れ忍び川 今日も二人は

女の舟唄

田川寿美

作詞: 石原信一

作曲: 幸耕平

歌詞:うねる荒波 身をあずけ 北へ北へと 木の葉舟 すてに来ました

霧笛

田川寿美

作詞: 悠木圭子

作曲: 鈴木淳

歌詞:連れて行ってと 云えないまゝで 船は出てゆく あなたを乗せて 女に生まれた

愛情行進曲

田川寿美

作詞: 松井由利夫

作曲: HAMA ..

歌詞:広い世界で わたしだけ あまえて「あなた」と 呼べるのは あなたの

雪が降る

田川寿美

歌詞:夏に旅した 海の町 今日はひとりの 尋ね人 愛されたいと

浅野川恋唄

田川寿美

作詞: 五木寛之

作曲: 山崎ハコ

歌詞:暮れてゆく 北の街 なつかしい 金沢 浅野川

月の宿

田川寿美

作詞: 池田充男

作曲: 市川昭介

歌詞:聞いてください…… わたしの胸の 泣きごえを 忍ぶ哀しみ 手紙にしたゝめて

放浪記

田川寿美

作詞: 悠木圭子

作曲: 鈴木淳

歌詞:二度と逢えない 別れでしょうか 忘れるなんて 出来ないわ ふるさと捨てた

おんなの東京

田川寿美

歌詞:別れてほしいと 言ったのは 冷たい雨降る 夜でした コートの衿を

花冷えのとき

田川寿美

作詞: 石原信一

作曲: 幸耕平

歌詞:幸せな 素振りをしても 淋しさが どこかにあるの あなた

北海岸

田川寿美

歌詞:遠く聞こえる 海鳴りが 闇を引き裂き 啼いてる 船も息を殺し

他人海峡

田川寿美

作詞: 池田充男

作曲: 伊藤雪彦

歌詞:海峡わたる 海鳥は 傷つきながら 身をよせて 船のマストで

悲しい歌はきらいですか

田川寿美

作詞: 阿久悠

作曲: 大島ミチル

歌詞:ゆるやかな水の流れに おもいでを重ねて 抱きしめる胸の熱さを あのひとは知らない

田川 寿美(たがわ としみ、1975年11月22日 - )は、日本の女性演歌歌手。和歌山県和歌山市出身。血液型はO型。堀越高等学校卒業。長良プロダクション所属。 wikipedia