1. 歌詞検索UtaTen
  2. Plastic Tree

Plastic Treeの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

サイレントノイズ(PlayStation Vita用ゲーム「Collar×Malice」オープニング主題歌)

プラットホームは真空 最終列車が通過 夢の終わりに着いたような気がして笑う 運命線を辿ったら シアトリカルな新宿

遠国

たとえば それは輪舞曲 ふたりぐるぐる廻れど 繋いだ指ほどいて 次の人探す

ノクターン

去って消えてくものがやがて 空気みたいに変わるなら それを吸い込む僕はきっとしばらく ここにぼーっと居れるでしょう

恋は灰色

迷子になってた僕らは 何にも無いってはしゃいだ 明けてく空の色にも 気づかないまんまで

メランコリック

メランコリックな日差し 太陽がいっぱい 気がふれてく夏 真昼の夢 つたえたい感情

残映

遠い昨日翳めては 違う未来映してた 戻れなくなる鏡越しの日々 長い夜佇んで

サーチ アンド デストロイ

退屈だ 夜に途方に暮れる 獣達はみんな殺し尽くした 愛してた人もいなくなった今 心を折れるなら

スピカ

ふたつある星を ひとつの名前で呼ぶって たしか君から聞いたな 夜を拒むように たくさんの灯り

ユートピアベリーブルー

馴染めない泣き虫は 何百回位独りきり ふわふわり ふわふわり 即興で歌う

静かの海(PlayStation Vita用ゲーム「Collar×Malice」エンディング主題歌)

目眩渦まく嵐 過ぎて 結論めいた答えが出たら 複雑なのがこゝろなんて 子供騙しかなぁ

scenario

明日から 明日から そんな事ばかり言ってたら ここはどこ? ここはどこ?

アリア

落ちてくる星の雨 伸ばした指先に触れて 足下に伝われば 汚れた水に変わるから

割れた窓

きのう夢を見た 欠けたはずなのに 動く君が居て 狭い廊下の薄明りの下 子猫と踊ってる

ハシエンダ

ふらつく迷子の心臓 暗い予感はおしゃべり 震えが止まないスピーカー 跳ね出したリズム

スラッシングパンプキン・デスマーチ

今日のパイプは特注のこの 2 本持っていこう "パーティの時間だ!

雨中遊泳

雨はただ 堕ちることに一途 それに多分 人は似ているんだろう

エクジスタンシアリスム

二元的な解釈で 実存主義理解してる このマテリアル妄想 あのメモリアル崩壊 斜に構えて何諭す?

念力

在らざる何を 信じるつもり? 暗示にかけて まやかし見せて 禁じ手使って

落花

空虚感 適切なの それ 歌にしてみてるの これ

シンクロ(PlayStation Vita用ゲーム「Collar×Malice」エンディング主題歌)

夜の隙間に 色のない僕は溶けて 涙落ちては 悲しみ散らばるから 解いた謎だけ

剥製

たのしいことがありますように 逢い引き アンドロメダへまで さびしさナイフ 刺さったままで

プラネタリウム

ボクの奥にカギをかけた 痛みとか色々閉じ込めた 夜空の上 鳴り止まない囁く声に耳を塞いで 見上げているボクの前で夜の粒子が星をみがく

サーカス (Live Arrange Version)

そばに何も無い部屋だから 僕の中で水が溢れてこぼれていく 静かすぎて理科室みたい セルロイドで出来た君の抜け殻がある

睡眠薬

ガラス窓 映るフィルム 切れる息 眠れない僕 冷たい水

スロウ

365日、ずっと循環してる感情ですが、 単純めいて難解なようです。 喜怒哀楽 悲喜交交

フラスコ

例えようのない此処は輪郭線あやふや 其処に幾つもの鐘が並んでるだけなんだ 「一つだけ選ぶといい」 何処からか聞こえたような気がしたから

マイム

夜に問う 答えなし 空欄の言葉埋まらず 追憶は刹那放つ お揃いだといいけど

瞳孔

時間 夢現 眠れなくって朝をただ待ってんの 秘密 呪文

みらいいろ(遊☆戯☆王 5D's ED)

果てなき世界ならば この胸には証しを 同じ涙濡れたら 僕ら笑いあおう 解き放ってった現実で

ゼロ

1と1 足したら2 そこから解ってく世界 この距離も地球儀で見りゃ笑える位置 初めっから想いってさ

全て見る