1. 歌詞検索UtaTen
  2. 長渕剛

長渕剛の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

しあわせになろうよ

出会った頃の二人に も一度 戻ってみよう そして二人で手をつなぎ しあわせになろうよ

乾杯

かたいきずなに 想いをよせて 語り尽くせぬ 青春の日々 時には傷つき

とんぼ

hu hu hu… コツコツと アスファルトに刻む

巡恋歌

好きです 好きです 心から愛していますよと 甘い言葉の裏には 一人暮しの

RUN

賽銭箱に100円玉投げたら つり銭出てくる 人生がいいと 両手を合わせ 願えば願うほど

素顔

夜の顔を鏡で写せば なんて悲しい顔なの 強がりばかりで 素直になれない なんて悲しい顔なの

ひとつ

ひとりぼっちに させてごめんね もう二度と 離さない 離れない

順子

離れない 離さない 離したくない君 いろんな言葉で君に 愛を告げてきたけれども

マジヤベエ!

度胸もねえのにヤクザな女に いかれちまった 純情一途の真っ赤なバラには ガガ…マジヤベエ マジヤベエ!

しゃぼん玉

ひりひりと 傷口にしみて 眠れなかったよ 泣きっ面に しょんべん

シェリー

揺れている ふたつのからだが 海の底深く 透きとおる肌の まんまで

親知らず

ベンチで親知らずをひっこぬき そいつをポリポリかじりながら ぽっこりあごがふくれあがった 暗く新しい朝に 根っから貧乏性の

東京青春朝焼物語

両足が鉄の棒のように痛かった お前と二人で不動産屋を廻った はり紙を何度も何度も なぞりながら 井の頭線で五つめの駅で降りた

明日へ続く道

信じる力が欲しい 誰だって傷つくのは こわいけど 飛び込む勇気が欲しい 明日への用意の為に

まわりの人が 僕の事を おもしろがっている 生意気な奴だと口にして鼻で笑って信用しない 偉い人に頭を下げたら

夏祭り

夏もそろそろ終わりねと 君が言う ゆかた姿で せんこう花火 きれいだよ

泣いてチンピラ

泣いて 泣いて 泣いて チンピラになりてえ ああ

友よ

もしも貴方に してあげられる ことといったら いっしょに泣いてあげる ことくらい

ヒロイン

今宵あなたと 楽しく踊ろう 風吹く街で レモンスライスを グラスに浮かべて

逆流

僕がここを 出て行くわけは 誰もが僕の居場所を 知ってたから ah

交差点

君の胸の痛みが 僕にわかるといいね 無理に笑顔で別れた 涙色の悲しい交差点

月がゆれる

「ねえ 私の向こう側に あなたは いつも何を見つめているの? 抱きしめた

俺の背中で力果てたお前の指がすべりおち ゆっくりとゆっくりとシェードランプに灯をともす 白い肌が悲しいほどにシーツに溶けてく お前の顔ひきよせてそっと口づけた

祈り

お前が去ってくその前に なぜに電話くれなかったか やさしすぎるお前のことだから それが思いやりのつもりだったのか 俺たちいつでもひとつなんだと

CLOSE YOUR EYES

それでも この国を たまらなく 愛しているから もう一度

気張いやんせ

どげんしてん やらんと いかん事がよ 俺にも お前にも

電信柱にひっかけた夢

実に寒い夜だった 貨物列車の通りすぎる音がした これが最後と腹に決め 26のたくらみから足を洗った

JEEP

ワークブーツにはきかえ 赤いジャンバーひっかけ 夜明け前の湾岸道路を 俺は西へと走らせ 背中に東京が遠ざかり

カラス

執念深い貧乏症が 情ねえほど しみついてる ボロ着を丸めた 枕で眠った

Black Train

カネにまみれた Black Train きのう俺は代議士に 真っ赤な血をひっかけた

全て見る