1. 歌詞検索UtaTen
  2. 仲井戸麗市の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

仲井戸麗市の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

85 曲中 1-30 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

雨あがりの夜空に

RCサクセション

作詞: 仲井戸麗市 ..

作曲: 仲井戸麗市 ..

歌詞:この雨にやられて エンジンいかれちまった 俺らのポンコツ とうとう つぶれちまった

SECRET AGENT MAN

RCサクセション

作詞: 仲井戸麗市 ..

作曲: S.Barry ..

歌詞:俺の下着には武器が隠してある そして中には毒薬が入ってる タブーの世界にもぐり込む ニセのパスポート 何くわぬ顔でおまえに近づく

ONE NITE BLUES

仲井戸麗市

歌詞:八月の海を背にして眠ったんだ 朝が来るまで 車の音を子守歌に 防波堤の長いベッドで

雨あがりの夜空に

和田アキ子

作詞: 仲井戸麗市 ..

作曲: 仲井戸麗市 ..

歌詞:この雨にやられて エンジンいかれちまった 俺らのポンコツ とうとうつぶれちまった どうしたんだ

潮騒

仲井戸麗市

歌詞:誰もお前を からかったりしない お待ちかねブラウス 夏の風にひる返して 今日一日

ムード21

仲井戸麗市

歌詞:世界中が躍起になって 騒いでるこの時期 明日のこと平和のことで 躍起になってる 経済

SUMMER TOUR

RCサクセション

作詞: 仲井戸麗市 ..

作曲: 仲井戸麗市 ..

歌詞:離ればなれ No No Baby プールサイドではぐれた

何とかなれ

古井戸

歌詞:やせがまんばかりで もう半年過ぎたが 何が変ったか 誰を愛したか 頭の中で今夢がくずれだした

グロテスク

仲井戸麗市

歌詞:グロテスク グロテスク グロテスク グロテスク グロテスク

早く帰りたいPART II

仲井戸麗市

歌詞:メインストリートじゃ ならず者達は締め出され 追い払われ 差別され区別され やり直そうとすれば

激しい雨

THE BOHEMIANS

作詞: 仲井戸麗市 ..

作曲: 仲井戸麗市 ..

歌詞:季節はずれの 激しい雨が降ってる たたきつける風が 泣き叫んでる お前を忘れられず

久遠

J-Min

歌詞:時を刻む 命の歩み 寄り添い綱引く 二つの影 俺の呼ぶ声に

はぐれた遠い子供達へ

仲井戸麗市

歌詞:Ah いつかはぐれたお前に また会えるなら Woo 例えば処は

向日葵 10.9

仲井戸麗市

歌詞:向日葵の舟に揺られて 一足お先に 次の夏に居るお前 ちょっと覗きに行った

別人

仲井戸麗市

歌詞:俺の脳ミソ レヴォリューション ぶちこめ最強ミサイル ひとっかけらもなく 木っ端微塵

サ・イ・フ

Leyona

歌詞:人の意見は大事だわ 聞く耳持つのは大事だわ だけど うるさいのよ おじさん

遠い叫び

Bank Band

歌詞:何の罪も無いはずなのに 何らかの罰を受けてる 自分で蒔いた種でもないのに 咲き乱れた花摘まされる

うぐいす

RCサクセション

歌詞:快復の午後に 時間をぶっつぶしてたら 手招きする空で 雲が急に光ったんで 新しい

雨あがりの夜空に

ROLLY

作詞: 仲井戸麗市 ..

作曲: 仲井戸麗市 ..

歌詞:この雨にやられて エンジンいかれちまった 俺らのポンコツ とうとうつぶれちまった どうしたんだ

宮沢和史

歌詞:つかまえようとすれば すり抜けてしまう 君はまるで 流れる水のようさ

飲んだくれジョニイ

古井戸

歌詞:舞台袖に 酒がしこたま用意され 飲んだくれジョニイが 舞台へ出てゆく 彼女の唄を

男もつらいよ(but don't give up!)

仲井戸麗市

歌詞:日照り続きのこの街じゃ 男はとっくに息切れしてる 砂漠で水にはぐれたように 彷徨う 足取りも乾いてる

ティーンエイジャー

仲井戸麗市

歌詞:ティーンエイジャーだった頃のように ボーイフレンドにしておくれよ ダンスに映画 クリスマスパーティー

月夜のHIGHWAY-DRIVE

丸山圭子

歌詞:月夜のハイウェイ ドライヴ 月夜のハイウェイ ドライヴ 月夜のハイウェイ

雨あがりの夜空に 35

忌野清志郎 featuring RHYMESTER

作詞: 仲井戸麗市 ..

作曲: 仲井戸麗市 ..

歌詞:(宇多丸) 「この雨にやられて」 35周年経つ

ホーボーへ(アメリカン・フォークソングへのレクイエム)

仲井戸麗市

歌詞:他へ行こう 他へ行こう 他へ行こう 他へ行こう 他へ行こう

おいてきぼり

古井戸

歌詞:からっ風 大きく 春一番 街はまた模様替え 癪の種は

抒情詩

古井戸

歌詞:抒情詩傘に雨の街へ 通り過ぎる人の後ろ姿 僕は独り雨宿り ポツリとひとつ瞼を隠し

いいぜBaby

仲井戸麗市

歌詞:月灯りを映した 真夜中の海はいいぜ この世のすべて 受け容れてるかのようで

ガルシアの風

仲井戸麗市

歌詞:ガルシアの風に吹かれて 僕等は丘を渡ってく 陽だまりの里に辿り着いたら なだらかな坂道 川へと降りてく