天草の女 歌詞 原田悠里 ふりがな付

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 原田悠里
  3. 天草の女歌詞
よみ:あまくさのおんな

天草の女 歌詞

原田悠里

2007.1.1 リリース
作詞
たきのえいじ
作曲
弦哲也
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
ふねたび きじゃくる
おんなむかしは いたとかいた
不知火しらぬい舞台ぶたい漁火いさりび
ってけよと うけれど
天草あまくさてて きれない
あなたいそいで ドラが

きっとかえると わないで
こころまよわせるだけ
三十余島さんじゅうよしまむね
天草あまくさふたりで えたって
らせやしない おんなです
ここであなたを おくらせて

うれしかったわ このわたし
だれよりやさしい あなたにえて
半年はんとし一年いちねん ぎたなら
どこからない いん
葉書はがきでいいの それだけで
せめて一言ひとこと あるだけで

天草の女 / 原田悠里 の歌詞へのレビュー

男性

馬骨

2022/06/16 07:03

舟が出る度泣きじゃくる、女も昔はいたとか聞いた・・不知火舞台に漁火が追って行けよと言うけれど、天草捨てて生きられない、あなた急いで銅鑼が鳴る・・きっと帰ると言わないで、断ち切る心を惑わせるだけ、三十四島を胸に抱く天草二人で越えたって暮らせやしない女です、ここで貴方を送らせて・・ここであんたを送らせて・・別れの歌で初めて聞いた台詞であるが、決まっている・・一年か二年したらどこか知らない消印の葉書でいいの一言あるだけで・・利く~・・

みんなのレビューをもっとみる

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:天草の女 歌手:原田悠里