1. 歌詞検索UtaTen
  2. 島倉千代子
  3. 悲しみの宿歌詞
よみ:かなしみのやど

「悲しみの宿」の歌詞

島倉千代子
1999.6.19 リリース
作詞
山上路夫
作曲
船村徹
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
かなしみにたえかねて たびました
あなた わたしいま 北日本きたにっぽんちいさな宿やどにいます」

なみおとにめざめて 二度にどねむれないのよ
きたうみ今夜こんやくられているわ
きていてもわたし仕方しかたないのいまでは
きなあなたに あげたいのちだったの

しあわせはなぜみじかいの
そうして かなしみはなぜすぐにるの」

よるはいつかけるわ どこにひとりゆきましょう
きた宿やど三日みっかいていたのわたし
かえるとこはないのよ くらうみぶだけ
あなた一人ひとりきたおんなだったの

あなたいてほしいの 一度いちどだけでいいから
きなあなたに あげたいのちだったの

悲しみの宿/島倉千代子へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:悲しみの宿 歌手:島倉千代子