1. 歌詞検索UtaTen
  2. 高橋掬太郎の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

高橋掬太郎の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

88 曲中 1-30 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

古城

三橋美智也

歌詞:松風騒ぐ 丘の上 古城よ独り 何偲ぶ 栄華の夢を

ここに幸あり

大津美子

歌詞:嵐も吹けば 雨も降る 女の道よ なぜ険し 君を頼りに

恋のステップ

福来スズ子(趣里)

歌詞:あなたの胸に 抱かれりゃ 花も燃えそな 紅の色 チェリオ

炭坑節

氷川きよし

歌詞:月が出た出た 月が出た (ヨイヨイ) 三池炭坑の 上に出た

八木節

江利チエミ

歌詞:アー ちょいと出ました 三角野郎が 四角四面の櫓の上で 音頭取るとは

木遣くずし

江利チエミ

歌詞:格子づくりに 御神燈さげげて 兄貴ゃ宅かと 姐御に 問えば

石狩川悲歌

三橋美智也

歌詞:君と歩いた 石狩の 流れの岸の 幾曲り 思い出ばかり

ここに幸あり

倍賞千恵子

歌詞:嵐も吹けば 雨も降る 女の道よ なぜ険し 君を頼りに

酒は涙か溜息か

ディック・ミネ

歌詞:酒は涙か ためいきか こころのうさの 捨てどころ

愛染草

林伊佐緒

歌詞:明日なき夢に 抱けばとて 燃ゆるか紅き 花ダリア ああ

かりそめの恋

三条町子

歌詞:夜の銀座は 七いろネオン 誰にあげよか 唇を かりそめの恋

並木の雨

石原裕次郎

歌詞:並木の路に 雨が降る どこの人やら 傘さして 帰る姿の

足摺岬

春日八郎

歌詞:つらい別れも 男であれば 涙見せずに 行く俺だ 土佐の高知の

古城

氷川きよし

歌詞:松風騒ぐ 丘の上 古城よ独り 何偲ぶ 栄華の夢を

東京悲歌

三条町子

歌詞:まぶたとじれば まぶたに浮かぶ 思い出恋し 影いとし 命かぎりに

嘘じゃないんだ

三船浩

歌詞:うそじゃないんだ 男のこころ 花の咲く日を 待ってておくれ 命も要らぬと

酒は涙か溜息か

藤山一郎

歌詞:酒は涙か 溜息か こころのうさの 捨てどころ

小判鮫の唄

二葉百合子

歌詞:かけた情が いつわりならば なんで濡れよか 男の胸が かつら下地に

啼くな小鳩よ

天童よしみ

歌詞:啼くな小鳩よ 心の妻よ なまじなかれりゃ 未練がからむ たとえ別りょと

山蔭の道

若原一郎

歌詞:白樺そよぐ 山かげの 丘の細道 どこまでつづく ああ君恋し

博多夜船

三善英史

歌詞:逢いに来たかよ 松原越しにヨー 博多通いの アレサ夜船の 灯が見える

男涙の子守唄

三橋美智也

歌詞:木枯し寒く 夜は更けて 月はさゆれど 身は悲し 坊やよい子だ

逢いたいよ~酒は涙か溜息から~

島倉千代子

作詞: 高橋掬太郎 ..

作曲: 遠藤実 ..

歌詞:あんた 今夜もお酒なの 酔えばいつもの 演歌ぶし 古い歌だが

古城

五木ひろし

歌詞:松風騒ぐ 丘の上 古城よ独り 何偲ぶ 栄華の夢を

瓢箪ブギ

春日八郎

歌詞:飲めや歌えや 世の中は 酒だ酒だよ 瓢箪ブギ どうせ飲むなら

博多流し

春日八郎

歌詞:逢いに来たとて 逢われぬ宵は 風が身にしむ ながし唄 恋の博多の

旅の燈台

春日八郎

歌詞:どうせ波間の 渡り鳥 啼き啼き行くのが 旅ならば 呼ぶな他国の

ああ田原坂

三橋美智也

歌詞:雨は降る降る 人馬は進む かわい稚児どんが 濡れてゆく ああ

紅椿の唄

津村謙

歌詞:燃えて咲いても 紅椿 散るが運命の 身は悲し 君と歩いた

江差恋しや

三橋美智也

歌詞:江差恋しや 別れて三月 夢もあの娘の ことばかり 沖の鴎の