1. 歌詞検索UtaTen
  2. 椎名佐千子
  3. 王将一代小春しぐれ 浪曲歌謡篇歌詞
よみ:おうしょういちだいこはるしぐれ ろうきょくかようへん

「王将一代小春しぐれ 浪曲歌謡篇」の歌詞

椎名佐千子
2019.8.14 リリース
作詞
吉岡治
作曲
市川昭介
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
あかあお通天閣つうてんかくの、此処ここ浪花なにわ天王寺てんのうじ
女房にょうぼうどもを質入しちいれしても、将棋しょうぎさしたい阿呆あほなやつ。
貧乏びんぼうづまり千日手せんにちて、それでもれてついてゆく、小春こはる三吉さんきち物語ものがたり・・・・。

苦労くろうかぞえりゃ 八十一はちじゅういち
桝目ますめかぜ路地裏ろじうら長屋ながや
いまはだって いつかはときん
こまにぎれば きる
そんなあんたに れてます

小春こはる、ほんまにやったんか?・・・・・すまなんだ、わいはほんまにわる亭主ていしゅやった。
大阪おおさか素人しろうと名人めいじんやらおだてられてのぼせていたんや。もう今日きょうから、一生いっしょう将棋しょうぎはささへん。
女房にょうぼうどもにひもじいめさすようなこと、金輪際こんりんざいしやへん」
「あんた、つろうおっしゃろ。あれだけきできでたまらん将棋しょうぎをやめなはれうのが無理むりや・・・・・
おさしやす、おさしやす、かましまへんがな。そのかわり、そのかわり、さすからには日本にっぽんいち
将棋しょうぎさしになってしい・・・」「小春こはる・・・・・・わい、今日きょうからいのちがけや!」

そらあおいだ三吉さんきちの、まわってそっとく、ほおなみだかはたつゆか、小春こはるしぐれをだれろ・・・・・。

女房にょうぼうどもを かせたばち
あのでわたしが かわってける
さしてください のすむように
将棋しょうぎ極道ごくどう えやないの
そばにこまがいる

ときながれて幾星霜いくせいそう 天下てんか坂田さかたがあがる・・・・・。

小春こはる、わいったで・・・・・すぐ大阪おおさかかえるさかい、になや、になや、んだらあかんで、小春こはる!」

西にし坂田さかたひがし関根せきね
おとこいのちあかねやす
たとえけよと 日本にっぽんいち
あんたわたしの 王将おうしょう
小春こはる三吉さんきち めおとごま

王将一代小春しぐれ 浪曲歌謡篇/椎名佐千子へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:王将一代小春しぐれ 浪曲歌謡篇 歌手:椎名佐千子