1. 歌詞検索UtaTen
  2. 鶴田浩二
  3. 名もない男のブルース歌詞

1998.11.6 リリース

「名もない男のブルース」の歌詞 鶴田浩二

友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
なにらずに いてたころ
おれにゃいちばん はなだった
ゆめながら さけならば
なんでにがかろ いまのように
おもしてる カウンター

何処どこえたか おんなのさえ
今日きょう見知みしらぬ かおばかり
うしろかずに ただ前向まえむきに
きていたっけ あのころ
明日あすがくるのが うれしくて

せめていたい でっかいことを
言葉ことばばかりで おわっても
いのまわらぬ グラスをかさ
ぎゃくにさびしく なるばかり
だれのせいでも ないけれど

なもないおとこのぶるーす/つるたこうじ

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:名もない男のブルース 歌手:鶴田浩二

リンクコード:

ブログ用リンク:

鶴田浩二 人気歌詞ランキング

鶴田浩二の歌詞一覧を見る