1. 歌詞検索UtaTen
  2. 徳永英明
  3. 壊れかけのRadio歌詞
よみ:こわれかけのらじお

「壊れかけのRadio」の歌詞

徳永英明
1990.7.7 リリース
作詞
徳永英明
作曲
徳永英明
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
なにこえない
なにかせてくれない
ぼく身体からだむかしより
大人おとなになったからなのか
ベッドにいていた
はじめてったくろいラジオ
いくつものメロディーが
いくつもの時代じだいつくった
思春期ししゅんき少年しょうねんから
大人おとなわる
みちさがしていた
けがれもないままに
かざられたきばのない
せる人波ひとなみ
本当ほんとうしあわおしえてよ
こわれかけの Radio
いつもこえてた
いつもかせてくれてた
まどごしにそらをみたら
かすかな勇気ゆうきまれた
ラジオはっていた
ぼくこころをノックした
こいやぶれそうなむね
やさしいかぜった
はなやいだまつりのあと
しずまるまち
ほしながめていた
けがれもないままに
とおざかる故郷こきょうそら
かえれない人波ひとなみ
本当ほんとうしあわおしえてよ
こわれかけの Radio

ギターをいていた
つぎのコードもわからずに
迷子まいごになりそうなゆめ
素敵すてきうたみちびいた
思春期ししゅんき少年しょうねんから
大人おとなわる
みちさがしていた
けがれもないままに
かざられたきばのない
せる人波ひとなみ
本当ほんとうしあわおしえてよ
こわれかけの Radio
はなやいだまつりのあと
しずまるまち
ほしながめていた
けがれもないままに
とおざかる故郷こきょうそら
かえれない人波ひとなみ
本当ほんとうしあわおしえてよ
こわれかけの Radio
とおざかるあふれたゆめ
かえれない人波ひとなみ
本当ほんとうしあわおしえてよ
こわれかけの Radio

壊れかけのRadio/徳永英明へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:壊れかけのRadio 歌手:徳永英明