1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. アニメ・声優
  4. 特集
  5. アプリからアニメ化された「ソラとウミのアイダ」は何故成功した?

【特集】アプリからアニメ化された「ソラとウミのアイダ」は何故成功した?

スマートフォン用ゲームアプリからアニメ化された「ソラとウミのアイダ」をみなさんご存知ですか?マルチクリエイターの広井王子を原作に迎え、2017年9月28日にゲーム配信を開始し、ゲームの他にもアニメや漫画など多方面のメディアで展開されています。ゲームから始まり、待望のアニメ化もされた「ソラとウミのアイダ」は一体どんなアニメなのかをご紹介します。

2019年3月5日

Editor

UTAKATA


この記事の目次
  1. ・「ソラとウミのアイダ」とは?
  2. ・アニメ化・漫画化もされたソラとウミのアイダ
  3. ・「ソラとウミのアイダ」アニメ版のあらすじ
  4. ・キャラクター紹介
  5. ・「ソラとウミのアイダ」の想いが込められたOP曲・ED曲
  6. ・大人気作品「ソラとウミのアイダ」の今後にも注目!
  7. ・平成アニメの傑作記事!

「ソラとウミのアイダ」とは?



2017年9月よりゲーム配信された「ソラとウミのアイダ」」。

原作となるゲーム自体はいわゆる「ひっぱりアクション」系のゲームです。

舞台は広島県尾道。
ゲーム開発には尾道市が全面協力しており、実際にある町並みやお店がゲーム中に登場します。

海から魚が消え、宇宙で魚を育てることになった世界で、プレイヤーは「部長」となり、尾道宇宙漁師育成センターの女子部6人の新米宇宙漁師候補生を宇宙漁師へと導いていくゲームです。

「宇宙漁業」という戦闘システムも大事なゲームのひとつですが、「ソラとウミのアイダ」の世界が描かれる「メインストーリー」と、6人の候補生1人1人が掘り下げられる「候補生ストーリー」、イベントで公開された「イベントストーリー」の3種類。

フルボイスで展開されるストーリの多くは選択肢が発生し、選んだ選択肢によってはキャラクターの好感度が上がったりもするので、その魅力的な物語を進めていくのもこのゲームの面白さになっています。

アニメ化・漫画化もされたソラとウミのアイダ

 画像引用元 (Amazon)

ゲームから始まった「ソラとウミのアイダ」は、2018年10月から12月にかけて、テレビアニメ化もされていました。
アニメ化もされていたことからも、その人気ぶりがうかがえます。

「ソラとウミのアイダ」アニメ版のあらすじ

20XX年。世界中の海から魚が消えて、クジラだけが海を制覇しました。
水産省が実験していた生簀が宇宙空間に建設されことに伴い、広島県尾道に「尾道宇宙漁業団」が設立されます。

男女雇用機会均等法の強化により、女性漁師を、との声が高まる中、主人公・空町 春(そらまち はる)を筆頭に6人の少女たちが候補生として選ばれます。

これは彼女たち6人の成長を支える物語なのです。

キャラクター紹介

空町 春(そらまち はる)CV:高橋花林
「ソラとウミのアイダ」の主人公で、東京の向島出身の少女の17歳。
明るく前向きですがおっちょこちょいな一面もある彼女は、泳ぎがうまいことからカッパの異名を持ちます。

村上 波乃(むらかみ なみの)CV:立花理香
村上水軍の末裔であるツンデレ少女で17歳。
プライドが高く、自信家の彼女は、網元だった祖父にあこがれ、宇宙漁師を目指した経緯があります。

ルビー 安曇(ルビー あづみ)CV:井上ほの花
カリフォルニア出身の日米ハーフで16歳。
日本製生簀の入手をもくろむ父親の命令で、スパイとして送り込まれたため、パソコンやハッキングが得意です。

美剣 真(みつるぎ まこと)CV:神坂みお
京都の刀工の娘で、まじめで冷静な性格をしている彼女は、父親に反発し、漁師の道を進んだ経緯があります。

櫻 舞湖(さくら まい)CV:すずきももこ
秋田出身の少女で17歳。趣味は読書。
行方不明になった兄・雄大を探すため宇宙漁師を目指します。
訛りが強く運動が苦手ですが、戦略や分析が得意。

薪 真紀子(まき まきこ)CV:米野真織
熊本出身の19歳で愛称は「まきまき」。
父親は水産省の役人で宇宙事業の推進者です。


「ソラとウミのアイダ」の想いが込められたOP曲・ED曲

このアニメのOPテーマ曲は、同名の「ソラとウミのアイダ」で、原作も務めた広井王子が作詞をしています。
歌は空町 春役の高橋花林、ルビー・安曇役の井上ほの花、櫻 舞湖役のすずきももこが歌っています。



歌詞のサビにもある「生命(いのち)を紡ぐ物語」や「空へと続く海に僕らの歌を響かせて」など、曲名を連想させ、歌詞の全体から彼女たちの「ソラとウミ」に対する想いが溢れてくる内容となっています。



EDテーマ曲は「蒼の彼方」で、こちらは鈴木こなみが歌っています。



こちらも歌詞の中に「空」「海」「蒼」という言葉が使われており、「ソラとウミのアイダ」を連想させ、人々の想いを込めている歌です。



そして、アニメ化だけでなく、「月刊コミック電撃大王」にて2017年11月号から2019年1月号までべっこうリコの作画で漫画も連載。
また、「ソラとウミのアイダのスキマ」という4コマ漫画も連載されていました。

その他にも、たきもとまさし著書の小説「ソラとウミのアイダ ~はじまりの物語~」が2018年6月9日に発売し、ラジオ放送、DVDも発売され、ゲームにとどまらず、派生作品が多いことから「ソラとウミのアイダ」の人気がわかります。

大人気作品「ソラとウミのアイダ」の今後にも注目!

原作・総監督が「あの「サクラ大戦」シリーズ、「天外魔境」シリーズ、「魔神英雄伝ワタル」シリーズなどを手がけてきた広井王子なので、もしかしたら今後シリーズ化されることも可能性として秘めてる「ソラとウミのアイダ」。

スマホゲームだけでなく、他のゲーム機などに移植される可能性もありますね。

またアニメの第2期なども今後期待しても良いのではないでしょうか?

今後も「ソラとウミのアイダ」がどのように展開していくのかにも注目していきたいです。

TEXT UTAKATA

平成アニメの傑作記事!

平成アニメには歴史を塗り替えるような素晴らしいアニメがたくさんあります!
以下のリンクから他の平成アニメ記事もご覧ください!

▼いつまでたっても魔王を倒す様子なし!日常系ファンタジー「えんどろ~!」
https://utaten.com/specialArticle/index/3252

▼北の大地で生存競争サバイバル「ゴールデンカムイ」新章が幕を開ける!
https://utaten.com/specialArticle/index/3254

注目をあつめる“はじこい”の主題歌が登…

平成史上、最も秀逸なストーリー!魔法少…