1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. コブクロ
  6. 何も無い場所で生きるあなたへ-『ここにしか咲かない花』で歌われる場所

【歌詞コラム】何も無い場所で生きるあなたへ-『ここにしか咲かない花』で歌われる場所

このアーティストの関連記事をチェック

母の日に送ってほしいオススメ楽曲9選!…

コブクロ「赤い糸」大切に想う人への信頼…

2018年に結成20周年を迎えたコブクロ。黒田俊介と小渕健太郎のデュオが2005年に発表した11枚目のシングル『ここにしか咲かない花』はコブクロらしさの凝縮された一曲だ。小渕による弾き語りではじまるオープニングに黒田が加わり終盤にかけてドラマチックに盛り上がる構成とそっと寄り添うような歌詞が多くのリスナーから支持されてきた。

公開日:2019年1月22日 更新日:2019年1月24日


この記事の目次
  1. ・コブクロ / ここにしか咲かない花
  2. ・沖縄県の鳩間島を訪れて受けた印象を描いた
  3. ・「同じ数の出会いと別れ」はひとつひとつが大切な思い出
  4. ・20周年を迎えた2人の心境
  5. ・タイトルに込められた強い意志
  6. ・コブクロ 最新情報
  7. ・リリース情報
  8. ・コブクロ Profile

コブクロ / ここにしか咲かない花



『ここにしか咲かない花』が歌っているのは過去への追憶と未来へのまなざしという普遍的なテーマだ。この曲が収録されたアルバム『NAMELESS WORLD』でコブクロは初のオリコンチャートナンバー1を記録。路上パフォーマンスからはじまったコブクロの人気を決定づけた曲といっても過言ではない。

ドラマの主題歌にもなった『ここにしか咲かない花』は小渕がドラマの舞台である沖縄県の鳩間島を訪れて受けた印象を描いた曲と言われている。目指していたナンバー1という場所にたどり着いた2人が訪れた「何も無い場所」。そこから見えたのはどんな風景だったのだろうか?

【歌詞コラム】コブクロがオフクロに贈った楽曲「hana」

沖縄県の鳩間島を訪れて受けた印象を描いた

――――
何も無い場所だけれど ここにしか咲かない花がある
心にくくりつけた荷物を 静かに降ろせる場所
空の色映し出した 瑠璃色の海遥かから聞こえる
あなたの笑い声は よく聴けば波の音でした
――――
人口わずか50人程度、海に囲まれた100メートル四方の鳩間島。波の音と浜辺に咲いた一輪の花が静かな小島を世界にひとつだけの場所に変える。傷心の主人公が胸に抱くのは遠く離れたあの人のおもかげだ。「何も無い場所」が過ぎ去った光景をよみがえらせ、記憶が遠い過去へと運ばれていく。

「同じ数の出会いと別れ」はひとつひとつが大切な思い出

――――
影が教えてくれるのは そこにある悲しみだけじゃない
うつむく顔を上げて振り返れば そこにある光に気付くだろう
同じ数の出会いと別れ でも割り切れなくて
余るほどの想い出をいつまでも 胸に咲かせながら
――――
1998年、セールスマンのかたわら路上ライブをしていた小渕とストリートミュージシャンだった黒田が出会ったことからコブクロはスタート。翌年、小渕が会社を辞めインディーズからアルバムをリリース。転がりはじめた運命は勢いを増して2001年3月にメジャーデビューを果たす。

順調そうに見える足跡だが、頂上へ歩む中で目にしたのは光だけではなかった。夢と希望で彩られた表現の世界。その舞台裏にはたくさんの絶望や悲しみが存在する。光と影をくぐり抜ける中で得た「同じ数の出会いと別れ」はひとつひとつが大切な思い出になっていった。


20周年を迎えた2人の心境

――――
あの優しかった場所は今でも 変わらずに僕を待ってくれていますか?
ふいに込み上げる寂寞の想いに 潤んだ世界を拭ってくれる
雨上がりの道は泥濘(ぬか)るむけれど 今ここに生きている証を刻むよ
いつかこの涙も 寂寞の想いも 忘れ去られそうな時代の傷跡も
――――

そして訪れた「何も無い場所」。景色こそ全く違うが、それはコブクロがはじまったあの路上を思い起こさせる場所だったに違いない。過ぎ去りし日々をふりかえって感じる「今ここに生きている証を刻む」という思い。この場所から再び歩みはじめること。それは20周年を迎えた2人の心境そのものだろう。

タイトルに込められた強い意志

『ここにしか咲かない花』というタイトルには「ここで咲く」という強い意思が込められている。それは「何も無い場所」で今日も生きるあなたへのメッセージでもあるのだ。



TEXT:石河コウヘイ

コブクロは、1998年5月大阪にて結成。現在では日本のみならず、台湾をはじめとする海外からも熱い支持を集める人気音楽デュオである。メンバー黒田俊介と小渕健太郎は、大阪堺市を中心に、それぞれ路上ライブと、ストリートミュージシャンをやっていたことがきっかけで出会い結成された。 デビュ···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

コブクロ 最新情報

リリース情報

●2020年3月18日(水)発売
31st Single 「卒業」

★通常盤
価格:¥1,000+TAX
品番:WPCL-13184

★ファンサイト会員限定盤
価格:¥1,800+TAX
品番:WPZL-31736/7

【特典内容】
DVD+ポストカードセット
※ファンサイト限定盤オリジナル特典受注期間
1月24日(金)12:00~2月9日(日)23:59

特設ページ

【収録曲】

「卒業」、「大阪SOUL」(大阪マラソン新公式テーマソング)他



●2018年12月5日発売
コンプリートベストアルバム
『ALL TIME BEST 1998-2018』

▷詳細はこちら

価格:3,400円(税別)
品番:WPCL-12964/7

コブクロの20年間を完全コンプリートした、初のコンプリートベストアルバム

時代を超えて様々な世代に愛される名曲たちを完全収録した最強盤

全シングル&隠れ名曲&豪華コラボ曲などを詰め込んだ4枚組CD(全58曲収録)

コブクロ Profile

小渕健太郎は1977年3月13日生まれ。宮崎県出身。黒田俊介は1977年3月18日生まれ。大阪府出身。

ストリートライブ活動を通じて1998年9月にコブクロを結成。2001年3月、ワーナーミュージック・ジャパンより「YELL~エール/Bell」でメジャーデビュー。2006年のベスト・アルバム「ALL SINGLES BEST」は350万枚の売り上げ。

2007年の「蕾」が第49回日本レコード大賞を受賞。2012年の「ALL SINGLES BEST 2」は100万枚を突破。

代表曲は、「永遠にともに」「ここにしか咲かない花」「桜」「蕾」「流星」「未来」など。

2012年9月9日には、大阪の万博記念公園にて5万人を動員してフリーライブを実施。

2014年NHKソチオリンピック・パラリンピック放送テーマソング「今、咲き誇る花たちよ」をリリース。2015年、映画『orange-オレンジ-』の主題歌「未来」をリリースしロングヒットを記録。2016年の2年半ぶりのニューアルバム「TIMELESS WORLD」が25万枚の大ヒット。

2018年5月からは、初の2人だけでの全国ツアーを大成功に収める。

9月8日には結成20周年を迎え、9月16日に小渕の地元・宮崎県にて、結成20周年記念ライブ『KOBUKURO 20TH ANNIVERSARY LIVE IN MIYAZAKI』を開催。

11月7日には、30枚目のシングル「風をみつめて」を発売し、12月5日には、20年の集大成となる初のコンプリートベスト「ALL TIME BEST 1998-2018」を発売し、オリコンチャート1位を獲得。30万枚を超える大ヒット。

2019年3月20日からは、20周年を記念した全国ツアー「KOBUKURO 20TH ANNIVERSARY TOUR 2019 “ATB” SUPPORTED BY バイトル」を開催。2019年12月1日、大阪マラソンのチャリティーアンバサダーとして、小渕健太郎がフルマラソンで参加。

テーマソングは2019年からの新コースに合せて新しくなり、コブクロが「大阪SOUL」を制作。12月4日より楽曲配信スタート。

▷コブクロオフィシャルサイト

『命に嫌われている』の歌詞の意味を知っ…

ED曲が2曲?!『モブサイコ100Ⅱ期…