1. 歌詞検索UtaTen
  2. 奥華子

奥華子の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

変わらないもの(映画 時をかける少女 挿入歌)

帰り道ふざけて歩いた 訳も無く君を怒らせた 色んな君の顔を見たかったんだ 大きな瞳が

ガーネット(時をかける少女 ED)

グラウンド駆けてくあなたの背中は 空に浮かんだ雲よりも自由で ノートに並んだ四角い文字さえ すべてを照らす光に見えた

楔ーくさびー

終電後の誰もいない道に 二人の悲しげな一つの影 もう二度ともう二度と 会わないと 心に誓い合った夏の夜

大切なもの

大切なものは いつも傍にあるよ 自分を信じることから始めよう 目の前の一人を 笑顔にできたなら

どさん子華子のうた

雪虫舞う頃 初めて君に出会ったんだ テレビ塔の下 ギターケースを抱えた君 手袋もしない小さな手で

最後のキス

もう一度出逢えたなら 違う二人になりたい きっと好きになりすぎて あなたを困らせてたね

あなたに好きと言われたい

追いかけて 追いかけても あなたの背中の端も見えない 一つだけ 願えるのなら

偶然 街で二人を見かけた あの子があなたの言っていた彼女ね お似合いだった事よりもずっと 見た事もない

友達のままで

二人は昔から知ってる仲だから 今更恥ずかしい事も 秘密なんて何もなくて 格好悪くても 可愛くなくても

プロポーズ(MAST TVCM ソング)

泣かないで もう一人で いつも笑顔じゃなくていいから 君が今 思ってること

キミの花(TVアニメ セイレン オープニングテーマ)

もう僕のこの胸は どこにも逃げない 君へと向かうよ 今 駆け出してゆける

Wedding Dress

今日という日 迎えられたね 真っ白なドレス姿の君 教会の鐘が 僕たちの始まりを教えている

泡沫

浮かんで消えゆく 儚い真実の時 ざわめく街の中で私はうずくまる 一人で歩き出すのはどうしても怖かった

魔法の人

泣き虫でもわがままでも そのままがいいと言ってくれた あなたに会う前はずっと 色のない空を見ていたの

遥か遠くに

見慣れている街並みを背に 今日もまた電車に揺られている 遠くの家 窓の灯りが 切なく見えたのは

君の笑顔

春の光 風吹く街 君と出会ったあの時 幼い心で はしゃいでいた

恋のはじまり

恋をしたのは突然だった あなたの声は やさしさだった ずっと隣で話していたい ため息ひとつ

Rainy day

雨はただ降り続いている 鼠色の空の下で 光ったアスファルトの上を 煌き戸惑い さ迷いながら

ピリオド

大人になる事は 何かを失くしてゆく事だと 心の片隅で いつから思っていたのでしょう

Happy days (Album mix ver.)

目覚まし時計が鳴り響く 5分前に目が覚めた朝 いつもなら損した気分だけど 今日はなぜか得した気分なんだ

灯-ともしび-

それはとても小さくて 些細な事かもしれないけど どれだけ あなたの言葉に 今まで支えてもらったのだろう

きみの空

太陽が目を覚ます 夏の陽炎 僕たちが出会えた まぼろし

羅針盤

愛されたい 思われたい 気付かれたい 寂しくなりたくない 求めてばかりの私は

逢いたいときに逢えない

逢いたいときに逢えなくて わがままを言って困らせたね 電話越しのあなたの声 余計涙止まらない

虹の見える明日へ

小さい頃から よく言われてた 「前を見て歩かなきゃ転んでしまうよ」と だけど空も見てないと 虹にも出会えない

片想い

もしもこのまま時が止まれば こんなにも幸せな事はないけれど 同じ場所にいるだけで ときめいてた 嬉しかった

君のためならできること

ある朝 僕はふと思った 目覚めた横に君がいれば 次の日 僕は君を誘い

笑って笑って

大事なものを 強く握り締めたら 粉々になって 指の隙間から落ちていった だから今度は

曖昧な唇

好きという言葉では 物足りなくて 愛してるなんて 大袈裟な気がしてた あなたを現す

年上の彼

着慣れたスーツに 難しい書類 詰め込んだ鞄抱えて お酒の頼み方 自分に似合う服知っている

全て見る