1. 歌詞検索UtaTen
  2. 槇原敬之
  3. 優しい歌が歌えない歌詞
よみ:やさしいうたがうたえない

「優しい歌が歌えない」の歌詞

槇原敬之
2004.4.28 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
かかえたくるしみはだれのせいと
ひとをひどくめるまとはずれを
何度なんど何度なんどりかえして
くるしみはまえよりえるばかり

おなじページをめくりすぎた
ほんのように日々ひびは すりれて
自分じぶんなか以外いがい
もうすべはなくなってしまってた

そこでぼくたしかにたんだ
すべてをひとのせいにして
だれでも平気へいききずつけるような
もうひとりの自分じぶん
こころのなかあばれながら
ぼくをぼろぼろにするのを

はじめて のぞいたこころなか
たこともない暗闇くらやみ
ぼくは とてもこわくなって
何度なんどあしがすくんだ

なつうように
日陰ひかげつくろうとおおきくなり
葉曇はぐもちいさなかげ
おろものにもけてくれる

めるつもりなどいというように
葉音はおとうたうたってくれる
ひとまれたはずのぼくやさしい
うたひとつもうたえない

たとえ なに出来できなくたっていい
せめて これからきるときに
おなじようなことかえして
だれかをまたきずつけぬよう
こころのなかをどんなときも
つめられるつよ自分じぶんになりたい

はじめてのぞいたこころなか
あんなやみつつまれていたのは
自分じぶんをかばうぼく
ひかりさえぎっていたからだ

この気持きもちさえ身勝手みがって
おもいといまわかるけど
本当ほんとうにすまないことをしたと
いますぐあやまりにきたい

葉曇はぐも背中せなかすように
突然とつぜん つよかぜいて
がるとぼく
5月ごがつみちひかっていた

やさしいうたぼくにも
うたえそうだ

優しい歌が歌えない/槇原敬之へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:優しい歌が歌えない 歌手:槇原敬之