1. 歌詞検索UtaTen
  2. 奥華子

奥華子の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

変わらないもの(映画 時をかける少女 挿入歌)

帰り道ふざけて歩いた 訳も無く君を怒らせた 色んな君の顔を見たかったんだ 大きな瞳が

ガーネット(時をかける少女 ED)

グラウンド駆けてくあなたの背中は 空に浮かんだ雲よりも自由で ノートに並んだ四角い文字さえ すべてを照らす光に見えた

楔ーくさびー

終電後の誰もいない道に 二人の悲しげな一つの影 もう二度ともう二度と 会わないと 心に誓い合った夏の夜

大切なもの

大切なものは いつも傍にあるよ 自分を信じることから始めよう 目の前の一人を 笑顔にできたなら

二人記念日

君を好きでよかった 君と出会えて良かった 今 心からそう思えるよ 君と歩いてゆきたい

初恋

あなたのことは何でも知ってると思ってた 不器用なことも 猫舌なことも 電話が苦手なことも

愛されていたい

愛された記憶だけで 人は優しくなれるかな 騒がしい街の中で 擦れ違う人も見えない

友達のままで

二人は昔から知ってる仲だから 今更恥ずかしい事も 秘密なんて何もなくて 格好悪くても 可愛くなくても

あなたに好きと言われたい

追いかけて 追いかけても あなたの背中の端も見えない 一つだけ 願えるのなら

遥か遠くに

見慣れている街並みを背に 今日もまた電車に揺られている 遠くの家 窓の灯りが 切なく見えたのは

スタンプラリー

斜め 45 度になって 俯いてばかりいないで 小さな画面の世界に今すぐサヨナラして

花火 -君に恋した夏の日-

君に恋した 夏の日 波音聞こえる帰り道 初めてキスをしたね いつも約束してたね

片想い

もしもこのまま時が止まれば こんなにも幸せな事はないけれど 同じ場所にいるだけで ときめいてた 嬉しかった

ガンバレ

見上げれば 青い空 いつでもそこに いてくれる 争いも

蛍火

夏の夢 こぼれた花火 会いたくて 会いたくて 終わらない恋

白いハート

長い坂を 駆け足で登った あの頃 白い息が 風になってゆくよ

アイスクリーム

会いたい時ほど あなたは捉まらないね 「昨日はごめん、どうしたの?」なんて 溶けたアイスみたいだね

僕の知らない君

泣けないよ君の前では 早く目をそらしてほしい 僕はまだ情けないほど 君の事が好きなままだから

愛を見つけた場所

ねぇ 今 誰に会いたいの? ねぇ 今

シンデレラ

青い雲を見た帰り道 想い打ち明けたあの日から あたしの幸せの場所は あなたの隣りになった

365日の花束

あなたが去年の誕生日にくれた時計を見るたび 悲しくなるから捨ててしまおう そんな風に気持ちも捨てられたら 憎むくらい嫌いになりたい そしたらきっと楽だったよね

月光

暗い夜の道 一人歩いて 空を見上げても 星を数えてみても

君の笑顔

春の光 風吹く街 君と出会ったあの時 幼い心で はしゃいでいた

最後のキス

もう一度出逢えたなら 違う二人になりたい きっと好きになりすぎて あなたを困らせてたね

嘘つき

他に好きな人が出来たとか 言ってくれた方が良かった あなたの突然の告白 まだうまくのみ込めないまま どうしてなの?何でなの?って

君がくれた夏(映画 あしたになれば。 主題歌 )

変わる季節を追いかけていた サクラ色の君に会いたい この街で生まれて この場所で育って

ガラスの花(PSPソフト 「テイルズ オブ ファンタジア なりきりダンジョン X」テーマソング)

僕らは旅の途中 出会えた奇跡の羽 強く願えば 何処にだって行けるさ 僕らが見つけたもの

紫陽花

サヨナラを言えなかった その言葉は悲しすぎて あの夜が雨じゃなかったら 別れを決められなかった

思い出になれ

次の週末はどこに行こうか もう君はいないのに いつもの癖で考えていた 距離を置こうと言った僕の前で 意味が分からないよと泣いてた君は

夕立

いつの間にか 出会ってしまった僕らは 太陽さえも 味方に出来ないまま

全て見る