1. 歌詞検索UtaTen
  2. 柴咲コウ

柴咲コウの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

ラブサーチライト(名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー) ED)

ゆらり描いたlightで そっと君のこと探したよ 見えない愛のlightで そう照らし続けるよ

なぜ めぐり逢うのかを 私たちは なにも知らない いつ

かたちあるもの

夜空に消えてく星の声 儚げに光る 鈍色の月 二人で泳いだ海は何故 束の間に色変えてゆくんだろう

3月9日

流れる季節の真ん中で ふと日の長さを感じます せわしく過ぎる日々の中に 私とあなたで夢を描く

千の夜と一つの朝

歩道橋の手すりに 頬づえついたままで あなたのこと 困らせた 終電はすぐそこ

野性の同盟(ドラマ 科捜研の女 主題歌)

挨拶のない手紙を書き損じたまま大事にしたい折目が嵩張っていく 綯い交ぜの念僕は埋め尽くしたものの相変わらず君へ送れず仕舞い ふしだらな世界を縫って引き合うようにふたりは野性を有している ねえ如何して今会えないでいるかを教えて欲しいよ声が聴きたいよ 知っていたんだ前に云っていたね君にとっては沈黙だけが正しいと

テルーの唄

夕闇迫る雲の上 いつも一羽で飛んでいる 鷹はきっと悲しかろう 音も途絶えた風の中 空を掴んだその翼

ただ泣きたくなるの

あなたの部屋の前 座りこんだら なんて静かなの 恋の入口みたい わたしに生まれたこと

ひと恋めぐり

覚えてますか? 海岸沿いで ずっと隣にいてくれると 幸せにする、大丈夫だよと 抱き寄せながら言った

EUPHORIA

光り輝くダイヤモンド 私はそうはなれない 磨かれるその前に 闇に転がった原石

いつの日も

例えその心揺らぐ日が来ても 側に居たいの 出会ったその日から ただ一人の愛しい人 いつか互いの生きる毎日に慣れてしまっても

「僕は今どこにいるのだろう」 そんな立ち位置など たいして興味はない 対になる棘たち 頼りなど

人魚

アカシアの雨にうたれて 泣いてた 春風の中で月がのぼるまで その笑顔をしぐさをいとしくて 本気で思った

あの日の二人はもういない

映画みたいな偶然 向かい合わせたホームに 変わらないあなた見つけ 遠い日々が蘇る

また、うまれるころには

歌うことをやめた 鳥たちのつぶやき 見えない悲しみの出口探し続け もう戻れやしないと

上を向いて歩こう

上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 思い出す 春の日 一人ぽっちの夜

メメントダイアリー

手に入れたものはなんだろう 欲しがってたものはなんだろう 悩みあぐねている間にいつも 夜に吸い込まれていくんだ

色恋粉雪

野に咲き冬耐える花 1人きりで震えていたら あなたが拾ってくれた そのまなざし 深すぎた

雨音はショパンの調べ

耳をふさぐ 指をくぐり 心 痺らす 甘い調べ

遥かな人へ(アサヒドライプレミアム豊穣 TVCMソング)

むかしふたり住んだ 街によく似てるね いつか見た太陽 Bright 背中を指さす

素直

話を切り出す順番 ゆずってくれたから 僕のことばかり聞いて 結局君は後回し いつも通りに大きく

桜坂

君よずっと幸せに 風にそっと歌うよ Woo Yeah 愛は今も

大切にするよ(ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史 ED)

あなたは今どこに住んでいるかな 元気でいるのかな 寒くはないかな 困った顔しないで

Sweet Mom

突き出した愛の丘 あなたがいる ソファに腰沈めて また丘を撫でましょう

誰より好きなのに

「君には何でも話せるよ」と笑う顔が淋しかった あの夜 重ねたくちびるさえ忘れようとしてるみたい もう一度出会った頃に戻れたなら もっと上手に伝えられるのに

笑顔を探して

黄昏に舞い降りた 心の迷宮[ラビリンス] ときめきとせつなさが まわり始めてる

ラブマイノリティー

I wanna say 「友情」でもいつかは love

invitation

うだるような地も静まり ほの暗い日の出まえ いつもの通り道で待ち合わせ みんなでしよう “夏だから”ボーダーか焼けた肌かワンピース

Raining

ママ譲りの赤毛を 2つに束ねて みつあみ 揺れてた なぜだったのだろうと

私生活

酸素と海とガソリンと沢山の気遣いを浪費している 生活のため働いて僕は都会を平らげる 左に笑うあなたの頬の仕組みが乱れないように 追い風よさあ吹いてくれよ 背後はもう思い出

全て見る