1. 歌詞検索UtaTen
  2. 長渕剛

長渕剛の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

しあわせになろうよ

出会った頃の二人に も一度 戻ってみよう そして二人で手をつなぎ しあわせになろうよ

RUN

賽銭箱に100円玉投げたら つり銭出てくる 人生がいいと 両手を合わせ 願えば願うほど

とんぼ

hu hu hu… コツコツと アスファルトに刻む

巡恋歌

好きです 好きです 心から愛していますよと 甘い言葉の裏には 一人暮しの

乾杯

かたいきずなに 想いをよせて 語り尽くせぬ 青春の日々 時には傷つき

風は南から

僕の家の屋根は 高く空を切り 窓辺から下に家並みを見おろす 朝露にぬれた桜の葉が 朝の光にキラキラ輝いている

素顔

夜の顔を鏡で写せば なんて悲しい顔なの 強がりばかりで 素直になれない なんて悲しい顔なの

しゃぼん玉

ひりひりと 傷口にしみて 眠れなかったよ 泣きっ面に しょんべん

順子

離れない 離さない 離したくない君 いろんな言葉で君に 愛を告げてきたけれども

祈り

お前が去ってくその前に なぜに電話くれなかったか やさしすぎるお前のことだから それが思いやりのつもりだったのか 俺たちいつでもひとつなんだと

ひとつ

ひとりぼっちに させてごめんね もう二度と 離さない 離れない

気張いやんせ

どげんしてん やらんと いかん事がよ 俺にも お前にも

恋人時代

モノクロの君がほら 僕に笑いかけている 僕に笑いかけている 恋人時代 いつも君を待ってた

ろくなもんじゃねえ

ぴいぴいぴい ぴいぴいぴい ぴいぴいぴい ぴいぴいぴい ぴいぴいぴい

友よ

もしも貴方に してあげられる ことといったら いっしょに泣いてあげる ことくらい

CLOSE YOUR EYES

それでも この国を たまらなく 愛しているから もう一度

涙のセレナーデ

心がわりをしたんだね 他に好きな人できたのね それならそうとどうして 早く言ってくれないの

ひまわり

北へ南へ 東へ西へ 人は流れ 流れて河川を下る 北へ南へ

手のひら

筆無精のあいつが ペンを 走らせたのは 口で言えない さよなら

さよなら列車

さよなら あなた 元気でいてねと 心つつんだ お守り

ヒロイン

今宵あなたと 楽しく踊ろう 風吹く街で レモンスライスを グラスに浮かべて

マジヤベエ!

度胸もねえのにヤクザな女に いかれちまった 純情一途の真っ赤なバラには ガガ…マジヤベエ マジヤベエ!

自分のために

憎しみの中に 俺はずっと浸ってたんだ 信じることなんて二度と 二度と誰がするものか 優しさのかたわらにそっと咲いてた白い花も

明日へ向かって

まだまだ見捨てたもんじゃないぜ そんな自分に気付く時がある 何か他人と違った事をやらかしたくて 突破口を探してここまでやってきた

12色のクレパス

あなたがそばにいるだけで 私の心は安らぐんです あなたが私を見ていてくれるから 何にも恐くないのです

結晶

「抱きあえば 抱きあうほど 涙が出るのは 決して悲しいからじゃないよね 私を抱いてる

泣いてチンピラ

泣いて 泣いて 泣いて チンピラになりてえ ああ

俺らの家まで

春の風が 表通りを 通りぬけていくのに 知らん顔は意地悪 そろそろ電話待ってる

明日へ続く道

信じる力が欲しい 誰だって傷つくのは こわいけど 飛び込む勇気が欲しい 明日への用意の為に

涙は大切な君の友達だから

がまんできないほど 悲しかったりしたら 声を出して子供のように泣いてごらん しょっぱい涙は君の 大切な友達だから

全て見る