1. 歌詞検索UtaTen
  2. 人気のハッシュタグ一覧
  3. 紅白歌合戦(昭和53年第29回)に関する歌詞

紅白歌合戦(昭和53年第29回)に関する歌詞


紅組 白組【優勝】
榊原 郁恵 夏のお嬢さん 郷 ひろみ バイブレーション
岩崎 宏美 シンデレラ・ハネムーン 平尾 昌晃、畑中 葉子 カナダからの手紙
石川 さゆり 火の国へ 狩人 国道ささめ雪
研 ナオコ かもめはかもめ 野口 五郎 グッド・ラック
芹 洋子 坊がつる讃歌 角川 博 許してください
桜田 淳子 しあわせ芝居 西城 秀樹 ブルースカイブルー
庄野 真代 飛んでイスタンブール 世良公則&ツイスト あんたのバラード
サーカス Mr.サマータイム さとう 宗幸 青葉城恋唄
渡辺 真知子 迷い道 原田 真二 タイム・トラベル
佐良 直美 愛の消しゴム 加山 雄三 海その愛
中原 理恵 東京ららばい 新沼 謙治 北挽歌
高田 みづえ 花しぐれ 細川 たかし 港夜景
和田 アキ子 コーラス・ガール 千 昌夫 北国の春
水前寺 清子 肥後の駒下駄 フランク永井 公園の手品師
太田 裕美 ドール 内山田洋とクール・ファイブ さようならの彼方へ
西川 峰子 東京ラブ・コール 菅原 洋一 恋歌師
青江 三奈 ふられぐせ 春日 八郎 さよなら宗谷
八代 亜紀 故郷へ・・・ 五木 ひろし 熱愛
小柳 ルミ子 雨・・・ 北島 三郎 与作
森 昌子 彼岸花 三波 春夫 さくら日本花の旅
由紀 さおり トーキョー・バビロン 布施 明 めぐり逢い紡いで
島倉 千代子 りんどう峠 村田 英雄 人生劇場
都 はるみ なんで女に 森 進一 きみよ荒野へ
山口 百恵 プレイバック Part2 沢田 研二 LOVE(抱きしめたい)

紅白歌合戦(昭和53年第29回)に関する人気歌詞ランキング

紅白歌合戦(昭和53年第29回)に関する歌詞

タイトル / 歌手 歌い出し

北国の春

千昌夫

白樺 青空 南風 こぶし咲くあの丘北国の ああ北国の春

プレイバックPartⅡ

山口百恵

緑の中を走り抜けてく 真紅なポルシェ ひとり旅なの 私気ままに ハンドル切るの

カナダからの手紙

平尾昌晃,畑中葉子

(男) ラブ・レター・フローム・カナダ もしもあなたが 一緒に居たら (女)

海 その愛

加山雄三

海に抱かれて 男ならば たとえ破れても もえる夢を持とう 海に抱かれて

LOVE ~抱きしめたい~

沢田研二

抱きしめたい 抱きしめたい 抱きしめたい 抱きしめたい 皮の

坊がつる讃歌

芹洋子

人みな花に酔うときも 残雪 恋し 山に入り 涙をながす

迷い道

渡辺真知子

現在・過去・未来 あの人に逢ったなら わたしは いつまでも 待ってると誰か伝えて

青葉城恋唄

さとう宗幸

広瀬川 流れる岸辺 想い出は かえらず 早瀬おどる光りに

人生劇場

村田英雄

やると思えば どこまでやるさ それが男の 魂じゃないか 義理がすたれば

りんどう峠

島倉千代子

りんりんりんどうの 花咲くころサ 姉サは馬コで お嫁に行った りんりんりんどうは

ブルースカイ ブルー

西城秀樹

あの人の指に からんでいた ゴールドの 指輪をひきぬき このぼくとともに

Mr.サマータイム

サーカス

ミスター・サマータイム さがさないで あの頃の私を ミスター・サマータイム あの夏の日

花しぐれ

高田みづえ

雨の街に呼び出されて 傘も持たずに飛んできた わたし髪を切りすぎたの まるで男の子みたいよ

あんたのバラード

世良公則&ツイスト

あんたにあげた 愛の日々を 今さら 返せとは 言わないわ

港夜景

細川たかし

淋しがりやの お前を 一人にさせて 来たくはなかった 気ままなくらしで

与作

北島三郎

与作は木をきる ヘイヘイホー ヘイヘイホー こだまは かえるよ

めぐり逢い紡いで

布施明

胸のボタン ひとつはずして あなた好みに 変わってゆく ただひたむきに

タイム・トラベル

原田真二

街の外れの旧い館が君の家 日の暮れる頃 呼び鈴押した 暗い廊下で君は無言の手招きさ 蕃紅花色のドアを開けたよ

さようならの彼方へ

内山田洋とクール・ファイブ

振り返れば 翼の 下で町の灯が 揺れて燃える この国をあとに

かもめはかもめ

研ナオコ

あきらめました あなたのことは もう 電話もかけない あなたの側に誰がいても

許してください

角川博

許してください私のわがままを つれない女と思うでしょう あなた 別離の手紙を机に伏せながら 二年の暮らしを想い出しています

愛の消しゴム

佐良直美

悲しみを消し去る 消しゴムがあれば あなたの手のひらに のせてあげたい いたずらな子供が

公園の手品師

フランク永井

鳩がとびたつ公園の 銀杏は手品師 老いたピエロ 薄れ日に微笑みながら 季節の歌を

東京ららばい

中原理恵

午前三時の東京湾は 港の店のライトで揺れる 誘うあなたは 奥のカウンター まるで人生飲み

故郷へ…

八代亜紀

流されて 流されて ひとり傷ついて 浮きぐさのように いつか馴染んだ

飛んでイスタンブール

庄野真代

いつか忘れていった こんなジタンの空箱 ひねり捨てるだけで あきらめきれるひと そうよ

しあわせ芝居

桜田淳子

泣きながら 電話をかければ 馬鹿な奴だと なだめてくれる 眠りたくない気分の夜は

雨…

小柳ルミ子

そうよ だましたのは 私 心こわれたのは あなた

シンデレラ・ハネムーン

岩崎宏美

いつでも 二人は シンデレラ・ハネムーン 時計に 追われる

夏のお嬢さん

榊原郁恵

チュウ チュウ チュ チュ 夏のお嬢さん