1. 歌詞検索UtaTen
  2. いきものがかり
  3. わたしが蜉蝣歌詞
よみ:わたしがかげろう

「わたしが蜉蝣」の歌詞

いきものがかり
2021.3.31 リリース
作詞
山下穂尊
作曲
山下穂尊
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
ふと目覚めざなにかにまたおびえて ってった幾重いくえ過去かこたち
こたえなどかってるつもりでも めきったような孤独こどくひとたち
ルルル
暗闇くらやみあかるさとの会話かいわ戸惑とまどっていったわたしが蜉蝣かげろう
いきもせずみずながれをただよよどみがかったあいながれに

がついたときには大人おとなになってて 夢見ゆめみていたそらがただまぶしくて

わたしがうしなったものたちをただ見下みおろして 背中せなか背負せおったつばさ一度いちどかぜける
水辺みずべのこしたままのゆめのそのかたまり太陽たいようともぜてそしてまたゆめ
ルルル

からまわ現実げんじつかえ薄汚うすよごれていった靴底くつぞこれば
にぶいほどいたみはひろがってて かすみがかったそらのはざまをばたく

はじかれた指先ゆびさき はずれとねがえど はなたれたとびらはただおもたくて

わたしからそだったものだけをまたきしめて どこにもかないようにこのにぎりしめる
子供こどもころ記憶きおくがふわりとよみがえおそれをらぬつよさをすこしはなつかしむ

いつかあこがれたひかり それはまばゆいほど綺麗きれい
たどりけるはずもないくせに こころなか宿やど

わたしがうしなったものたちをただ見下みおろして 背中せなか背負せおったつばさ一度いちどかぜける
水辺みずべのこしたままのゆめのそのかたまり太陽たいようともぜてそしてまたゆめ

わたしが蜉蝣/いきものがかりへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:わたしが蜉蝣 歌手:いきものがかり

最終獲得!待ち遠しいpt

630pt

歌詞公開までにみんながどれだけ楽しみにしてくれたか発表!