1. 歌詞検索UtaTen
  2. 森高千里

森高千里の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

私がオバさんになっても

秋が終われば冬が来る ほんとに早いわ 夏休みには二人して サイパンへ行ったわ 日焼けした肌まだ黒い

渡良瀬橋

渡良瀬橋で見る夕日を あなたはとても 好きだったわ きれいなとこで育ったね ここに住みたいと言った

ひとつひとつ 消えてゆく雨の中 見つめるたびに 悲しくなる 傘もささず

気分爽快

やったね おめでとう いよいよ あいつと デートか

私の夏

どこかへ行きたいな 今年も この間 彼とは 別れたけど

片思い

早く気がついてほしい 私の片思い あなたの夢の中で今日 二人手をつなぎ 歩きたい

ハエ男

あいつは いつも飛んでる ハエ男 あいつは いつも飛んでる

勉強の歌(おちゃめなふたご ?クレア学院物語? OP)

テストさえ無かったなら 学校は楽しいとこ 勉強はきらいだった 私 毎日授業中には

休みの午後

休みの午後久しぶりに 手紙でも 書いてみようかな きのうあの娘から届いた ハガキの返事を書こう

ララ サンシャイン

ララ サンシャイン ララ サンシャイン ララサン

夏の日

短い夏が 通り過ぎてく 静かな浜辺 午後の日差しが 波に揺れて

青い海

海が見下ろせる さびれた街で 小さな本屋を 営む彼は 今年65

冬の海が広がる 岬のまちに ひとり旅してきたわ 思い出と 誰もいない砂浜

17才

誰もいない海 二人の愛を たしかめたくて あなたの腕を すりぬけてみたの

普通の幸せ

朝から降り続いた雨 上がったようね 遠くの山並みが赤く 染まっていく

銀色の夢

寒い北の国は今 森の樹氷がきれいでしょ 今すぐ北の街まで 飛んで行けたなら 降りしきる雪

夏の海

あのカーブを曲がると 海が見えてくるから 久しぶりだね 二人で来たの すごい渋滞の中

のぞかないで

何を考えているの 信じられないわ あれだけ言われてもまだ わからない奴ね

SNOW AGAIN

今年の冬は寒そうです 初雪がもう降りました フワフワと舞う 雪見ながら 去年の冬思い出す

星に願いを

ビルの屋上に登って 夜の星見上げると 心が大きくなる ちっぽけな私の存在 満天の夜空には

ファイト!!

坊主頭の太郎君 日に灼けて 練習したって 補欠だけれど 汗を流して走ってる

Hey! 犬

(ワンワン) なにをそんなにほえるの (ワン) なにかいいたいみたいね

台風

ドンパンドドパッ ドンドパン ドンパン ドンパン ドドパドン

風に吹かれて

遠い所へ行きたい どこか遠い所へ あの空の彼方へ 行きたいな 名前も知らない街と

いつまでも(おちゃめなふたご ?クレア学院物語? ED)

いつまでも忘れないわ この丘の上から見上げる空 夕日がきれいだわ秋の日 いつも二人 風はとても冷たいけれども

ふたりで来た 坂道を 歩いてるわ コートのえりを 立ててみたの

二人は恋人

最近あなた 優しくないわ 私のこと もう飽きたの デートをしてても

この街

街のはずれの駅で あなたを見送ったのは 二年も前のことね 元気にしてるかな? この街も変わったわ

鬼たいじ

どこに隠れていたの 全然気付かなかった こんな世の中だから 正体をばらしたの よく見ると

臭いものにはフタをしろ!!

ある日突然知らない男が 私を呼びとめて いいかロックン・ロールを知らなきゃ もぐりと呼ばれるゼ オレは10回ストーンズ見に行ったゼ

全て見る