Plastic Treeの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

メルト

目隠しの君に 風を薫らせて ゆるいスピードで 春がさらってく 黙り込む僕は

float

やわらかい波の中で 隠れるように溶けてった 透き通ってく陽射しは 水の底に沈んで 滲んだ僕の視界で

静かの海(PlayStation Vita用ゲーム「Collar×Malice」エンディング主題歌)

目眩渦まく嵐 過ぎて 結論めいた答えが出たら 複雑なのがこゝろなんて 子供騙しかなぁ

みらいいろ(遊☆戯☆王 5D's ED)

果てなき世界ならば この胸には証しを 同じ涙濡れたら 僕ら笑いあおう 解き放ってった現実で

サイレントノイズ(PlayStation Vita用ゲーム「Collar×Malice」オープニング主題歌)

プラットホームは真空 最終列車が通過 夢の終わりに着いたような気がして笑う 運命線を辿ったら シアトリカルな新宿

スノーフラワー

座り込む猫みたく 空にただ震えてる 冴えわたる空気の中 逃げよう 汚れた水みたいな

1999

ハレルヤ ほうき星 悲観主義未来予想図は ノストラダムスの芝居 いく年月数えれば1、2、3、4、5、6、7、8、9、10年経過

ベランダ.

オレンジに汚される雲 風はそれを掃除してた ベランダには眺める僕 意味もなく寂しさにノック

エとセとラ

はかない 切ない 似てる その他 メタ詩

hate red, dip it (loudest sound edition)

汚すのは誰? 声を殺して 伸びすぎた爪 噛んで吐き出す

ギチギチ

最後には黒いゴミ袋。 再生利用悲しい見世物。 さながら僕らの思想や理想は、 感情過多とか、それに近い思い過ごし。

秘密のカーニバル

言い忘れてたんだ 明け方夢の中 毛皮に着替えたら 早く迎えに来てマリー

水色ガールフレンド

ビニール傘の花を閉じた 雨上がりしかでない空 なんかとても すばらしいので 君も見ていたらいいのになあ

シンクロ(PlayStation Vita用ゲーム「Collar×Malice」エンディング主題歌)

夜の隙間に 色のない僕は溶けて 涙落ちては 悲しみ散らばるから 解いた謎だけ

サナトリウム

目を閉じて、いろんな君、瞳の奥おさめました。 微熱みたく気づかないままで、恋は虫の息です。 こゝろ閉じて、いろんな僕、胸の中に溶かしました。 禁じられた遊びで燃やせば、孤独ってきれいな色。

ロム

けっきょく 目が覚めたら 手つかずの世界がまた始まり 伴奏つきの夢の リアルな感触が残っていた

まひるの月

みんなキラキラして 嘘にみえて不安だから 7月の高すぎる青い空は嫌いなんだ 雨のあとに濡れた細い道で

告白

「涙」「嘘」こんな苦しいのは何で? 重なっては切ないほど 君を恋う 「刹那」「無常」知って躊躇うその前に 失っては悲しいから

スラッシングパンプキン・デスマーチ

今日のパイプは特注のこの 2 本持っていこう "パーティの時間だ!

スロウ

365日、ずっと循環してる感情ですが、 単純めいて難解なようです。 喜怒哀楽 悲喜交交

瞳孔

時間 夢現 眠れなくって朝をただ待ってんの 秘密 呪文

鳴り響く、鐘(Rebuild)

あのね、雨上がりの空 見つめすぎたダメな僕は 何もかもがわからなくて 希望的観測を 日記の中に

アローンアゲイン、ワンダフルワールド

もー、会えないんだな 嘘みたいだな 眠り方も忘れたみたい いずれにせよ夢の外だ 君がいないんじゃなぁ

lilac

ずっと望んで叶えてみたら ちょっと違った現実になる カメラにだって作り笑いだ そう思うから僕は言った 「いびつなベッド

ナミダドロップ(ガラスの艦隊 ED)

ねぇ 夕暮れ たそがれ ビードロの街 残ったまんまの忘れ物があるんだ

夢の島

悪あくま}が{来たよ 唄いながら 「望んでた世界はどう?」って問いかけてくる 救いの手も もうどうやら

プラットホーム

衛生的。 タイルの駅。 どこかで笑い声、ケラケラ。 僕だけ目を閉じて耳を塞いだ。

ぬけがら

夏の日のボクらは 淡い光の希望の中に ずっと置き去りだった 憂鬱を溶かして歩いていた

ゼロ

1と1 足したら2 そこから解ってく世界 この距離も地球儀で見りゃ笑える位置 初めっから想いってさ

雨中遊泳

雨はただ 堕ちることに一途 それに多分 人は似ているんだろう

全て見る