1. 歌詞検索UtaTen
  2. 阪本奨悟
  3. 激浪歌詞
よみ:げきろう

「激浪」の歌詞

阪本奨悟
2020.10.14 リリース
作詞
阪本奨悟
作曲
阪本奨悟
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
せないあこがなにがあってもつかみたいぼく
おもおもいのねがいを燃料ねんりょうに そのふね うごかしていた

にしてきた景色けしき もとめるしあわちがっていても
幾重いくえかさなり たったひとつだけ 目的もくてき 目指めざ

ひとりでせるちから ちいさくて嫌気いやけ していたぼくのそば
あのひとおなをしていた

いま しずんでいく しずんでいく おおきなおおきな希望きぼう
ゆめであれと何度なんど いのっただろう
「まだわれないんだ まれないんだ」
された現実げんじつ心臓しんぞうが そうつよさけんでいる

SOSとどかず かぜかず 途方とほう
おおくのこころともったかりがえかかっている

絶望ぜつぼうふち (ひしがれるこえ)
ぼくつけた (あふれるそのなかに)
そのオールを力強ちからづよにぎ (まれるつよ波紋はもん)

ひたすら いでいく いでいく ぐにまえへと
まるでぼくらになにうったえるように
「ほらえていくんだ つなげるんだ くるしみをつよさへと」
そんなこえ こえるかのように

転換てんかんりょく それはマイナスをプラスにえるちから
どんな苦境くきょう好機こうきとらえるちから
それによって もたらされた現在いまが きっと未来みらいおおきくえていく
そして いつでもぼくらは そのちからためされているんだとおも

そうだ しずんでいく しずんでいく くしていた過去かこ
いまあこがれはここにある
「だからえていくんだ わたっていくんだ せる激浪げきろうを」
つよくなれる そうしんぼくいま まえへとしていく

激浪/阪本奨悟へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:激浪 歌手:阪本奨悟