1. 歌詞検索UtaTen
  2. 毛蟹(LIVE LAB.)の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

毛蟹(LIVE LAB.)の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

27 曲中 1-27 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

ANIMA(TVアニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」2ndクール オープニングテーマ)

ReoNa

歌詞:魂の色は 何色ですか 「もういっそ 折れたままで」

ないない(TV アニメ「シャドーハウス」エンディングテーマ)

ReoNa

歌詞:灰のない深いかげばかり アイのない個体 人形(doll)みたい 自分不在 どこにもいない

生命線(ゲーム「月姫」主題歌)

ReoNa

歌詞:掌に刻まれている ツギハギのようなその線に触れて ひび割れそうな頭と 硝子が刺さった心で前へ

じゃあな

ReoNa

歌詞:実際、逃げるは恥だと 言うけれど 結局、恥も生きねば 掛けぬでしょう

Lost

ReoNa

歌詞:Cut my hair just because

私の銀河(ゲーム「Fate/Grand Order」挿入歌)

謎のアイドルX〔オルタ〕(川澄綾子)

歌詞:鐘が響く 一番星の頃 甘いお菓子の時間は過ぎていた 惜しむことも

VITA(「ソードアート・オンライン Last Recollection」主題歌)

ReoNa

歌詞:命はあなたを忘れない 世界が終わるのと 自分が死ぬのと 何が違うの?

Believer

ReoNa

歌詞:状況は黒 視界は白 加速していく 思考は盲目

明鏡肆水

KOCHO

歌詞:教えて 教えて まだ赦されるのなら 遠くへ

怪物の詩

ReoNa

歌詞:つきたくてついた嘘じゃない どうしようもないことなんだ 僕は君と違っていて 君は僕と似ている 投げられた石は受け入れた

メメント・モリ

ReoNa

歌詞:春の風、ただ待っている 花が散るのを待っている 種が飛ぶのを待っている 飛んで消えて行くのを待っている

ジュブナイル

ReoNa

歌詞:息を吸って吐いたら苦しいこと 傷が一つ増える度生きていること 使い古されたそんな感傷もいつかきっと 夜に溶けて消える

原作者

ReoNa

歌詞:「自分の人生」という作品の筆を折る時 罪も憎しみも後悔も形に残らないのさ 見知らぬ人の悪態も罵倒も自分のものにして 針のむしろの上から転げ落ちるだけ

アリシア(TVアニメ「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」エンディングテーマ)

ClariS

歌詞:誰かの描いた シナリオじゃなくて 私たちの道 見つけたい

Gothical Radical † Eternal Wedding(「プリンセスコネクト!Re:Dive」挿入歌)

イリヤ(丹下桜)

歌詞:見つけた運命は 指を這わせて 閉じ込めて仕舞え 譲らぬように Ephemeralな魔

あしたはハレルヤ

ReoNa

歌詞:あれもいや これもいや どれもいや もういいや モロヘイヤ

Freedom(ゲーム 紡ロジック アナザーテーマソング)

佐々木李子

歌詞:出揃った役者の 足りないない頭が 群がって スパークして 戻れやしないの

おやすみの詩

ReoNa

歌詞:「形には意味などないから」 テレビの中で学者が言うのです 「私に意味などあるかしら」 嘆く私が私に言うのです

まっさら

ReoNa

歌詞:白いことが無垢なら 煤けた私は汚泥か 黒いことが悪なら 焦げ付く私は罪人か 色付くことが生なら

絶望年表

ReoNa

歌詞:健全な体に 健全な心が宿るのなら 不完全なまんまで産まれてきた私の身体は どんな心を 宿すのだろう

Under the Flag(「Women’s Pro-Wrestling Assemble」応援ソング)

佐々木李子

歌詞:Again 何度倒れても もう一度立ち向かって行くこと その美しさをこの魂は知っている

この惑星で、ただ一つだけ

saya

歌詞:霧の中から 霞んで見える あの空目指して 伸びて行く枝の先

VITA -The Days-

ReoNa

歌詞:世界が終わるのと 自分が死ぬのと 何が違うの? 体が消えるだけ

QUEEN

harmoe

歌詞:幸せも 憧れも 躊躇いも 後悔も 全部切って裂いて食って

明日のカタチ(TVアニメ「ノケモノたちの夜」オープニングテーマ)

竹達彩奈

歌詞:ハロー、ハロー 何もない 夜を越えられない 行き先不明な 今日が終わって行く

幸せの雲

久保ユリカ

歌詞:幸せの雲 私を隠して 誰かの元へ 流れる前に 幸せの雲

awakening

西川貴教

歌詞:壊れたEnding 昨日まで残して 浴び続けたEncore 棄て去った