1. 歌詞検索UtaTen
  2. フランク永井
  3. 妻を恋うる唄歌詞
よみ:つまをこうるうた

「妻を恋うる唄」の歌詞

フランク永井
1998.11.6 リリース
作詞
岩谷時子
作曲
吉田正
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
いつでもれた をしていたね
エプロンのはし まさぐりながら
くびをかしげてわらうのが
あさのおまえくせだった

おくってくれるひともなく
毎朝まいあさつとめにぼく
まえはどこでてるんだ

ぼくこえさえとどかない
そらのぼっていったきり
まえかえってないのか
まえかえってないのか

まえかみにおいがするよ
ひとつのくしを ふたりで使つか
これがまずしい僕達ぼくたち
いつもしてきたくせだった

くもったかがみふきながら
なみだこぼしているぼく
わすれてどこへったんだ

ぼくにさえとどかない
くものかなたへったきり
まえかえってないのか
まえかえってないのか

昨夜さくやあめりつづいたよ
うしなった 小鳥ことりのように
あてもないのにそと
あめくせだった

だまってかたをしめらせて
おくりどころのないあい
ひとりでよるてるんだ

あついおもいもとどかない
とおいところへ ったきり
まえかえってないのか
まえかえってないのか

妻を恋うる唄/フランク永井へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:妻を恋うる唄 歌手:フランク永井