1. 歌詞検索UtaTen
  2. aiko

aiko

aikoは、大阪府吸田市出身の女性シンガーソングライター。
buddy go所属、レコードレーベルはポニーキャニオン。
小学生の頃から歌手を目指し、高校生時代はバンドとして活動していた。1995年「第9回TEEN'S MUSIC FESTIVAL」にてグランプリを獲得。1996年「The 5th MUSIC QUEST JAPAN FINAL」で椎名林檎と共に優秀賞を受賞。ラジオDJなどの活動を経て、1997年に1stシングル「あした」でデビュー。
1999年に3rdシングル「花火」がヒット。オリコンランキングに長期に渡ってランクインする。その後も「ミルク」「カブトムシ」「ボーイフレンド」とヒット作を多数発表。2005年のオリコン「好きなアーティストランキング」で総合1位を獲得。世代別でも10代女性2位、10代男性4位、20代女性1位、20代男性3位を獲得。翌2006年にも総合1位を獲得。恋愛をテーマにした楽曲が多く、若い世代、特に女性からの強い支持を得る。
ジャズから摂取したコード進行を取り入れた音楽が特徴。他にあまり例のないスタイルである。
2018年まで紅白歌合戦にも合計13回出場。

aikoの特集

aikoの関連動画

全て見る

aikoのニュース

全て見る

aikoの歌詞一覧

全て見る

タイトル アーティスト 歌い出し

ココア

aiko こんな時言葉が邪魔だったりする 伝えたい事たくさんあるのに 目を見るのも今はすごく恥ずかしい 見ないで…全部ばれてしまうから

カブトムシ

aiko 悩んでる体が熱くて 指先は凍える程冷たい "どうした はやく言ってしまえ"そう言われてもあたしは弱い あなたが死んでしまって

ストロー(王様のブランチ テーマソング)

aiko 君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる 君にいいことがあるように あるように あるように

今度までには

aiko きっとそうだあたしはあなたの言う事全てに答えてきたつもりよ いつも あたし素直に心の底から幸せな笑顔をしてきたはずなのに 肺の奥が音を鳴らしてきしんで結局理解出来ないまま

かばん

aiko そのまんまのあなたの 立ってる姿とか 声とか仕草に 鼻の奥がツーンとなる

恋をしたのは(アニメーション映画 聲の形 主題歌)

aiko 今降るこの雨 遠くは晴れている だからすぐに逢えるね 止めば乾いてそして星が降るから お願い

もっと

aiko もっと もっと もっと もっと ねぇもっと

どろぼう(まっすぐにいこう。 OP)

aiko ただあなたの後ろ姿を ただ見てるのが好きでした こっそりすれ違ったらいつも 目はそらすけど願っていました

花火(まっすぐにいこう。 ED)

aiko 眠りにつくかつかないか シーツの中の瞬間はいつも あなたの事 考えてて 夢は夢で目が覚めればひどく悲しいものです

二時頃

aiko 新しい気持ちを見つけた あなたには嘘をつけない 恋をすると声を聴くだけで幸せなのね 真夜中に始まる電話 足の指少し冷たい

milk

aiko 今日も鏡で笑顔の練習 上手く笑わないと 落ち込むのは自分自身 寝たら夢の中あれもこれも見て 目が覚めたら

KissHug

aiko 友達だなんて一度も思った事はなかった あなたに出逢ったその日から 変わってしまったものもあるけど 変わらない事の方が あなたもあたしも多いよ

ロージー

aiko 運命には逆らえないね きっとどう転んだって きっとどうあがいたって あなたとあたしは恋人なのよ その八重歯もこの親指も

終わらない日々

aiko どうして出逢ったかなんてまず考えたりしないわ あたしはあなたと逢う為だと知ってるもの いつでもどこでも大切だと感じたものは 全てあなたに教えたいなと思うもの

ボーイフレンド

aiko 早く逢って言いたい あなたとの色んな事 刻みつけたい位 忘れたくないんだと 早く逢って抱きたい

ハチミツ

aiko あなたの言葉に 恋をした言葉で 優しく厳しくもあるその指は いつも愛を知る 愛よりも大事なものはありますか?

アンドロメダ

aiko 何億光年向こうの星も 肩に付いた小さなホコリも すぐに見つけてあげるよ この目は少し自慢なんだ 時には心の奥さえも

桜の時

aiko 今まであたしがしてきたこと間違いじゃないとは言いきれない ケドあなたと逢えたことで全て報われた気がするよ 降ってくる雨が迷惑で しかめっ面したあたしに 雨上がりの虹を教えてくれた

アスパラ

aiko あの子の前を上手に通る癖覚えたのは もうずいぶん前の事長いなぁ あなたの視線追うと必ずいるあの子の前を 通り過ぎてる事であたしに気付いて欲しくて

aiko あなたを好きになって 胸がこそばゆい 上手く笑えないし さよならが嫌い だけど

ひまわりになったら

aiko あたしの気持ち掘り返してみたら あの子の事ばかり 涙が出る 逢わないうちに少し痩せたみたい そのブルーの半袖いい感じね

えりあし

aiko ぶったりしてごめんね 愛しくて仕方なかった ねぇ 泣き真似してごめんね 困った顔が見たくて

だから

aiko 古いビルの壁に染み込んだ雨のように もう心の色も元に戻らないよ 何度も塗った空に ひとつだけ雲が落ちた それはあなたが泣いて作った空

愛は勝手

aiko 何も受け入れないほうが悲しくないし良いと思っていた だから信じられなくてもどうせいつもの事だと吐き捨てた 無理してささくれ探し ついつい前歯で噛んでしまってた

予告

aiko 目が覚めれば世界は変わる 昨日の孤独と今日の自由 スイッチを少しだけひねれ 明日への希望 未来のあたし

明日もいつも通りに

aiko 部屋の灯りも 匂いも何もかもいつも通り あたしの髪が伸びた位... 今日は天気が悪いけど明日は解らないけど ここに来てやっと解った事...

ハナガサイタ

aiko 君がスニーカー履くと必ず雨が降るね 濡れるのが嫌だといつもより長居した部屋 今日も2つ3つ 知らない君教えてよ 僕は見えない気持ちを言葉で繰り返すよ

あなたは

aiko 遠く空が続いていようが 逢えなければ想像するしかない 元気でいることを 笑っていることを 隣に誰かいることを

格好いいな

aiko 氷の世界 少し前までは暖かった あたしの気持ちだけ鏡はバラバラに映した それってもうなくなるってことかな 拾い集めたらどこにもハマらなかった

September

aiko 思った以上にあなたの事を 今もなお忘れられずにここに立っています 二人並んだ写真見ただけで 涙が出るなんてどうゆうことなのでしょう?

君の隣(ロッテ「ガーナミルクチョコレート」CMソング)

aiko 真っ暗真っ暗たまらぬ雨と 眠れぬここに何度も刺す雷悲しい 君が遠くで泣いていないか 今夜は胸が締め付けられる程苦しい

キラキラ

aiko 待ってるねいつまでも 今日は遅くなるんでしょう? 一人寂しくない様に ヘッドフォンで音楽聴いてるね

夜空綺麗

aiko 冷たい風が耳をつまんだらそっとぎゅっと抱きしめてよ 深爪した指先強く押しつけたコート あぁ果てしのない夜空きれい 虚しく終わる日はそばにいるよ知らないことは囁いてよ

冷凍便

aiko 自分の汚いものを見て 自分の愛おしい色を見て 自分の過去のページを消して 毎日最終駅に着いてうっかり眠った雑音の中 うわずった声が思わず出てそれが凄く恥ずかしくって

ドライブモード

aiko 適当で変な事言って連れ出してよ 理由は後でいい 夜にあの子のハンドル抜いて引っ掻いたら 間から甘い想い

透明ドロップ

aiko いつでも戻れるよあの頃の自分に だって振り向いてくれた事が奇跡なんだもん 思うだけの生活に今ならきっと そんなに苦しまないで戻れるよ

横顔

aiko 眠っていた心の中に 些細な些細な小さな傷 いつの間に その隙間から溢れて来るのは あなたの名

三国駅

aiko もしもあなたがいなくなったら あたしはどうなってしまうだろう? 持ち上がらない位に首をもたげて泣くのかなぁ 寒さに堪えきれずに

初恋

aiko "まばたきするのが惜しいな"今日もあなたを見つめるのに忙しい 悩んでるあたしはだらしないな…頭ん中妄想は思ったより大きい 不都合な事ばかりが続く訳じゃない明日はきっとあなたに言えるだろう

あたしの向こう

aiko あたしが忘れてしまったら あたしがいなくなってしまった これは ついさっきの話 いいえ

ホーム(映画 阪急電車 片道15分の奇跡 主題歌)

aiko じゃあ またねと見えなくなるまで 手を振って帰った部屋 ほどいた髪の毛にあなたの匂いがついてたから

be master of life

aiko どこかで雨が降ってたんだね あなたはいつも優しいから すべて自分に置きかえるんだね あたしがそばにいてあげる ささいな事も言ってね

夜の風邪

aiko 後悔するくらいなら 苦しくなっても好きでいたいよ なんて言えるのは少し酔っているからかな ただ誰よりもずっと あなたのことわかりたいだけで

その目に映して

aiko 遠くで見てますから声はかけませんが 以上も以下もなくただ想っています あなたを信じてる清々しい程に 今日もちゃんと頑張って下さいね

くちびる

aiko あなたのいない世界にはあたしもいない いつも声聞くと胸が粉々になる あたしはずっとあなたに縛られてる 震えた唇であなたを塞いだ

aiko 今頃がんばってるのかそれとも新しい光が 青白い瞳に映ってるのか 間に合うように届けようと遠慮がちに歌います "Happy Birthday

クローゼット

aiko 奥の奥から引っ張り出してきたノート 無造作に書かれたあなたの事 少しずつ忘れてたけどきっと そん時は好きで好きでもう大変だった事

ずっと(ドラマ「蜜の味~A Taste Of Honey~」主題歌)

aiko ずっとそばにいるから どんな事があっても あたしに見える世界は あなたも必ず見ている 優しく笑う向こうに

二人

aiko 夢中になる前に 解って良かった もう一度だけ手が触れた後だったら きっとダメだっただろう 怖くなってただろう

シアワセ

aiko 隣で眠ってるあなたの口が開く そして笑った どんな夢見てるの? 気になる...出来ればあたしが出てきたらいいのに 隣で手を繋いだあなたの左手少し汗をかいてた

全て見る