1. 歌詞検索UtaTen
  2. 荒井由実の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

荒井由実の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

223 曲中 1-30 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

やさしさに包まれたなら(魔女の宅急便 ED)

荒井由実

作詞: 荒井由実

作曲: 荒井由実

歌詞:小さい頃は神さまがいて 不思議に夢をかなえてくれた やさしい気持で目覚めた朝は おとなになっても 奇蹟はおこるよ

ルージュの伝言(魔女の宅急便 OP)

荒井由実

作詞: 荒井由実

作曲: 荒井由実

歌詞:あのひとのママに会うために 今、ひとり列車に乗ったの たそがれせまる街並や車の流れ 横目で追い越して

ひこうき雲(映画 風立ちぬ 主題歌)

松任谷由実

作詞: 荒井由実

作曲: 荒井由実

歌詞:白い坂道が 空まで続いていた ゆらゆら かげろうが あの子を包む

ルージュの伝言

松任谷由実

作詞: 荒井由実

作曲: 荒井由実

歌詞:あのひとの ママに会うために 今、ひとり 列車に乗ったの たそがれせまる街並や

卒業写真

松任谷由実

作詞: 荒井由実

作曲: 荒井由実

歌詞:悲しいことがあると 開く皮の表紙 卒業写真のあの人は やさしい目をしてる 町でみかけたとき

やさしさに包まれたなら

松任谷由実

作詞: 荒井由実

作曲: 荒井由実

歌詞:小さい頃は 神さまがいて 不思議に夢を かなえてくれた やさしい気持ちで

ひこうき雲

荒井由実

作詞: 荒井由実

作曲: 荒井由実

歌詞:白い坂道が空まで続いていた ゆらゆらかげろうが あの子を包む 誰も気づかず ただひとり

翳りゆく部屋

松任谷由実

作詞: 荒井由実

作曲: 荒井由実

歌詞:窓辺に置いた 椅子にもたれ あなたは夕陽見てた なげやりな別れの気配を 横顔に漂わせ

まちぶせ

石川ひとみ

作詞: 荒井由実

作曲: 荒井由実

歌詞:夕暮れの街角 のぞいた喫茶店 微笑み見つめ合う 見覚えある二人 あの娘が急になぜか

「いちご白書」をもう一度

松任谷由実

作詞: 荒井由実

作曲: 荒井由実

歌詞:いつか君といった 映画がまたくる 授業を抜け出して 二人で出かけた 哀しい場面では

中央フリーウェイ

松任谷由実

作詞: 荒井由実

作曲: 荒井由実

歌詞:中央フリーウェイ 調布基地を追い越し 山にむかって行けば 黄昏がフロント・グラスを 染めて広がる

スカイレストラン

柴田淳

作詞: 荒井由実

作曲: 村井邦彦

歌詞:街灯り指でたどるの 夕闇に染まるガラスに 二人して食事に来たけど 誘われたわけはきかない

十円木馬

ハイ・ファイ・セット

歌詞:ビルの屋上で 風にふかれて ながめていたい 今もこの町に 住んでるかしら彼

まちぶせ

松任谷由実

作詞: 荒井由実

作曲: 荒井由実

歌詞:夕暮れの街角 のぞいた喫茶店 微笑み見つめ合う 見覚えある二人 あのこが急になぜか

ルージュの伝言(映画「魔女の宅急便」より)

木村カエラ

作詞: 荒井由実

作曲: 荒井由実

歌詞:あのひとのママに会うために 今、ひとり列車に乗ったの たそがれせまる街並や車の流れ 横目で追い越して

翳りゆく部屋

徳永英明

作詞: 荒井由実

作曲: 荒井由実

歌詞:窓辺に置いた椅子にもたれ あなたは夕陽見てた なげやりな別れの気配を 横顔に漂わせ

花紀行

松任谷由実

作詞: 荒井由実

作曲: 荒井由実

歌詞:見知らぬ町を ひとり歩いたら 風は空から 花びら散らす 過ぎゆく春の

中央フリーウェイ

ハイ・ファイ・セット

作詞: 荒井由実

作曲: 荒井由実

歌詞:中央フリーウェイ 調布基地を追い越し 山にむかって行けば 黄昏が フロント・グラスを

「いちご白書」をもう一度

バンバン

作詞: 荒井由実

作曲: 荒井由実

歌詞:いつか君と行った 映画がまた来る 授業を抜けだして 二人で出かけた 悲しい場面では

晩夏(ひとりの季節)

松任谷由実

作詞: 荒井由実

作曲: 荒井由実

歌詞:ゆく夏に 名残る暑さは 夕焼けを吸って燃え立つ葉鶏頭 秋風の心細さは コスモス

朝陽の中で微笑んで

ハイ・ファイ・セット

作詞: 荒井由実

作曲: 荒井由実

歌詞:朝陽の中で 微笑んで 金のヴェールの むこうから 夜明けの霧が

やさしさに包まれたなら

世武裕子

作詞: 荒井由実

作曲: 荒井由実

歌詞:小さい頃は神様がいて 不思議に夢をかなえてくれた 優しい気持ちで目覚めた朝は 大人になっても 奇跡は起こるよ

やさしさに包まれたなら

クリス・ハート

作詞: 荒井由実

作曲: 荒井由実

歌詞:小さい頃は神様がいて 不思議に夢をかなえてくれた. やさしい気持ちで目覚めた朝は おとなになっても 奇跡はおこるよ

やさしさに包まれたなら

絢香

作詞: 荒井由実

作曲: 荒井由実

歌詞:小さい頃は神様がいて 不思議に夢をかなえてくれた やさしい気持で目覚めた朝は おとなになっても 奇蹟はおこるよ

アフリカへ行きたい

松任谷由実

作詞: 荒井由実

作曲: 荒井由実

歌詞:月は神話をのせ 今日も海へ帰る 太陽は漕ぎ出し やがて天の瞳 夢のアフリカへ

荒涼

ハイ・ファイ・セット

作詞: 荒井由実

作曲: 荒井由実

歌詞:鉄道沿いの 海岸線に よせくる流氷 光のいかだ 風が泣いてる

真夜中の面影

ハイ・ファイ・セット

作詞: 荒井由実

作曲: 山本俊彦

歌詞:別れることをどちらともなく言った 私一人で飲んで行くわと 君はつぶやく ぼくは出て行く

ルージュの伝言

岩佐美咲

作詞: 荒井由実

作曲: 荒井由実

歌詞:あのひとのママに会うために 今、ひとり列車に乗ったの たそがれせまる街並や車の流れ 横目で追い越して

14番目の月

松任谷由実

作詞: 荒井由実

作曲: 荒井由実

歌詞:あなたの気持が 読みきれない もどかしさ だから ときめくの

「いちご白書」をもう一度

吉幾三

作詞: 荒井由実

作曲: 荒井由実

歌詞:いつか君と行った 映画がまた来る 授業を抜け出して 二人で出かけた 哀しい場面では