1. 歌詞検索UtaTen
  2. 島倉千代子
  3. 島倉千代子の歌詞一覧

島倉千代子の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2021年5月12日

110 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

人生いろいろ

島倉千代子

作詞:中山大三郎

作曲:浜口庫之助

歌詞:死んでしまおうなんて 悩んだりしたわ バラもコスモスたちも 枯れておしまいと 髪をみじかくしたり

美しき天然

島倉千代子

作詞:武島羽衣

作曲:田中穂積

歌詞:空にさえずる鳥の声 峯より落つる滝の音 大波小波鞳鞳と 響き絶えせぬ海の音 聞けや人々面白き

東京だョおっ母さん(セリフ入り)

島倉千代子

作詞:野村俊夫

作曲:船村徹

歌詞:おっ母さん ねえ おっ母さん 久しぶりに こうして手をつないで

この世の花

島倉千代子

作詞:西條八十

作曲:万城目正

歌詞:あかく咲く花 青い花 この世に咲く花 数々あれど 涙にぬれて

武蔵野エレジー

島倉千代子

作詞:嵯峨 哲平

作曲:遠藤 実

歌詞:武蔵野エレジー 雑木林の 落葉に埋もれ 肩を抱かれた 深大寺

愛のさざなみ

島倉千代子

作詞:なかにし礼

作曲:浜口庫之助

歌詞:この世に神様が 本当にいるなら あなたに抱かれて 私は死にたい ああ湖に

東京だョおっ母さん

島倉千代子

作詞:野村俊夫

作曲:船村徹

歌詞:久しぶりに 手を引いて 親子で歩ける 嬉しさに 小さい頃が

夢待人

島倉千代子

作詞:荒木とよひさ

作曲:堀内孝雄

歌詞:涙の中に隠れてる 泣き虫よ でておいで ひとりぼっちの夜だから まくらかかえたこのひざに

逢いたいなァあの人に

島倉千代子

作詞:石本美由起

作曲:上原げんと

歌詞:島の日暮れの 段々畑 紺のモンペに 涙がホロリ ホロホロリ

ほれているのに

島倉千代子

作詞:くるみ広影

作曲:くるみ敏弘

歌詞:ボンボンボン ボンボンボン ボンボンボーン チャッチャチャ ボンボンボン

積木くずし

島倉千代子

作詞:穂積隆信

作曲:五輪真弓

歌詞:あなたの足音が 去ったその日から こわれた階段には もう冬の光も射さない あなたがいつも

からたち日記

島倉千代子

作詞:西沢爽

作曲:遠藤実

歌詞:こころで好きと 叫んでも 口では言えず たゞあの人と 小さな傘を

湖畔の宿

島倉千代子

作詞:佐藤惣之助

作曲:服部良一

歌詞:山の寂しい みずうみに ひとり来たのも 悲しいこころ 胸のいたみに

美しきは女の旅路

島倉千代子

作詞:橋本淳

作曲:三木たかし

歌詞:涙をこらえて 私は待っている 女の幸せ 花咲くとき 私は今

流し唄

島倉千代子

作詞:りゅうはじめ

作曲:りゅうはじめ

歌詞:流しの唄に 聞き惚れた 演歌の節が なつかしや 笑って聞ける

ためいき橋

島倉千代子

作詞:吉岡治

作曲:市川昭介

歌詞:迎えにきたよと さしだす傘も すがるあなたの 胸もない ためいき橋は雨

七夕おどり

島倉千代子

作詞:丘灯至夫

作曲:遠藤実

歌詞:晴れて楽しい 星空みれば 青葉城から 笛太鼓 笛太鼓

夢飾り

島倉千代子

作詞:里村龍一

作曲:浜圭介

歌詞:この世に男が 住む限り 女は男の 夢飾り 夜に溺れて

夕月

島倉千代子

作詞:菊田一夫

作曲:小関裕而

歌詞:鴎が啼いてる 磯浜に ほのかに浮んだ 夕月が あなたと私の

ゆずり葉の宿

島倉千代子

作詞:星野哲郎

作曲:弦哲也

歌詞:あのひとと 別れたら もう誰も 愛せないのよ 髪を切っても

おもいで日記

島倉千代子

作詞:西沢爽

作曲:遠藤実

歌詞:指がつめたい人は 心が燃えてるんだって ほんとかしら でも、あれほど誓った指きりも 今は遠い想い出になってしまったの

柿の木坂の家

島倉千代子

作詞:石本美由起

作曲:船村徹

歌詞:春には 柿の 花が咲き 秋には 柿の

花散る下田

島倉千代子

作詞:青山圭男

作曲:古賀政男

歌詞:二すじに 道もわかれて 去り行く人の 姿も淋し 吹く風に

東京の人さようなら

島倉千代子

作詞:石本美由起

作曲:竹岡信幸

歌詞:海は夕焼け 港は小焼け 涙まじりの 汽笛がひゞく アンコ椿の

新妻鏡

島倉千代子

作詞:佐藤惣之助

作曲:古賀政男

歌詞:僕がこころの 良人なら 君はこころの 花の妻 遠くさびしく

他国の雨

島倉千代子

作詞:野村 俊夫

作曲:石毛 長二郎

歌詞:他国の雨 他国の町に 降る雨悲し まして夜更けは なお淋し

りんどう峠

島倉千代子

作詞:西条八十

作曲:古賀政男

歌詞:りんりんりんどうの 花咲くころサ 姉サは馬コで お嫁に行った りんりんりんどうは

心燃えさせて

島倉千代子

作詞:石本美由起

作曲:遠藤実

歌詞:頬につめたい みぞれが落ちる あなた追いかけ来た ここは泣き場所 今も死ぬほど

からたちの小径

島倉千代子

作詞:喜多條忠..

作曲:南こうせつ

歌詞:なつかしいうたを 誰かがうたってる 遠い日の思い出が よみがえる 駅から続く

人生はショータイム

島倉千代子

作詞:建石一

作曲:杉本真人

歌詞:眠りそびれた真夜中 サングラスをかけて 窓のガラスの自分に おどけてみせる タネも仕掛けもないのが

襟裳岬

島倉千代子

作詞:丘灯至夫

作曲:遠藤実

歌詞:風はひゅるひゅる 波はざんぶりこ 誰か私を 呼んでるような 襟裳岬の

私って

島倉千代子

作詞:麻こよみ

作曲:大谷明裕

歌詞:人の幸せが少し 羨ましい夜は ちょっぴり果実酒を飲みましょか それとも花でも 飾りましょうか…

ひろしまの母

島倉千代子

作詞:石本美由起

作曲:古賀政男

歌詞:この世のいのち 終わるとも わが子を想う 母の愛 哀しみ深い

あしたになれば

島倉千代子

作詞:荒木とよひさ

作曲:浜圭介

歌詞:あしたになれば… それが口ぐせ あしたになれば… いい事が 窓を染める黄昏に

初恋の人さようなら

島倉千代子

作詞:西沢爽

作曲:古賀政男

歌詞:青い月夜の 白砂に ひとりさみしく 呼びかける さようなら

ほんきかしら

島倉千代子

作詞:岩谷時子

作曲:土田啓四郎

歌詞:ほんきかしら 好きさ 大好きさ 世界で君が いちばん好きさ

さよならとさよなら

島倉千代子

作詞:西沢 爽

作曲:市川 昭介

歌詞:さよならとさよなら さよなら さよなら また明日 あの人も私も

恋しているんだもん

島倉千代子

作詞:西沢爽

作曲:市川昭介

歌詞:小指と小指 からませて あなたと見ていた 星の夜 地球も小っちゃな

京都北嵯峨別れ寺

島倉千代子

作詞:西沢爽

作曲:山野豊

歌詞:ひとのあなたを 愛することに 疲れはてたの ごめんなさい 駅で手紙を

くちべに挽歌

島倉千代子

作詞:石本美由起

作曲:浜圭介

歌詞:いのちのかぎり 咲いたとて さだめに散らす 花もある そっと着物の

鳳仙花

島倉千代子

作詞:吉岡治

作曲:市川昭介

歌詞:やっぱり器用に 生きられないね 似たような二人と 笑ってた 鳳仙花

すみだ川

島倉千代子

作詞:佐藤惣之助

作曲:山田栄一

歌詞:銀杏がえしに黒じゅすかけて 泣いて別れたすみだ川 思い出します観音さまの 秋の日ぐれの鐘の声

哀愁のからまつ林

島倉千代子

作詞:西沢爽

作曲:船村徹

歌詞:涙あふれて はり裂けそうな 胸を両手で 抱きしめる みえないの

湯の町エレジー

島倉千代子

作詞:野村俊夫

作曲:古賀政男

歌詞:伊豆の山々 月あわく 灯りにむせぶ 湯のけむり ああ

思い出さん今日は

島倉千代子

作詞:星野哲郎

作曲:古賀政男

歌詞:目隠しした手を 優しくつねり あたしの名前を 呼んだのね 雨のベンチで

恋女

島倉千代子

作詞:たかたかし

作曲:幸耕平

歌詞:愛しすぎたら悲しいけど いつも女は恋におぼれる そうよ わたしは燃える薔薇よ 赤く咲いた

ふたりだけの太陽

島倉千代子

作詞:西沢爽

作曲:市川昭介

歌詞:悲しみなんか まけないで 手をとって どこまでも 駈けて

空蝉

島倉千代子

作詞:たかたかし

作曲:弦哲也

歌詞:逢えばはかなく つらいのに 忍んで通う 恋の道 文目もわかぬ

あの頃にとどけ

島倉千代子

作詞:島倉千代子..

作曲:小田和正

歌詞:涙がこぼれるくらい みんなすてきだったから やがてすべてが 思い出になる そんなふうに思いもしないで

ハッピーバースデー

島倉千代子

作詞:島倉千代子

作曲:根本要

歌詞:覚えててくれて ありがとうあなた とてもうれしいわ 女に生まれた しあわせをいつも

島倉 千代子(しまくら ちよこ、1938年(昭和13年)3月30日 - 2013年(平成25年)11月8日)は、日本の演歌・歌謡曲歌手。東京都品川区北品川出身、日本音楽高等学校卒業。愛称は「お千代さん」。 wikipedia